「2017年報道写真展」にドローンの空撮写真も展示(東京写真記者協会主催)25日まで

「2017年報道写真展」にドローンの空撮写真も展示(東京写真記者協会主催)25日まで

ニュース写真で今年を振り返る東京写真記者協会(新聞・通信など33社加盟)主催の「2017年 報道写真展」が東京都中央区の日本橋三越本店本館7階催物会場で開催されている。ドローンで撮影された企画写真の展示もあり、報道の現場にドローンの活用が広がりつつあることが分かる。


報道の現場にドローン活用の兆し

毎日新聞社の小川昌宏記者がドローン空撮した作品「迎賓館赤坂離宮をドローンで初撮影」=21日、東京都中校区の日本橋三越本店7階催物会場

 ニュース写真で今年を振り返る東京写真記者協会(新聞・通信など33社加盟)主催の「2017年 報道写真展」が東京都中央区の日本橋三越本店本館7階催物会場で開催されている。入場無料で、25日まで。
 写真記者が国内外で取材した約300点を展示、九州北部の豪雨の被災地、将棋で最多の29連勝を達成した藤井聡太四段、迫害から逃れミャンマー国境を越えるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)支配から解放されたイラク・モスルの表情など迫力のある報道写真が圧倒される。
 今年はこの中にドローン撮影された写真も展示され、報道の現場でもドローンの活用が広がりつつあることを実感させた。写真は毎日新聞社の小川昌宏記者が撮影し、「迎賓館赤坂離宮をドローンで初撮影」のタイトルで、迎賓館赤坂離宮をドローン空撮4枚の組み写真。森に囲まれたシンメトリックな本館に、奥には林立する都内の高層ビル群の様子や屋上に設置された天球と霊鳥、鎧兜の装飾など、ドローンならではの高度でしか撮影することができない写真に来場者は見入っていた。写真説明文には「政府重要施設などの付近では飛行が禁止されており、撮影は許可を得て実施した」とのただし書きもつけられていた。

平日にもかかわらず多くの来場者が写真を見ながら今年1年を振り返っていた。

この記事のライター

最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。