オプティムが「スマート農業アライアンス」を設立し参加者や参加企業を募集

オプティムが「スマート農業アライアンス」を設立し参加者や参加企業を募集

AIやIoTにドローンを駆使してスマート農業に取り組む株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、「スマート農業アライアンス」の設立を発表し、同アライアンスに参画を希望する第一期の募集を無料(条件つき)で開始する。


ドローンやAIなどのスマート農業ソリューションの無償提供

 「スマート農業アライアンス」は、AI・IoT・ビッグデータを活用して“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現するべく、スマート農業を推進する取り組み。「オプティム・スマート農業アライアンス」へは、農家だけではなく、スマート農業を共に実現する未来志向の企業や金融機関、自治体、大学なども参画できる。「スマート農業アライアンス」への参画とは、「スマートアグリフードプロジェクト」、「スマートデバイスプロジェクト」、「その他プロジェクト」の何れかへの参加となる。
 「スマートアグリフードプロジェクト」は、ドローン・AI・IoTを利用して「減農薬」を達成して、高付加価値がついた農作物の生産、流通、販売を行うプロジェクト。「スマートアグリフードプロジェクト」に協力する生産者へは、ピンポイント農薬散布テクノロジーを含む、「OPTiM スマート農業ソリューション」を無償(条件つき)で提供する。また、その中でも「大豆」と「米」の生産者には、「OPTiM スマート農業ソリューション」を通じて生産された作物すべてを、オプティムが買い取る(条件つき)。
 「スマートデバイスプロジェクト」は、スマート農業を実現するキーとなるスマートデバイス(スマートフォン、タブレット、スマートグラス、ドローン、フィールドセンサー、IoT農機具など)を活用し、生産者の農作業の負担軽減や技術伝承の問題を解決するプロジェクト。さまざまなメーカーのデバイスを、オプティムの「OPTiM スマート農業ソリューション」と融合させ、生産者に必要となるサービスを作り出す。

「オプティム・スマート農業アライアンス」イメージ

■第一期「スマート農業アライアンス」募集詳細
「スマートアグリフードプロジェクト」(大豆、米)募集詳細
会費 無料(生産者さまのみ)
募集期間 2018/3/31まで
募集方法 「OPTiM スマート農業ソリューション」Webページより申し込み
https://www.optim.co.jp/agriculture/
募集要項
スマート農業アライアンスの目的および活動にご賛同いただける生産者、企業、団体さま。
取り組み結果や成果を定期的に報告いただけること。
(Agri Field Manager、Agri Assistantを利用いただけること)
生産者様自身によりドローン操縦いただけること。
(講習はオプティムにて無料で実施予定)
残留農薬検査、土壌調査、各種実証実験などにご協力いただけること。
(検査などはオプティムにて無料で実施予定)
書類、面談審査の後、一定のオプティムの審査をクリアーしていただけること。

「スマートアグリフードプロジェクト」(冬野菜)募集詳細
会費 無料(生産者さまのみ)
募集期間 2018/1/31まで
募集方法 「OPTiM スマート農業ソリューション」Webページより申し込み
https://www.optim.co.jp/agriculture/
対象作物 たまねぎ、キャベツ、ほうれんそう、ブロッコリー、じゃがいも、長ネギ、ほか順次追加予定
募集要項
スマート農業アライアンスの目的および活動にご賛同いただける生産者、企業、団体さま。
0.5ha以上の対象作物栽培が実施可能なこと。
取り組み結果や成果を定期的に報告いただけること。
(Agri Field Manager、Agri Assistantを利用いただけること)
生産者様自身によりドローン操縦いただけること。
(講習はオプティムにて無料で実施予定)
残留農薬検査、土壌調査、各種実証実験等にご協力いただけること。
(検査などはオプティムにて無料で実施予定)
書類、面談審査の後、一定のオプティムの審査をクリアーしていただけること。

「スマートデバイスプロジェクト」募集詳細
会費 無料(第一期のみ)
募集期間 2018/3/31まで(第一期)
募集方法 「OPTiM スマート農業ソリューション」Webページより申し込み
https://www.optim.co.jp/agriculture/
募集要項
スマート農業アライアンスの目的および活動にご賛同いただける生産者、企業、団体さま。
取り組み結果や成果を定期的に報告いただけること。
(Agri Field Manager、Agri Assistantを利用いただけること)
生産者様自身によりドローンやウェアラブルデバイスなどを操縦いただけること。
(講習はオプティムにて無料で実施予定)
残留農薬検査、土壌調査、各種実証実験等にご協力いただけること。
(検査などはオプティムにて無料で実施予定)
書類、面談審査の後、一定のオプティムの審査をクリアーしていただけること。

この記事のライター

関連する投稿


オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

株式会社オプティムは、株式会社みちのく銀行と、金融分野ならびに農業分野において、AI・IoTの活用を推進するため「AI・IoT戦略的包括提携」を1月11日に締結し、最初の取り組みとしてオプティムが新たに設立した「スマート農業アライアンス」へみちのく銀行をはじめとした青森県内の農業者3社が参画し、実証実験を開始する。


オプティムとみちのく銀行がAI・IoT戦略的包括提携を締結

オプティムとみちのく銀行がAI・IoT戦略的包括提携を締結

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティムは、株式会社みちのく銀行(青森県青森市)と、金融分野ならびに農業分野において、AI・IoTの活用を推進すべく、「AI・IoT戦略的包括提携」を締結したと発表した。


オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

AIやIoTにドローンを駆使してスマート農業に取り組む株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、大豆の生育管理でドローンによるピンポイントの農薬散布に成功したと発表した。


ソフトバンクとオプティムがドローンを使うスマート農業の実証実験を帯広で開始

ソフトバンクとオプティムがドローンを使うスマート農業の実証実験を帯広で開始

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)と株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、火ノ川農場(所在地:北海道帯広市清川町)および帯広市清川エリアで、ドローンを使うスマート農業の実証実験を開始したと発表した。


「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

2017年10月11日から13日までの3日間。幕張メッセで「第4回国際次世代農業EXPO」が開催された。最先端のIT技術や農業用ドローンが数多く登場し、各社が最新のソリューションを紹介していた


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。