ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。


空の交通安全は、陸の交通安全を担ってきた者が担わないと・・・

 ジドコン設立総会に参加したのは、北海道、東北、関東、東海、中国、四国など全国各地の16校。
 総会では参加各校の代表者があいさつをし、「これから空の交通安全が必要になるときに、これまで陸の交通安全を教えてきたわれわれがかかわるべきだと思った」、「少子化が進み普通免許の集客が進まず、新規事業の必要性を痛感していた」、「朽木代表の情熱に胸を打たれた」など、参加の動機や豊富を語った。
 ジドコンは教育の質を重視し、指導員養成研修に力を入れる。講師を「準指導員」「指導員」「教官」「検定員」の4ランクに分類。準指導員から経験を積み、技術を身に着け、試験などを経て上位指導者になる仕組みだ。またスクール立ち上げには、福島ドローンスクール(福島県郡山市)を運営する株式会社スペースワン(東京)が事務局としてサポートする。
 ジドコンの朽木代表は、株式会社江刺自動車学校(岩手県奥州市)で、岩手ドローンスクールをたちあげた実績がある。設立総会で朽木代表は「警察庁から警視庁や各都道府県の警察本部に対して、自動車教習所が、他の業務をすることを制限するような指導をやりすぎてはいけないという内容の事務連絡が10月に発せられた。自動車学校こそドローン学校を運営するべきだ、ととらえている。ぜひみなさんと一緒に空の安全を担う組織をつくりあげたい」と話している。
 設立準備総会ではその後、研修の受講方法や、手続き、日程、この日に施行された会則について説明と質疑応答がなされ、ルールや許可・申請についての講演が行われた。

開催趣旨を説明するジドコン代表の朽木聖好氏。手前は事務局を担う株式会社スペースワンの小林康宏代表

都内で行われたジドコン設立準備総会には16の学校が参加した。空の安全が重視される中、これまで交通安全を指導してきた自動車学校の役割が注目されている

この記事のライター

関連する投稿


ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

 自動車学校が参加するドローンスクールネットワーク、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)は9日、都内で会員向けのセミナーを開催した。


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。


「ジドコン」系で2校目 福島・白河でドローンスクール開校

「ジドコン」系で2校目 福島・白河でドローンスクール開校

 自動車学校のドローンスクールへの進出が相次いでいる。福島県白河市の株式会社県南自動車学校は「白河ドローンスクール」を開設し、4月14日、設立セレモニーを開催した。全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)の会員で、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)認定スクールでもある。


郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

 福島県郡山市は11月17日、福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン(郡山市)と連携協定を締結した。


最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。