台湾のドローン業界団体TWUASが来日、JUIDAと会談 人材育成、技術などで交流促進

台湾のドローン業界団体TWUASが来日、JUIDAと会談 人材育成、技術などで交流促進

 台湾のドローン業界団体、台湾無人機応用発展協会(TWUAS)の代表団が12月19日来日し、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長ら幹部と会談した。交流活性化が目的で、22日までの滞在期間中にJUIDA認定スクールを訪問したり、日本の関連企業と情報交換をしたりする計画だ。


何毅夫副理事長、王嘉楠秘書長ら6人、JUIDA鈴木理事長らと会談

台湾のドローン業界団体、台湾無人機応用発展協会(TWUAS)の代表団が来日し、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の幹部の出迎えを受け、何毅夫(Frank Ho)副理事長(右から6人目)と鈴木真二理事長ががっちり握手を交わした=12月19日、東京・文京区の東京大学

 来日したのは何毅夫(Frank Ho)副理事長、王嘉楠(Andie Wang)秘書長らTWUAS幹部6人。JUIDAから鈴木理事長、千田泰弘副理事長、熊田知之事務局長ら幹部が会談に参加した。
 会談の冒頭、JUIDAの鈴木理事長は「JUIDAは世界のドローン関連団体と交流を重ねながらドローンの発展に向けて活動をしています。認定スクールは11月末現在で124あり、人材育成にも力を入れています。ドローンは需要の拡大が見込まれる一方、安全確保への要望も高まっており、それぞれで協力しあいたいと思っています」とあいさつした。
 これに対し、TWUASの何副理事長は「台湾のドローン産業は歴史が浅いので、日本の経験を学ばせて頂きたいし、交流促進も図りたいと思っています。台湾政府は森林管理、発電施設の管理、農業、林業、高圧ケーブル、橋梁点検の分野で(ドローン活用の領域で)予算を計上しました。台湾は日本と同じように島国です。学ばせて頂く日本の経験が生きると思っています。また人材育成についても力を入れたいと思っています」とJUIDA訪問への期待を表明した。
 また、日本のドローン産業の評価について、何副理事長は「日本の開発力は世界的にも高いことを知っています。今でこそドローンは中国の開発のスピードが速いけれども、これから日本は進むと思います。われわれもそれについていきます」と話した。
 TWUASは2016年に設立された台湾のドローン関連企業・団体で、10法人と、個人116人が参加している。台北市のイノベーションベース(創新基地)に拠点に構え、ドローンの開発、人材育成、活用などの促進を目的に活動している。2017年3月にJUIDAが主催した日本でのドローンの大規模展示会「JapanDrone2017」に参加。9月には台湾で世界無人機大会(Taiwan International UAS Industry Summit Forum)を開催し、JUIDAの千田副理事長が講演するなど、交流を深めつつある。

この記事のライター

関連するキーワード


TWUAS JUIDA

関連する投稿


【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


ドローン操縦士を養成するTASKSが「TASKS DRONE ACADEMY大阪校」を 開校

ドローン操縦士を養成するTASKSが「TASKS DRONE ACADEMY大阪校」を 開校

株式会社TASKS(大阪府枚方市)は、3月7日~3月9日にドローン操縦士を養成する「TASKS DRONE ACADEMY大阪校」の開校に伴い、受講者の募集を開始。


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


デジタルハリウッドと八王子市、ドローンによる人材育成の取り組みを開始

デジタルハリウッドと八王子市、ドローンによる人材育成の取り組みを開始

デジタルハリウッド株式会社は、 八王子市と「ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定」を締結し、ドローンの活用に向けた人材育成を図り、 地域の活性化及び市民サービスの向上に取り組むと発表した。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。