ORSOが「DRONE STAR™ プログラミング」を発表 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ

ORSOが「DRONE STAR™ プログラミング」を発表 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、ドローンを用いたプログラミング教育を目的としたスマートフォンアプリ「DRONE STAR™ プログラミング」を発表し、同時に先行導入を希望する企業・団体を10社限定で募集する。


先行導入企業・団体を10社限定で募集

 「DRONE STAR™ プログラミング」は、送信機(プロポ)を使わず、難しいコードを書かなくてもドローンの操縦制御を視覚的にプログラミングできる教育用スマートフォンアプリ。このアプリでは、プログラミングの目標となるミッションを達成するため、前進、回転などの機能ブロックを、時間軸に沿って配置し、対応機体の重量僅か18gの室内専用ドローン「DRONE STAR 01」に指令を出し、プログラム飛行させることでミッション達成を目指す。
 この「タイムライン」と「機能ブロック」を使った論理的思考を養うプロセスと、プログラミング課題である「ミッション」によって、個々の感性を高め、考え方などを総合的に評価できる教材として開発を行った。

 今回発表したアプリ「DRONE STAR™ プログラミング」は、2018年3月中旬にリリース予定です。正式リリースに先駆け、先行して導入する企業・団体を10社限定で、本日から2018年1月19日までDRONE STAR公式HPにて募集を行う。ご応募sじょた企業・団体には、先行してアプリを利用して、評価プログラムに参加できる。プログラミングアプリの評価・フィードバックを開発に反映するは勿論で、実施している風景の取材に同意出来ることが条件となります。
ご応募、詳細はDRONE STAR公式HPで確認のこと。

●DRONE STAR公式HP https://www.dronestar.jp

DRONE STARプログラミングアプリ 先行導入の流れ

応募期限:2018年1月19日(金)迄
選考期間:2018年1月22日(月)~31日(水)
先行導入企業・団体様への通知予定日:2018年2月1日(木)
評価期間:2018年2月1日(木)〜 16日(金)
フィードバック期間:2018年2月19日(月)〜 28日(水)
アプリリリース: 2018年3月中旬(予定)
※評価期間が長くなる場合は、アプリリリース日を延期する場合があります。

この記事のライター

関連するキーワード


ORSO DRONE STAR

関連する投稿


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表  Tello 専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」の配信開始

ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表  Tello 専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」の配信開始

ORSOは「ドローン学びの教材シリーズ」を発表し、Tello専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」をDRONE STARプログラミングアプリ内で配信開始する。


スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

 IT サービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、スマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」に、DJI が技術提供するRyze Tech 社製のTelloも対応機種として追加すると発表した。2018 年8 ⽉6 ⽇から配信する予定。


DRONE STAR© プログラミングが慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの教材に採用

DRONE STAR© プログラミングが慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの教材に採用

ITサービス開発とドローン利活用を推進する株式会社ORSOが提供するドローンプログラミングを学べるアプリ「DRONE STAR© プログラミング」が、慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムが進めるドローン前提社会における、ドローンを活用した人材教育の研究教材として採用された。


ORSOがドローン操縦をバーチャルで拡張したコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レーシングカップ」を発表

ORSOがドローン操縦をバーチャルで拡張したコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レーシングカップ」を発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 KDDI株式会社(東京都千代田区) が、スマートグラス「R-9」に対応した、 ドローン操縦の楽しさをバーチャルで拡張したスマートグラス×DRONE STAR(C)のコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レ-シングカップ」を発表した。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。