オプティムが「スマート農業アライアンス」を設立し参加者や参加企業を募集

オプティムが「スマート農業アライアンス」を設立し参加者や参加企業を募集

AIやIoTにドローンを駆使してスマート農業に取り組む株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、「スマート農業アライアンス」の設立を発表し、同アライアンスに参画を希望する第一期の募集を無料(条件つき)で開始する。


ドローンやAIなどのスマート農業ソリューションの無償提供

 「スマート農業アライアンス」は、AI・IoT・ビッグデータを活用して“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現するべく、スマート農業を推進する取り組み。「オプティム・スマート農業アライアンス」へは、農家だけではなく、スマート農業を共に実現する未来志向の企業や金融機関、自治体、大学なども参画できる。「スマート農業アライアンス」への参画とは、「スマートアグリフードプロジェクト」、「スマートデバイスプロジェクト」、「その他プロジェクト」の何れかへの参加となる。
 「スマートアグリフードプロジェクト」は、ドローン・AI・IoTを利用して「減農薬」を達成して、高付加価値がついた農作物の生産、流通、販売を行うプロジェクト。「スマートアグリフードプロジェクト」に協力する生産者へは、ピンポイント農薬散布テクノロジーを含む、「OPTiM スマート農業ソリューション」を無償(条件つき)で提供する。また、その中でも「大豆」と「米」の生産者には、「OPTiM スマート農業ソリューション」を通じて生産された作物すべてを、オプティムが買い取る(条件つき)。
 「スマートデバイスプロジェクト」は、スマート農業を実現するキーとなるスマートデバイス(スマートフォン、タブレット、スマートグラス、ドローン、フィールドセンサー、IoT農機具など)を活用し、生産者の農作業の負担軽減や技術伝承の問題を解決するプロジェクト。さまざまなメーカーのデバイスを、オプティムの「OPTiM スマート農業ソリューション」と融合させ、生産者に必要となるサービスを作り出す。

「オプティム・スマート農業アライアンス」イメージ

■第一期「スマート農業アライアンス」募集詳細
「スマートアグリフードプロジェクト」(大豆、米)募集詳細
会費 無料(生産者さまのみ)
募集期間 2018/3/31まで
募集方法 「OPTiM スマート農業ソリューション」Webページより申し込み
https://www.optim.co.jp/agriculture/
募集要項
スマート農業アライアンスの目的および活動にご賛同いただける生産者、企業、団体さま。
取り組み結果や成果を定期的に報告いただけること。
(Agri Field Manager、Agri Assistantを利用いただけること)
生産者様自身によりドローン操縦いただけること。
(講習はオプティムにて無料で実施予定)
残留農薬検査、土壌調査、各種実証実験などにご協力いただけること。
(検査などはオプティムにて無料で実施予定)
書類、面談審査の後、一定のオプティムの審査をクリアーしていただけること。

「スマートアグリフードプロジェクト」(冬野菜)募集詳細
会費 無料(生産者さまのみ)
募集期間 2018/1/31まで
募集方法 「OPTiM スマート農業ソリューション」Webページより申し込み
https://www.optim.co.jp/agriculture/
対象作物 たまねぎ、キャベツ、ほうれんそう、ブロッコリー、じゃがいも、長ネギ、ほか順次追加予定
募集要項
スマート農業アライアンスの目的および活動にご賛同いただける生産者、企業、団体さま。
0.5ha以上の対象作物栽培が実施可能なこと。
取り組み結果や成果を定期的に報告いただけること。
(Agri Field Manager、Agri Assistantを利用いただけること)
生産者様自身によりドローン操縦いただけること。
(講習はオプティムにて無料で実施予定)
残留農薬検査、土壌調査、各種実証実験等にご協力いただけること。
(検査などはオプティムにて無料で実施予定)
書類、面談審査の後、一定のオプティムの審査をクリアーしていただけること。

「スマートデバイスプロジェクト」募集詳細
会費 無料(第一期のみ)
募集期間 2018/3/31まで(第一期)
募集方法 「OPTiM スマート農業ソリューション」Webページより申し込み
https://www.optim.co.jp/agriculture/
募集要項
スマート農業アライアンスの目的および活動にご賛同いただける生産者、企業、団体さま。
取り組み結果や成果を定期的に報告いただけること。
(Agri Field Manager、Agri Assistantを利用いただけること)
生産者様自身によりドローンやウェアラブルデバイスなどを操縦いただけること。
(講習はオプティムにて無料で実施予定)
残留農薬検査、土壌調査、各種実証実験等にご協力いただけること。
(検査などはオプティムにて無料で実施予定)
書類、面談審査の後、一定のオプティムの審査をクリアーしていただけること。

この記事のライター

関連する投稿


オプティムとみやき町が「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結しドローン、AIを使ったスマート米栽培を実施

オプティムとみやき町が「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結しドローン、AIを使ったスマート米栽培を実施

株式会社オプティムは、佐賀県三養基郡みやき町と、AI・IoTの活用を推進し、住民の健康福祉拡充、町の経済発展を目指すことを目的として、「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結した。


オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

株式会社オプティムは、株式会社みちのく銀行と、金融分野ならびに農業分野において、AI・IoTの活用を推進するため「AI・IoT戦略的包括提携」を1月11日に締結し、最初の取り組みとしてオプティムが新たに設立した「スマート農業アライアンス」へみちのく銀行をはじめとした青森県内の農業者3社が参画し、実証実験を開始する。


オプティムとみちのく銀行がAI・IoT戦略的包括提携を締結

オプティムとみちのく銀行がAI・IoT戦略的包括提携を締結

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティムは、株式会社みちのく銀行(青森県青森市)と、金融分野ならびに農業分野において、AI・IoTの活用を推進すべく、「AI・IoT戦略的包括提携」を締結したと発表した。


オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

AIやIoTにドローンを駆使してスマート農業に取り組む株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、大豆の生育管理でドローンによるピンポイントの農薬散布に成功したと発表した。


ソフトバンクとオプティムがドローンを使うスマート農業の実証実験を帯広で開始

ソフトバンクとオプティムがドローンを使うスマート農業の実証実験を帯広で開始

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)と株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、火ノ川農場(所在地:北海道帯広市清川町)および帯広市清川エリアで、ドローンを使うスマート農業の実証実験を開始したと発表した。


最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。