楽天AirMapが無人航空機管制(UTM)システム「AirMap」の提供を開始

楽天AirMapが無人航空機管制(UTM)システム「AirMap」の提供を開始

楽天AirMap株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役CEO 向井 秀明、以下「楽天AirMap」)は、空域管理者およびドローン操縦者向けのUTM(無人航空機管制)システム「AirMap」の提供を12月7日から開始すると発表した。


千葉市のドローンフィールドで楽天AirMapによる空域管理を開始

 楽天AirMapが提供するサービスは、空域管理者向けの「空域管理ダッシュボード」とドローンを飛行させるパイロット向けの専用アプリ「AirMap」の2種類。「空域管理ダッシュボード」は、地方自治体や広大な土地を所有する企業などが、飛行空域を管理するために利用するWebアプリケーション。画面に表示される地図から、管理したい空域を選び飛行条件などを登録する。発表会では、国内最初の利用者となる千葉市の法人向け「ドローンフィールド」が紹介された。同フィールドを管理する千葉市 総合政策局 国家戦略特区担当局長の稲生勝義氏が「空域管理ダッシュボード」で利用者の管理を行う」と説明した。
 また、今回の発表会のために来日した米国AirMap社のベン・マーカスCEOは、「AirMapが日本で使えるようになり、日本の空域管理者はドローンの飛行用にさらに空域を開放でき、複雑なドローンの操縦の飛行経路などを管理できます。UTMを通して、日本のドローン経済を支援できることを誇りに思う」と語った。
 楽天AirMapの向井秀明代表取締役CEOは、国内のドローン操縦者が飛行の申請や許可の有無などに苦労している現状を伝え、AirMapのサービスを開始することで、「空域情報を可視化し、安全かつ円滑なドローン運行の実現を目指す」と話す。
 「空域管理ダッシュボード」とiOSやAndroidスマートフォン用アプリのAirMapの利用は無料。楽天AirMapの収益モデルに関しては「サービスの提供を開始して、利用者からのフィードバックをもとに機能を強化し、有料化のモデルなどは今後、検討していく」と向井氏は説明する。また、他の空域管理サービスとの違いや優位性について「AirMapではSMSを介して空域管理者が飛行申請者にメッセージを送るなど、双方向のコミュニケーションを提供している点が強みになる」と述べた。

千葉市のドローンフィールドの情報は以下のURLから。
https://www.city.chiba.jp/sogoseisaku/sogoseisaku/tokku/tokku_dronefield.html

楽天AirMapに関する詳細は以下のURLから。
https://www.rakuten-airmap.co.jp/stakeholders/

左から
米国AirMap社のベン・マーカスCEO
楽天AirMapの向井秀明代表取締役CEO
楽天AirMapの蔭山貴之事業開発部長
千葉市 総合政策局 国家戦略特区担当局長の稲生勝義氏

この記事のライター

関連する投稿


米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

2018年12月3日-米国ワシントンDC。NASAに協力してUTMソリューションを開発しているANRA TECHNOLOGIES(米国)は、そのテクノロジーを英国に展開すると発表した。


楽天AirMap、ドローン操縦者向けアプリ「AirMap」のユーザーを対象に、「AirMap無償付帯賠償責任保険」を提供開始

楽天AirMap、ドローン操縦者向けアプリ「AirMap」のユーザーを対象に、「AirMap無償付帯賠償責任保険」を提供開始

楽天AirMap株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役CEO 向井 秀明、以下「楽天AirMap」)は本日、提供するドローン操縦者向けアプリ「AirMap」を利用する個人のユーザーを対象に、「AirMap無償付帯賠償責任保険(以下「保険」)(注1)」の提供を開始した。


HuaweiとUniflyがドローンの飛行管制システムで協力を発表

HuaweiとUniflyがドローンの飛行管制システムで協力を発表

深セン、中国 - 2018年6月11日 - 通信大手のHuawei Technologies Co.、Ltd(中国)とドローン管制システムのUnifly NV(ベルギー)は、UASトラフィック管理(UTM)システムの分野で協力する覚書に署名した。覚書では、研究開発とUTM市場に共同でアプローチする。


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


最新の投稿


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

2019年2月11日。航空機大手のエアバスは、自社のサイトで都市の航空移動(UAM)に関する民間への調査結果を公開した。最新の調査によれば、UAMへの期待は高まっているという。


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。