ドローン10大ニュース・下・第1位〜第5位

ドローン10大ニュース・下・第1位〜第5位

ドローンタイムズが勝手に選んだ2017年を振り返る恒例の「ドローン10大ニュース」を2回にわたって紹介します。


◎第1位 インテルが日本初、ドローン300機のライトショー

 2017年の夏にハウステンボスの夜空を彩った300機のIntel Shooting Starは、数あるドローン制御テクノロジーの中でも、世界最高峰に位置するもの。飛行させたドローンの数だけならば、Intel Shooting Starの最大500機よりも多い事例はある。しかし、インテルが見据えているのは数の多さではなく、ドローンの群制御におけるアルゴリズムの研究。Intel Shooting Starの飛行技術は非公開なので、明確な解説はできないが、断片的な取材の情報を総合すると、どうやら一台のPCを中心に、数百台のドローンを群制御しているらしい。そのため、各Intel Shooting Starは自律的に飛行する性能を備えているだけではなく、他の機体との相互関係を認識しながら、機体の制御を行っている。そのIntel Shooting Starに搭載されているフライトコントローラーの産業版を搭載したIntel Falcon 8+ドローンが日本に上陸する計画とあり、2018年のインテルは最も注目したいドローン企業だ。(ドローンジャーナリスト 田中亘)

群制御された300機のドローンによるライトショーが日本で初めて行われた=7月22日夜、長崎ハウステンボス

▼関連記事
期待と想像を超えたインテルのドローン・ライトショー ハウステンボス
     https://dronetimes.jp/articles/1696
日本初。インテルのドローン300機が長崎ハウステンボスの夜空に舞う
     https://dronetimes.jp/articles/1574

◎第2位 DRONE FUND誕生 千葉功太郎氏が「Team JAPAN DRONE」目指して設立

 個人投資家・千葉功太郎氏が中心となった、ドローン業界のスタートアップ企業に特化したベンチャーファンドが2017年6月に誕生し、有望なスタートアップが本領を発揮する環境整備が大きく前進した。正式名称は「千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合」。世界で戦えるスタートアップを育てる目的で、見込みのある技術やアイディアを持つスタートアップにはハードからソフトまでを全方位で対象とし、シードステージ、アーリーステージから積極的に投資する。知財部ともいえる企業もあり、投資先企業を中心に、すでに特許を100件以上共同出願した。千葉氏をはじめ専門家によるサポート体制も整えており日本の力を結集した「Team JAPAN DRONE」の構築を進める。(副編集長 村山繁)

個人投資家の千葉功太郎氏が中心となり、日本初のドローン・スタートアップに特化したベンチャーキャピタルの「ドローンファンド」が設立された。

▼関連記事
日本のドローン産業を育てる「ドローンファンド」が始動
     https://dronetimes.jp/articles/1474
ドローンファンド千葉功太郎氏インタビュー! 「投資家はお金を出す人ではなく、
     熱い志を応援する人」
     https://dronetimes.jp/articles/1477

◎第3位 ドローンタイムズ企画「橋梁・トンネル技術展ドローンゾーン」開催

 幕張メッセで11月29日〜12月1日、開催された「橋梁・トンネル技術展」は、併催された「鉄道技術展」とともに3万人を超す来場者でにぎわった。ドローンタイムズが企画したドローンゾーンには、日本の最先端の点検ソリューションが、数多く登場。その中でも注目に値する技術が、非GPS環境で自律飛行するドローン。測量機器を組み合わせて擬似的なGPS空間で制御を行う方式から、赤外線やレーダーなどのセンサーを活用して障害物を回避する技術に、200グラム未満の産業ドローン開発など、今後の実用化が期待できるドローン点検ソリューションが、来場者から高い関心を集めた。(田中亘)

この記事のライター

関連するキーワード


10大ニュース

関連する投稿


ドローン10大ニュース・上・ 第6位〜第10位

ドローン10大ニュース・上・ 第6位〜第10位

ドローンタイムズが勝手に選んだ2017年を振り返る恒例の「ドローン10大ニュース」を2回にわたって紹介します。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。