ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。


空の交通安全は、陸の交通安全を担ってきた者が担わないと・・・

 ジドコン設立総会に参加したのは、北海道、東北、関東、東海、中国、四国など全国各地の16校。
 総会では参加各校の代表者があいさつをし、「これから空の交通安全が必要になるときに、これまで陸の交通安全を教えてきたわれわれがかかわるべきだと思った」、「少子化が進み普通免許の集客が進まず、新規事業の必要性を痛感していた」、「朽木代表の情熱に胸を打たれた」など、参加の動機や豊富を語った。
 ジドコンは教育の質を重視し、指導員養成研修に力を入れる。講師を「準指導員」「指導員」「教官」「検定員」の4ランクに分類。準指導員から経験を積み、技術を身に着け、試験などを経て上位指導者になる仕組みだ。またスクール立ち上げには、福島ドローンスクール(福島県郡山市)を運営する株式会社スペースワン(東京)が事務局としてサポートする。
 ジドコンの朽木代表は、株式会社江刺自動車学校(岩手県奥州市)で、岩手ドローンスクールをたちあげた実績がある。設立総会で朽木代表は「警察庁から警視庁や各都道府県の警察本部に対して、自動車教習所が、他の業務をすることを制限するような指導をやりすぎてはいけないという内容の事務連絡が10月に発せられた。自動車学校こそドローン学校を運営するべきだ、ととらえている。ぜひみなさんと一緒に空の安全を担う組織をつくりあげたい」と話している。
 設立準備総会ではその後、研修の受講方法や、手続き、日程、この日に施行された会則について説明と質疑応答がなされ、ルールや許可・申請についての講演が行われた。

開催趣旨を説明するジドコン代表の朽木聖好氏。手前は事務局を担う株式会社スペースワンの小林康宏代表

都内で行われたジドコン設立準備総会には16の学校が参加した。空の安全が重視される中、これまで交通安全を指導してきた自動車学校の役割が注目されている

この記事のライター

関連する投稿


「ジドコン」系で2校目 福島・白河でドローンスクール開校

「ジドコン」系で2校目 福島・白河でドローンスクール開校

 自動車学校のドローンスクールへの進出が相次いでいる。福島県白河市の株式会社県南自動車学校は「白河ドローンスクール」を開設し、4月14日、設立セレモニーを開催した。全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)の会員で、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)認定スクールでもある。


郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

 福島県郡山市は11月17日、福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン(郡山市)と連携協定を締結した。


「福島ドローンサミット」3月18日に郡山で開催! 主要ドローン論客が登壇

「福島ドローンサミット」3月18日に郡山で開催! 主要ドローン論客が登壇

 ドローンの主な論客が登壇する「福島ドローンサミット」が3月18日(土)、郡山地域職業訓練センター(福島県郡山市)で開かれる。


株式会社スペースワンが「福島ドローンスクール」を開講

株式会社スペースワンが「福島ドローンスクール」を開講

ドローンパイロット育成を目指す株式会社スペースワンでは、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)認定のドローンの操縦士および完全運行管理者養成スクールの県内初の「JUIDA認定 福島ドローンスクール」を2016年11月に開講する。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。