ヘリからドローンは見えるのか NEDO、SUBARU、エンルート、プロドローンが南相馬で実験

ヘリからドローンは見えるのか NEDO、SUBARU、エンルート、プロドローンが南相馬で実験

 ヘリコプターの操縦者は、ドローンを見ることができるのか、などについて、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と関連事業者が、12月15日、福島県南相馬市に整備中の復興工業団地内福島ロボットテストフィールドで実験し、その様子を公開した。


衝突回避のルールづくりのための基礎資料づくり

 実験に参加した事業者は、株式会社エンルート、株式会社スバル、株式会社プロドローン。実験は福島県、福島県南相馬市の協力を得て行われた。パイロットの乗った有人ヘリから150メートル離れた場所に、2種類のドローン1機ずつと、無人ヘリのあわせて3機を設置して行われた。
 まず、ドローンや無人ヘリを1機ずつ、高度30メートルの上空まで離陸させ、ヘリコプターの操縦席からは、空を背景にホバリングするドローンがどう見えるかどうかについてモニターした。次に、ドローン、無人ヘリの3機を地上に設置したままで、ヘリコプターが30メートルの高さまで上昇し、地上の機体の見え方を確認した。
 ドローン、無人ヘリにはカメラが搭載してあり、ドローンなど側からヘリがどうみえる7かについても同時に検証した。
 この実験は、ドローンと有人機との衝突回避の基本ルール策定を見据えた基礎データ取得実験の一環。ルール制定に、①有人ヘリからドローンを視認できるか②有人ヘリのダウンウォッシュ(プロペラが吹き下ろす風)はドローンの飛行に影響を与えるか③ドローンの回避にどれぐらいの時間が必要か④ドローンのカメラから有人ヘリを視認できるかーの4つの課題を設定し、この日公開された実験は、①の一部だ。

ヘリコプターからの視界。地上の無人ヘリとドローンはどの程度見えるのかを検証した

ドクターヘリ出動増加で、ルール策定、喫緊の課題に

 飛行機や船では、衝突しそうになった場合、どんな行動を取るべきかについて定められているが、ドローンについては現在、ルールはない。ドローンは上空150メートルまでを飛ぶことが多いが、ドクターヘリの緊急出動回数の増加に伴い、ドローンとの衝突回避ルール策定の緊急性が高まってきた。
 今回の実験で得られたデータは、今後、衝突回避性能評価基準の策定に役立てられる。
 この日の実験で使われた機体は、有人ヘリコプターが「ユーロコプター AS355」、無人ヘリが「ヤマハ発動機 FAZER」、ドローンは、プロドローン製「SkymatiX X-F1」、エンル-ト製「QC730」だった。

NEDOの公表したプレスリリースは以下の通り

NEDOと(株)SUBARU、(株)エンルート、(株)プロドローンは、福島県と南相馬市の協力のもと、福島県南相馬市の復興工業団地内福島ロボットテストフィールド整備予定地において、日本初となる同一空域での有人ヘリコプターと無人航空機の安全性能試験を実施しました。

本試験は、12月11日から順次実施しているもので、具体的には有人ヘリコプターと無人航空機の安全離隔距離を明確にする相互の視認性確認を実施しました。

今後、12月下旬にかけてさらに試験を重ね、得られた知見をもとに、無人航空機の衝突回避に関する性能評価基準の策定に貢献します。

なお、今回の試験は、本年11月22日にNEDOと福島県が締結した「福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証等に関する協力協定」の取り組みの一環です。

1.概要

現在、国内におけるドローンなどの無人航空機の運用件数は増加傾向にあり、また、ドクターヘリ等の低高度での有人機飛行も年々増加しています。これに伴い、有人航空機と無人航空機のニアミス事案の実例※1が国内で報告されており、有人航空機と無人航空機の衝突回避の性能評価基準は喫緊の課題となっています。

このような背景のもと、NEDOは「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト※2」において、ドローンなどの無人航空機の目視外飛行および第三者上空飛行を見据えた衝突回避に関する安全性能の評価基準の開発に取り組んでいます。

今般、NEDOと株式会社SUBARU、株式会社エンルート、株式会社プロドローンは、福島県と南相馬市の協力のもと、日本初となる同一空域における有人ヘリコプターと無人航空機の安全性能試験を実施しました。本試験は、12月11日から順次実施しているもので、具体的には、福島県南相馬市の復興工業団地内福島ロボットテストフィールド※3整備予定地において、有人ヘリコプターと無人航空機の相互の視認性確認を実施しました。本試験において、衝突回避に関する安全性能評価基準策定に必要となる各種データを取得することができました。

今後、12月下旬にかけてさらに試験を重ねるとともに、有人ヘリコプターからのダウンウォッシュ(吹き下ろし)※4影響確認試験なども実施し、これら試験で得られた知見をもとに、無人航空機の回避性能の開発を進め、無人航空機の衝突回避に関する性能評価基準の策定に貢献します。

なお、今回の試験は、本年11月22日にNEDOと福島県が締結した「福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証等に関する協力協定※5」の取り組みの一環として、福島浜通りロボット実証区域※6を活用して実施されたものです。

この記事のライター

関連するキーワード


NEDO エンルート スバル

関連する投稿


世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

3月15日。NEDO、KDDI、テラドローン、セコムは、世界初となる、第4世代の高速通信規格 (4G LTE)を活用して、複数のドローンを自律飛行させる警備の実証実験をメディアに公開した。


エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

株式会社エンルートM’s(福島県福島市 代表取締役 辺見 俊彦)は、 株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市 取締役社長 伊豆 智幸)の、 第三者割当増資引き受けにより、 3月1日付けでエンルートラボの92.6%の議決権を取得し、 子会社化したと発表した。


NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOは、富士通、日本電気、イクシスリサーチ、エンルート、プロドローンとともに、橋梁点検のための無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を千葉県東金市で実施した。


NEDOとスカパーJSAT、衛星通信を利用した高高度無人航空機の飛行・通信実験を福島県で実施

NEDOとスカパーJSAT、衛星通信を利用した高高度無人航空機の飛行・通信実験を福島県で実施

NEDOとスカパーJSATが地上通信が困難な環境下でもドローンが飛行可能な運航管理システムの実現目指す実験を福島県のスカイパークで実施し、目視外エリアでもドローンの通信環境を構築できる可能性を確認した。


【橋梁・トンネル技術展】エンルートが開発中のドローン用衝突防止システムを展示

【橋梁・トンネル技術展】エンルートが開発中のドローン用衝突防止システムを展示

幕張メッセで開催中の橋梁・トンネル技術展のドローンエリアに出展した株式会社エンルート(本社:埼玉県朝霞市、代表取締役:瀧川正靖)は、開発中の衝突防止システムを搭載したドローンZion PG700を展示していた。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。