インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

株式会社インプレス(東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、 新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』を12月21日(木)より発売する。


 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』は、 海外の市場データや企業戦略、 技術トレンド、 先進サービスなどを捉えながら、 世界のドローンビジネスの現状を分析し、 今後を展望している。 ( https://book.impress.co.jp/wdrone2018 )

 ドローンの活用が世界的に広がっており、 海外では、 空撮、 点検、 農業、 鉱業などの分野でドローンを活用したサービスを提供する企業が増えている。
 国内においては、ドローンの活用に関するルールやガイドラインの整備が進み、 なかでも農薬散布や測量、 防災、 点検などの分野でドローンを活用したビジネスが先行して動き出している。
 ドローンを活用したビジネスの世界市場、 国内市場ともに拡大し、 様々な分野での活用が予想され、 今後、 日本企業は、 国内市場で得たノウハウをもとに海外市場に進出することや、 海外の情報を取り入れて日本でビジネスを展開することが考えられる。
 本調査書は国内および海外市場で、 自社がどのように戦略をたてて、 どのようにビジネスをしていけばいいのか、 ビジネスの機会を逃さずに、 どのように事業を大きくしていくのか、 そのアイデアやヒントをつかむための一冊となっている。

構成・各章の概要

 第1章「海外のドローン市場概況」では、 海外のドローンに関する市場データを分析しながら、 海外のドローンビジネスに関する概況や投資トレンドをまとめている。 また、 DJIやParrotといったドローン業界のビッグプレイヤーの動向と、 NVDIAやQualcomm、 Intelなどの大手IT企業のドローンビジネスにかかわる戦略を分析し解説している。
 第2章「注目すべき海外最先端企業の最新動向」では、 「ハードウェア」「サービス」「ソフトウェア」「周辺サービス」の4分野においてドローンを活用したビジネスを行っている30の企業について、 実際に行っているサービスの特徴や強みなどをまとめ、 分析している。
 第3章「ドローンビジネスの課題と展望」では、 事業レイヤーごとの課題や今後を分析し、 日本のドローンビジネスの展望をまとめている。
 また、 付録に海外のドローンビジネス企業一覧(500社以上)をExcelデータにまとめている。

調査報告書の製品形態および販売に関して

書名 :ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】
監修  :春原久徳
著 :田中亘、 春原久徳、 インプレス総合研究所
発行所 :株式会社インプレス
発売日 :2017年12月21日<予約受付中>
価格 :CD(PDF)版 95,000円(税別)
CD(PDF)+冊子版 85,000円(税別)
判型 :A4判
ページ数 :168ページ
詳細やご予約は「インプレスブックス」でご確認ください。
https://book.impress.co.jp/wdrone2018

この記事のライター

関連する投稿


'インプレス総合研究所、2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円

'インプレス総合研究所、2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円

インプレス総合研究所は、国内のドローンビジネス市場の動向の調査結果を発表した。


インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスより「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」が全国の書店、量販店にて販売。


do とインプレスが『ドローン鳥瞰空撮カレンダー 2018』プロジェクトを開始〜あなたの空撮画像をカレンダーに〜

do とインプレスが『ドローン鳥瞰空撮カレンダー 2018』プロジェクトを開始〜あなたの空撮画像をカレンダーに〜

IT 関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(東京 都千代田区)とドローン専門ビジネスプラットフォーム事業を 展開する do 株式会社(東京都千代田区)は共同で、 日本全国のドローンパイロットによる空撮カレンダーを制作するプロジェクトを開始したと発表した。


ドローン市場から産業動向、海外事情まで インプレス総研が『調査報告書2017』を23日発売

ドローン市場から産業動向、海外事情まで インプレス総研が『調査報告書2017』を23日発売

 IT関連メディア事業を展開するインプレス(本社・東京)のシンクタンク部門、インプレス総合研究所は、2016年度の国内ドローンビジネスの市場規模は353億円で、前年度の175億円から102%増加の見込みとの調査結果を発表した。同社は調査結果をまとめた『ドローンビジネス調査報告書2017』を3月23日に発売する。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。