「航空写真測量のプロセスを自動化」国際航業がPix4D社との協業で目指すもの

「航空写真測量のプロセスを自動化」国際航業がPix4D社との協業で目指すもの

国際航業株式会社は、世界的な3次元空間解析ソフトウェアを開発するPix4D S.A. と11月にi-Constructionおよび公共測量分野での共同事業をすすめるため基本合意書を締結した。今後は両社で3次元モデルを生成する上での課題を解決し、完全自動化に向けた共同開発を行う。


 国際航業株式会社(東京都千代田区)は2017年創業70年を迎え、世界的な3次元空間解析ソフトウェアを開発するPix4D S.A. (スイス、Christoph Strecha CEO)と、日本におけるi-Constructionおよび公共測量分野での共同事業をスタートするため、基本合意書を11月11日に締結した。その後行われた顧客などが出席したプライベートセミナーでは、国際航業の渡邉和伸・専務取締役事業開発本部長が、締結骨子や今後の方向性について説明を行った。

 今回の共同事業では、国際航業が2016年8月に3次元モデルの生成をサポートするクラウド 「KKC-3D」のサービスを開始したが、これは同社の創業以来70年培ってきた航空測量に関する技術をベースとして、Pix4Dの協力を得ながら立ち上げたサービスで、これまでに多くの顧客から好評を得ているものだ。KKC-3Dにはベーシック、アドバンス、エキスパートの3つのプランがあり、特にi-Construction仕様となっているエキスパートでは、一部で人を介する必要があるため、アウトプットに時間の制約があるというデメリットがあった。こうしたプロセス上の課題を解決するためPix4D社と協議を進め、事業を強化することで合意に至った。

3次元地形モデルのプロセスで、受け取り時間の時間の制約の無い完全自動のサービス

 合意内容について渡邉本部長は2つの骨子をあげた。
 1つ目は、公共測量とi-Constructionに関して、これまで人の手を介して行ってきた部分を全自動化するようPix4D社と共同開発を行う。新たな機能をKKC3Dに実装し、2018年の早い時期に発表したいとしている。
 2つ目の骨子は、デスクトップ版のPix4D Mapperの販売を国際航業が始める。これまではクラウドでのサービスの提供だったが、ユーザーからはデスクトップ版の要望が強かったからだ。(このサービスはすでに開始されている。)

 国際航業では今回の共同事業によって、顧客に対し4つのメリットが生まれるとしている。
 1つ目は、i-Constructionと公共測量における3次元地形モデルのプロセスの飛躍的な向上。受け取り時間の時間の制約の無い完全自動のサービスによって、24時間365日いつでも3次元モデルの生成と受け取りが可能となるからだ。
 2つ目は、国内の仕様に完全に準拠した機能となること。国土地理院が定める公共測量マニュアルに準拠した精度管理表の自動生成をする。アウトプットとして得られる精度管理表を直接顧客に提出することが可能になる。
 3つ目は、利活用事例の共有ということ。同社では早くからPix4Dに着目して利用を進めてきたが、今回の共同事業で同社内の数百名の技術者が新たなPix4Dのユ−ザーとなることだ。おそらく世界最大のユーザー集団になるわけで、これにより同社内でPix4Dの様々な使い方が生まれ、その成果をユーザーに還元、共有することで顧客の業務に役立ててもらうというもの。
 4つ目が国際航業独自のサポート。先行して取り扱っている販売代理店との大きな差は同社はPix4Dのサービスを熟知しているということ。熟知しているユーザーだからこそのサービス、コンサルティング、これをユーザーに提供して行けるとしている。

i-Construction領域以外の文化においても3次元モデルの利活用

 今後の方向性について渡邉本部長は「国内の3次元モデルの利活用は始まったばかりで、i-Constructionの適用分野は拡大し、3次元モデルの利活用は増えると思います。この先のi-Construction領域以外の文化においても3次元モデルの利活用をすすめていくことになると思います」と述べた。
 航空測量は同社の専売特許だったが、ドローンが普及したことによって、その障壁が一気に下がり誰でも空から写真が撮れるようになった。そしてPix4DのようなSfMソフトの進歩によってコンバットカメラやスマホから簡単に高精度の3Dモデル用のデータが撮れるようになったことで、写真測量の技術を他に使えないかと考える人が増えているということだ。
 「これまで写真測量を外部に委託してきた建設コンサルタントや地質調査、環境調査などの建設関連業者はもちんのこと、全く写真測量に無縁であった業界にも、3次元モデルを利用する技術が普及して行くのはそう遠くない」と、KKC3Dを新しいユーザーにむけたプラットフォームとして提供を考えているという。同社が目指すのは、様々な産業で、より多くの3次元モデルの利活用を進めることだという。
 最後に同本部長は「航空写真測量のプロセスを自動化、そのプロセスに革命を起こしたい」と締めくくった。

この記事のライター

関連するキーワード


国際航業 Pix4D KKC3D

関連する投稿


産業用ドローンの新たなビジネス市場を開拓する構造物の点検ソリューション

産業用ドローンの新たなビジネス市場を開拓する構造物の点検ソリューション

株式会社日立システムズ(代表取締役社長:北野昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)の開発した「3次元管理台帳サービス(仮称)」は、日立建設設計などのグループ企業と協力して開発した構造物の点検ソリューション。産業用ドローンの新たなビジネス市場の拡大に貢献する取り組みとして注目されている。


「ドローン運用統合管理サービス」を強化する日立システムズ

「ドローン運用統合管理サービス」を強化する日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、構造物写真からの3次元モデル自動生成など、「ドローン運用統合管理サービス」による画像データの加工や診断機能を強化する。


国際航業がPix4Dとi-Construction・公共測量対応の共同事業を開始 ~3次元空間解析の完全自動化を実現~

国際航業がPix4Dとi-Construction・公共測量対応の共同事業を開始 ~3次元空間解析の完全自動化を実現~

国際航業株式会社(東京都千代田区)は、世界的な3次元空間解析ソフトウェアを開発するPix4D S.A. (スイス、Christoph Strecha CEO)と、日本におけるi-Construction及び公共測量分野での共同事業をスタートするため、基本合意書を締結したと11月15日に発表した。


国際航業株式会社の3次元計測を取り入れたドローンスクール

国際航業株式会社の3次元計測を取り入れたドローンスクール

創立から70年を迎えた、航空測量の老舗・国際航業株式会社は、国交省の進めるi-Constructionに対応したドローンによる3次元計測を、ドローンスクールの「初級コース」の講習から取り入れ展開。「中級コース」の講習は3次元計測に特化、飛ばす技術だけでなく、計測現場での実践見据えた専門性の高いスクールを開校している。


「第6回ドローントークPIT sponsored by 国際航業」開催 勝俣氏、鎌形氏が〝緑と赤〟競演で大盛況

「第6回ドローントークPIT sponsored by 国際航業」開催 勝俣氏、鎌形氏が〝緑と赤〟競演で大盛況

ドローン情報専門のウェブサイト、ドローンタイムズは9月22日、雑談系交流会「第6回ドローントークPIT sponsored by国際航業」を開きました。「ドローン×大地の恵み」のテーマに掲げ、〝その道〟の第一人者お2人をお招き。お2人の衣装が赤と緑という、まさかのリアルマリオで、会場は開始前から盛り上がりました。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。