スカイシーカーの特殊訓練講習「Sky Camp」 目視外、夜間、物資輸送のノウハウを習得

スカイシーカーの特殊訓練講習「Sky Camp」 目視外、夜間、物資輸送のノウハウを習得

ドローンによる害獣調査や災害対応などのソリューションを提供する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)が、12月7日、8日の2日間にわたり、第1回目となる産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」を群馬県館林市と邑楽郡で開催した。2回目のSky Campは2018年3月中を予定している。


物資輸送、目視外飛行、夜間飛行といった特殊な実技プログラムに特化した技能講習

 ドローンによる害獣調査や災害対応などのソリューションを提供する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)が、12月7日、8日の2日間にわたり、第1回目となる産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」を群馬県館林市と邑楽郡で開催した。このスクールのコンセプトは「実務における産業用ドローンの安全な運用」を掲げ、物資輸送、目視外飛行、夜間飛行といった実技プログラムに特化した特殊技能講習となっている。第2回目となるSky Campは2018年3月中を予定。

 実地訓練が行われた板倉町民グランドは渡良瀬遊水池のほとりにあり、周囲に民家、電線などがほとんど見えない訓練には好立地だった。今回講師となったラリーストリーム株式会社代表取締役の染宮弘和さんの地元ということもあって、今回へ初めて講習に使用したという。
 参加者は全員がインストラクターまたはスペシャリストという肩書きを持つ経験者ばかりで、今回の講習はスキルアップの色合いが濃い。ドローンショップ仙台、株式会社ARSA(アルサ、あきる野市役所、佐藤興産から8人が参加した。

今回メイン講師となったラリーストリーム株式会社代表取締役の染宮弘和さん(右)。Matrice210RTKを使って目視外飛行訓練を担当した。

 講習は午前中に座学を行い、午後から実地訓練が開始された。DJIのMatrice 210RTKを使った目視外飛行の訓練、QS 8を使った物資輸送訓練および物資投下訓練を行った。QS 8はあきる野市がDJIに提言してスカイシーカーと共同で開発した機体だ。
 物資輸送訓練は、被災地で孤立した地域へ物資を運ぶという想定で行われた。具体的には救急用品などが入った箱を目的地上空まで運び、投下して、離陸地点に戻るというもの。物件投下は航空法で禁止されており、今回は国土交通大臣の許可、承認を得て実施された(※1)。被災地ではドローンの着陸が困難な場面も予想されるため、投下の際のリリースポイントなどを体得する訓練となった。
 目視外飛行訓練では、実際に産業用ドローンMatrice210RTKを目視外で航行させる技術習得を目的に行われた。目視外飛行も航空法で規制されているため国土交通大臣のの許可を得ての訓練となった(※2)。実際にはプロポに伝送されてくる映像で機体の方向や高度を把握し、飛行をコントロールする。

大型機QS 8の 飛行準備としてキャリブレーションを行うスカイシーカーのDJI認定インストラクター・具財逸さんと参加者。

参加者が見守る中、具さんが操縦するQS 8が離陸した。

目的地上空で物資投下を行うQS 8。

沈む夕日に向かって、物資輸送を終えたドローンQS 8が離陸ポイントに戻る。

 日没後からはMatrice 210RTKでほぼ視界ゼロの真っ暗な環境での夜間飛行と赤外線カメラを積んだInspire 1で要救助者を捜索する訓練が行われた。
 夜間飛行も航空法で規制されているため、国土交通大臣の許可、承認を得て行われた(※3)。訓練では日中の飛行とは異なり、ドローンとの距離感や目測での高度が非常に分かりづらいといった点を肌で感じてもらうことに主眼がおかれた。
 赤外線カメラを搭載したドローンでは、被災地や山岳遭難者の夜間捜索を想定した訓練も並行して行われた。グラウンドの周囲にある植え込みなどに隠れた、要救助者になりすましたスカイシーカーのスタッフ2人を赤外線カメラの映像のみで捜索した。目視ではドローンのLEDだけしか視認できない状況だったが、訓練参加者は映像から要救助者を無事に発見していた。

この記事のライター

関連する投稿


【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

ジャパンドローン2018でDJI 株式会社(東京都港区)は、DJIの機体をプラットフォームにした様々なソリューションを展示し、機体の対応能力の高さを示した。


スカイシーカーがドローンを活用した冬季の火山噴火対応訓練に協力

スカイシーカーがドローンを活用した冬季の火山噴火対応訓練に協力

岩手県警察と関係機関の連携による冬期噴火災害対応訓練を、岩手県の八幡平リゾートパノラマスキー場で実施した。今回の訓練は国内初となる冬季の火山噴火を想定した もので、ドローンを使用するにあたり、 株式会社佐藤興産・ドローンショップ仙台・株式会社スカイシーカーが協力機関として参加した。


「バッテリー ジャパン」展にドローンに最適なリチウムイオン蓄電池HUGシリーズのプライム・スターが出展

「バッテリー ジャパン」展にドローンに最適なリチウムイオン蓄電池HUGシリーズのプライム・スターが出展

リチウムイオン蓄電池を提案、販売しているプライム・スター株式会社が「第9回 国際二次電池展(バッテリー・ジャパン)」に出展、防災対策やドローンに最適なポータブルなリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを展示している。3月2日まで。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


スカイシーカー、産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」の第2回目開催決定

スカイシーカー、産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」の第2回目開催決定

産業用大型ドローンを使用した物資の搬送や物件投下に加え、夜間飛行、目視外飛行等の特殊飛行訓練も実施


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。