ドローンで撮影した画像を3D化するクラウドサービス「くみき」を12月18日リリース

ドローンで撮影した画像を3D化するクラウドサービス「くみき」を12月18日リリース

株式会社スカイマティクスは、 ドローンで撮影した画像を3D化するための専用クラウドサービス「くみき」の提供を12月18日より開始する。


ユーザーが気軽に本格的な3Dを生成・計測可能に

「くみき」操作画面

 「くみき」はドローンで撮影した連続写真データをクラウドにアップロードするだけで、 短時間かつ自動的に3Dデータを生成し、 ユーザーへ提供することができるクラウドサービス。 作成する成果物はオルソ画像、 DSM(標高差)画像、 点群データ等で、 Webアプリケーションの機能を使って高度、 距離、 面積、 体積、 角度、 断面などの情報を任意に計測・確認することができるというもの。

成果物

専門知識不要、3000円/月で使用可能

 これまでドローン撮影に対応した3D生成ソフトウェアは専門的な測量用ソフトウェアが市場を独占しており、 価格も100万円を超える高価なものが主流だった。 操作においても処理データのパラメーター設定など専門的な技術を必要とし、 一般的なドローンユーザーにとっては、 手の届かないものとなっていた。
 今回、同社は「くみき」の価格について 業界内最安値(本リリース時点同社調べ)である3000円/月~ を実現し、 データ処理についても 専門知識が不要とすることで、 多くのドローンユーザーが気軽に使って本格的な3Dを生成・計測することができるサービスとした。 これによりドローンで撮影した画像を単に空撮画像として楽しむだけではなく、 「安価で簡単に、 3次元計測を行う」という価値を生み、 ドローンのユーザー層を広げると考えられる。

ヘビーユーズにも対応するプロフェッショナルコースの提案も

 例えば、 農家が圃場の均平を確認したい場合や災害に備えて敷地法面の状況を定期的に把握しておきたい場合、 現場の資材量を概括的に把握したい場合、 大雨後の川や山の浸食スクリーニング、 構造物と図面の照合、 現場管理、 木や岩、 構造物の大きさや高さの確認等、 精度の高い測量ではなくともまずは概況を素早く3次元的に確認したいという潜在的な需要は多く、 「くみき」はこの需要に広く対応することでこれまで測量と縁の薄かった新たな業界へ広く波及することを目指す。
  また同時に、 測量業界からのヘビーユーズにも対応するため、 ストレージ容量や、 処理画像枚数を大きく増やしたプロフェッショナルコースの提案も用意するとしている。

 今回同社は「くみき」を開発するにあたり、 大手測量会社の朝日航洋株式会社と業務提携致した。 「くみき」のUIはユーザーが快適に使えるよう見やすく簡単な操作性を追求し、 データ処理においては朝日航洋株式会社の高いデータ処理技術を活用している。

リリースキャンペーン実施 2017年12月18日~2018年3月31日

 今回のリリースをきっかけに多くに「くみき」を気軽に体験してもらうため、 下記の要領で リリースキャンペーンを実施致する。

実施期間:2017年12月18日~2018年3月31日
対象:法人、 個人、 研究機関等
内容:会員登録後無料で「くみき」を使用体験できます。
処理データ上限数:50枚
無料トライアル期間:開始後最大1ヶ月間
データの保管期限:無料トライアル期間中
(無料トライアル期間中に有償プランへ以降した場合は移行後のプラン内容に準ずる)

「くみき」サービス概要

商品名:くみき
発売日:2017年12月18日
お客様からのお問い合わせ先:
  TEL:03-6262-6360
  URL:smx-kumiki.com
対象ドローン:DJIファントム・マビック・その他当社推奨機等
対象デバイス:パソコン、 タブレット等
利用方法:
 1会員登録を行い、 付与されたIDを用いて専用サイトへログイン。
 2ドローンで撮影した位置情報等の所定の情報を持った連続写真データ をアップロード。
 3自動処理された各種データの表示・確認・計測・ダウンロードをWeb上で実施。

価格表

この記事のライター

関連する投稿


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

2017年10月11日から13日までの3日間。幕張メッセで「第4回国際次世代農業EXPO」が開催された。最先端のIT技術や農業用ドローンが数多く登場し、各社が最新のソリューションを紹介していた


スカイマティックスがキヤノンMJと、農業分野向け製品「はかせ」と「いろは」販売に関する販売代理店契約を締結

スカイマティックスがキヤノンMJと、農業分野向け製品「はかせ」と「いろは」販売に関する販売代理店契約を締結

株式会社スカイマティクス(以下「スカイマティクス」)は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下「キヤノンMJ」)と以下スカイマティクス社製の農薬散布クラウドサービス「はかせ」と葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売に関する販売代理店契約を締結したと発表した。


スカイマティクスが産業用ドローンの実証実験等に閉校した小学校校舎を活用

スカイマティクスが産業用ドローンの実証実験等に閉校した小学校校舎を活用

株式会社スカイマティクス(以下「スカイマティクス」)と静岡県牧之原市役所(以下「牧之原市」)は、牧之原市が所有する牧之原市旧片浜小学校について「旧片浜小学校施設の利用に関する覚書」を締結した。


スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

株式会社スカイマティクス(以下「当社」)は、高性能農薬散布ドローンX-F1と専用クラウドサービスをセットにした農薬散布クラウドサービス「はかせ」、及び高性能測量ドローンX-S1と専用クラウドサービスをセットにした葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売を5月31日より開始します。


最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。