台湾のドローン業界団体TWUASが来日、JUIDAと会談 人材育成、技術などで交流促進

台湾のドローン業界団体TWUASが来日、JUIDAと会談 人材育成、技術などで交流促進

 台湾のドローン業界団体、台湾無人機応用発展協会(TWUAS)の代表団が12月19日来日し、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長ら幹部と会談した。交流活性化が目的で、22日までの滞在期間中にJUIDA認定スクールを訪問したり、日本の関連企業と情報交換をしたりする計画だ。


何毅夫副理事長、王嘉楠秘書長ら6人、JUIDA鈴木理事長らと会談

台湾のドローン業界団体、台湾無人機応用発展協会(TWUAS)の代表団が来日し、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の幹部の出迎えを受け、何毅夫(Frank Ho)副理事長(右から6人目)と鈴木真二理事長ががっちり握手を交わした=12月19日、東京・文京区の東京大学

 来日したのは何毅夫(Frank Ho)副理事長、王嘉楠(Andie Wang)秘書長らTWUAS幹部6人。JUIDAから鈴木理事長、千田泰弘副理事長、熊田知之事務局長ら幹部が会談に参加した。
 会談の冒頭、JUIDAの鈴木理事長は「JUIDAは世界のドローン関連団体と交流を重ねながらドローンの発展に向けて活動をしています。認定スクールは11月末現在で124あり、人材育成にも力を入れています。ドローンは需要の拡大が見込まれる一方、安全確保への要望も高まっており、それぞれで協力しあいたいと思っています」とあいさつした。
 これに対し、TWUASの何副理事長は「台湾のドローン産業は歴史が浅いので、日本の経験を学ばせて頂きたいし、交流促進も図りたいと思っています。台湾政府は森林管理、発電施設の管理、農業、林業、高圧ケーブル、橋梁点検の分野で(ドローン活用の領域で)予算を計上しました。台湾は日本と同じように島国です。学ばせて頂く日本の経験が生きると思っています。また人材育成についても力を入れたいと思っています」とJUIDA訪問への期待を表明した。
 また、日本のドローン産業の評価について、何副理事長は「日本の開発力は世界的にも高いことを知っています。今でこそドローンは中国の開発のスピードが速いけれども、これから日本は進むと思います。われわれもそれについていきます」と話した。
 TWUASは2016年に設立された台湾のドローン関連企業・団体で、10法人と、個人116人が参加している。台北市のイノベーションベース(創新基地)に拠点に構え、ドローンの開発、人材育成、活用などの促進を目的に活動している。2017年3月にJUIDAが主催した日本でのドローンの大規模展示会「JapanDrone2017」に参加。9月には台湾で世界無人機大会(Taiwan International UAS Industry Summit Forum)を開催し、JUIDAの千田副理事長が講演するなど、交流を深めつつある。

この記事のライター

関連するキーワード


TWUAS JUIDA

関連する投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


【2018展望】「ドローン物流元年」JUIDA鈴木理事長 新春パーティのあいさつ

【2018展望】「ドローン物流元年」JUIDA鈴木理事長 新春パーティのあいさつ

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は1月17日、都内で「新春パーティ」を開き、会員、政府関係者、関係議員らが集まった。冒頭、JUIDAの鈴木真二理事長は2018年を「ドローン物流元年」と位置づけた。鈴木理事長のあいさつは以下の通り。


「ジャパン・ドローン2018」3月22日(木)~ 24日(土) 幕張メッセ

「ジャパン・ドローン2018」3月22日(木)~ 24日(土) 幕張メッセ

日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は3月22日~24日、幕張メッセでドローンに特化した単独開催の国際展示会とコンファレンスからなる「ジャパン・ドローン2018」を開催する。


JUIDAが2018年1月17日に『新春パーティ』を開催

JUIDAが2018年1月17日に『新春パーティ』を開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、ドローン産業関係者の新年の交流を図る『新春パーティ』を、1月17日に都内で開催する。現在、参加を呼びかけている。参加費はJUIDA会員は5000円、 一般は8000円だ。


D-ACADEMY 関東埼玉が第17期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第17期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


最新の投稿


構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

株式会社日立システムズ(本社:東京都、代表取締役社長:北野 昌宏)は、「ドローン運用統合管理サービス」に構造物を対象とした劣化箇所管理機能を追加し、効果的な3次元台帳の活用方法などを紹介するセミナーを開催した。当初は40名の募集に対して、倍以上の応募があり会場は熱気に包まれていた。


テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン株式会社は、民生用ドローンの製造や販売を行うDJI株式会社とと正規代理店契約を締結し、 Websiteでもハードウェア販売ページを開設し、 Web上からの購入や相談にも対応する。また損害保険ジャパン日本興亜株式会社と提携し、テラドローンオリジナルの特典で動産総合保険を自動付帯して販売を開始する。


“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

日本国内に定住先の無い日本非定住者“PT(パーマネントトラベラー)”として、世界の絶景空撮映像を撮影する“ドローン空撮職人@さわ” さんの動画「世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜」。HPはhttp://verdehalago.com/prof。


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

米国ReporLinker(レポートリンカー)社は、市場調査レポートでUAV市場は2017年の178億ドルから2023年には489億ドル(約5.4兆円)に成長するとの予測を発表した。