ORSOが「DRONE STAR™ プログラミング」を発表 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ

ORSOが「DRONE STAR™ プログラミング」を発表 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、ドローンを用いたプログラミング教育を目的としたスマートフォンアプリ「DRONE STAR™ プログラミング」を発表し、同時に先行導入を希望する企業・団体を10社限定で募集する。


先行導入企業・団体を10社限定で募集

 「DRONE STAR™ プログラミング」は、送信機(プロポ)を使わず、難しいコードを書かなくてもドローンの操縦制御を視覚的にプログラミングできる教育用スマートフォンアプリ。このアプリでは、プログラミングの目標となるミッションを達成するため、前進、回転などの機能ブロックを、時間軸に沿って配置し、対応機体の重量僅か18gの室内専用ドローン「DRONE STAR 01」に指令を出し、プログラム飛行させることでミッション達成を目指す。
 この「タイムライン」と「機能ブロック」を使った論理的思考を養うプロセスと、プログラミング課題である「ミッション」によって、個々の感性を高め、考え方などを総合的に評価できる教材として開発を行った。

 今回発表したアプリ「DRONE STAR™ プログラミング」は、2018年3月中旬にリリース予定です。正式リリースに先駆け、先行して導入する企業・団体を10社限定で、本日から2018年1月19日までDRONE STAR公式HPにて募集を行う。ご応募sじょた企業・団体には、先行してアプリを利用して、評価プログラムに参加できる。プログラミングアプリの評価・フィードバックを開発に反映するは勿論で、実施している風景の取材に同意出来ることが条件となります。
ご応募、詳細はDRONE STAR公式HPで確認のこと。

●DRONE STAR公式HP https://www.dronestar.jp

DRONE STARプログラミングアプリ 先行導入の流れ

応募期限:2018年1月19日(金)迄
選考期間:2018年1月22日(月)~31日(水)
先行導入企業・団体様への通知予定日:2018年2月1日(木)
評価期間:2018年2月1日(木)〜 16日(金)
フィードバック期間:2018年2月19日(月)〜 28日(水)
アプリリリース: 2018年3月中旬(予定)
※評価期間が長くなる場合は、アプリリリース日を延期する場合があります。

この記事のライター

関連するキーワード


ORSO DRONE STAR

関連する投稿


DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社は、日本初のドローンスタートアップに特化した専門ファンドDrone Fundを引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。


「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

ドローン操縦の基礎を、楽しみながら覚え、上達できるようになることを目指した、操縦者教育機能を搭載したスマートフォンアプリ「DRONE STAR」に対応した超小型機体「DRONE STAR 01」を2018年1月14日まで価格を下げて販売する。


ドローン操縦アプリ「DRONE STAR(TM)」の対応機体「DRON STAR 01」取り扱い開始

ドローン操縦アプリ「DRONE STAR(TM)」の対応機体「DRON STAR 01」取り扱い開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、 6月30日より、 株式会社ORSO(本社:東京都千代田区)が開発するドローン操縦アプリ「DRONE STAR™」に対応した機体「DRONE STAR 01」の提供を開始した。


【体験!DRONE STAR】開発したORSOの2人がやって来た! スタッフ大はしゃぎ(笑)!

【体験!DRONE STAR】開発したORSOの2人がやって来た! スタッフ大はしゃぎ(笑)!

 スマホ越しにドローンを操作して遊ぶうちに操縦がうまくなるドローン操縦学習教材「DRONE STAR」のおもしろさをもっと広めようと、開発した株式会社ORSO(オルソ、東京)のエバンジェリスト、高宮悠太郎さんと、ディレクター、中島有一朗さんがDroneTimesのオフィスを訪ねてくれました。その様子をお伝えします。


ドローン操縦者向け教育アプリ「DRONE STAR」配信開始

ドローン操縦者向け教育アプリ「DRONE STAR」配信開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:坂本義親、以下ORSO)は、ドローン操縦者の教育を目的としたスマートフォンアプリ「DRONE STAR」をApp StoreおよびGoogle Playにて配信を開始したと発表した。


最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。