オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

AIやIoTにドローンを駆使してスマート農業に取り組む株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、大豆の生育管理でドローンによるピンポイントの農薬散布に成功したと発表した。


ドローン☓AIで大豆のハスモンヨトウの幼虫による虫食いを検知

スマート農業ソリューションを全国の農家に展開すると話すオプティムの菅谷俊二代表取締役社長。

 オプティムが成功したスマート大豆プロジェクトは、佐賀県佐賀市川副にある88a(エーカー)の圃場を2つに分割し、一方の44aは通常の農法で、もう一方の44aはドローンとAIを活用したスマート農業を実施した。育てた品種はクロダマル(黒大豆)で、2017年7月に種を蒔き、10月にえだまめを収穫し、12月に大豆を収穫した。通常の大豆畑では、従来の方法で全面に農薬を散布し、スマート農業用の大豆畑では、ピンポイントで農薬を散布した。その方法は、最初に自動飛行によるマルチコプターで空撮を行う。次に、撮影された画像をAIで解析し、ハスモンヨトウの幼虫による虫食いが発生している箇所を特定する。そして、害虫による被害が発見されると、その場所の位置データを元にドローンが自動飛行で農薬を散布する。
 今回のピンポイント農薬栽培は、ハスモンヨトウの幼虫による虫食い被害のみを対象として、2度にわたってドローンによる薬剤の散布を行った。そして収穫後に、佐賀大学農学部の渡邉啓一教授による監修で、佐賀県の環境計量証明事業者による検査を行った。検査は、2つの大豆畑から5カ所ずつ株を採取し、ガスクロマトグラフ質量分析で測定した。その結果、ピンポイント農薬散布栽培による大豆は、エトフェンプロックスやクロラントラニリプロールなど5種類の農薬において、3〜0.3ppmの範囲で検出された通常の大豆に対して、不検出となる0.01ppm以下の数値を示した。
 さらにオプティムでは、ピンポイント農薬散布栽培で収穫された大豆に「スマートえだまめ」と命名 し、福岡県の福岡三越で通常の大豆(えだまめ)の約 3 倍の価格で売り完売した。この結果を踏まえて、発表会に臨んだ菅谷俊二代表取締役社長は、「世界初のピンポイント農薬散布テクノロジーとスマート農業ソリューションを全国の大豆生産者の方々に無償で提供します」と切り出し、このソリューションで生産された大豆を「すべてオプティムが買い取ります」と宣言した。

スマート大豆プロジェクトによるピンポイント農薬散布の手順

AIによる害虫検出の仕組み

スマートえだまめ・だいず栽培とスマート米の栽培生産者を募集

圃場のセンシングを行った固定翼型ドローン「OPTIM Hawk」。

 オプティムが募集する2018年度「スマートえだまめ・だいず」栽培生産者には、スマート農業ソリューションを無償で提供する。全160ha分を市場価格相当で全量の買取を予定している。その数量は、北部の九州地区での1%に相当し、275トンの収量を想定する。対象とする品種は、普通大豆と黒大豆になり、募集期間は2017年12月26日から2018年3月31日。詳細はオプティムのスマート農業ソリューションWebサイトに掲載される。
 今回の「スマートえだまめ・だいず」栽培に協力した株式会社イケマコの池田大志代表取締役は、「農薬散布の考え方が変わりました」とピンポイント農薬散布の成果を評価している。
 さらに、グライダー型のUASを活用して広域な田圃のセンシングに取り組んできた「スマート米」も、2018年度に向けて栽培生産者を募集する。こちらも、大豆と同様にスマート農薬ソリューションを無償で提供し、市場価格相当での全量買取を約束する。詳しくは、スマート農業ソリューションWebサイトに掲載される。
 発表会の最後に菅谷氏は「AIとIoTによって、アグリテクノロジーは世の中を変えると信じています。ドローンを活用したスマート農業ソリューションには、無限の可能性があります。今回の栽培生産者の募集は覚悟を決めた投資です。今後は、ロボティクス事業部の体制強化や佐賀大学などにも協力してもらい、多くの大豆や米の生産者に、ピンポイント農薬散布テクノロジーとスマート農業ソリューションを提供していきます」と話す。

発表会場で配布されたスマート米(手前)とOPTIMの「Agri Drone」。ピンポイント散布機能もある。

この記事のライター

関連する投稿


オプティムとみやき町が「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結しドローン、AIを使ったスマート米栽培を実施

オプティムとみやき町が「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結しドローン、AIを使ったスマート米栽培を実施

株式会社オプティムは、佐賀県三養基郡みやき町と、AI・IoTの活用を推進し、住民の健康福祉拡充、町の経済発展を目指すことを目的として、「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結した。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

半導体メーカーのNVIDIA(エヌビディア、米国カリフォルニア州)は、都内でNVIDIA Deep Learning Seminar 2018を開催した。基調講演では、日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝氏が、自動車やドローンなど動くものはすべて自律動作マシンになると予測した。(田中亘)


第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPO(東京・ビッグサイト)で、株式会社OPTiM(東京都港区)がドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示し、来場者の関心を集めた。


ミツイワとNTTコムウェア、ドローンによる漁業密漁の監視抑止に画像認識AI 「Deeptector®」 を採用し検証を開始

ミツイワとNTTコムウェア、ドローンによる漁業密漁の監視抑止に画像認識AI 「Deeptector®」 を採用し検証を開始

 ミツイワ株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる漁業密漁の監視抑止サービスにおける映像解析に、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(東京都港区/ NTTコムウェア)の画像認識AI 「Deeptector®」*1を採用することを決定、漁場におけるフィールド検証を4月から開始する。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。