楽天AirMapが無人航空機管制(UTM)システム「AirMap」の提供を開始

楽天AirMapが無人航空機管制(UTM)システム「AirMap」の提供を開始

楽天AirMap株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役CEO 向井 秀明、以下「楽天AirMap」)は、空域管理者およびドローン操縦者向けのUTM(無人航空機管制)システム「AirMap」の提供を12月7日から開始すると発表した。


千葉市のドローンフィールドで楽天AirMapによる空域管理を開始

 楽天AirMapが提供するサービスは、空域管理者向けの「空域管理ダッシュボード」とドローンを飛行させるパイロット向けの専用アプリ「AirMap」の2種類。「空域管理ダッシュボード」は、地方自治体や広大な土地を所有する企業などが、飛行空域を管理するために利用するWebアプリケーション。画面に表示される地図から、管理したい空域を選び飛行条件などを登録する。発表会では、国内最初の利用者となる千葉市の法人向け「ドローンフィールド」が紹介された。同フィールドを管理する千葉市 総合政策局 国家戦略特区担当局長の稲生勝義氏が「空域管理ダッシュボード」で利用者の管理を行う」と説明した。
 また、今回の発表会のために来日した米国AirMap社のベン・マーカスCEOは、「AirMapが日本で使えるようになり、日本の空域管理者はドローンの飛行用にさらに空域を開放でき、複雑なドローンの操縦の飛行経路などを管理できます。UTMを通して、日本のドローン経済を支援できることを誇りに思う」と語った。
 楽天AirMapの向井秀明代表取締役CEOは、国内のドローン操縦者が飛行の申請や許可の有無などに苦労している現状を伝え、AirMapのサービスを開始することで、「空域情報を可視化し、安全かつ円滑なドローン運行の実現を目指す」と話す。
 「空域管理ダッシュボード」とiOSやAndroidスマートフォン用アプリのAirMapの利用は無料。楽天AirMapの収益モデルに関しては「サービスの提供を開始して、利用者からのフィードバックをもとに機能を強化し、有料化のモデルなどは今後、検討していく」と向井氏は説明する。また、他の空域管理サービスとの違いや優位性について「AirMapではSMSを介して空域管理者が飛行申請者にメッセージを送るなど、双方向のコミュニケーションを提供している点が強みになる」と述べた。

千葉市のドローンフィールドの情報は以下のURLから。
https://www.city.chiba.jp/sogoseisaku/sogoseisaku/tokku/tokku_dronefield.html

楽天AirMapに関する詳細は以下のURLから。
https://www.rakuten-airmap.co.jp/stakeholders/

左から
米国AirMap社のベン・マーカスCEO
楽天AirMapの向井秀明代表取締役CEO
楽天AirMapの蔭山貴之事業開発部長
千葉市 総合政策局 国家戦略特区担当局長の稲生勝義氏

この記事のライター

関連する投稿


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


 楽天AirMap、ドローンメーカーおよびアプリ開発者に向けたUTMシステムのプラットフォームを提供開始

楽天AirMap、ドローンメーカーおよびアプリ開発者に向けたUTMシステムのプラットフォームを提供開始

楽天AirMap株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役CEO:向井 秀明、以下「楽天AirMap」)は、ドローンメーカーおよびアプリ開発者を対象としUTM(無人航空機管制)システムのプラットフォームの提供を開始したと8月23日、発表した。


NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

米国時間の6月9日から、NASAはFAAと協力して「技術能力レベル2(TCL2)ナショナルキャンペーン」を実施した。米国の6つのサイトで、最新の無人航空機システム(UAS)の飛行管制(UTM)技術のテストを行った。


ドローン運行管理システムの現在--各国がテクノロジーを競う目視外飛行の実現

ドローン運行管理システムの現在--各国がテクノロジーを競う目視外飛行の実現

ドローン産業の発展に欠かすことの出来ない基盤と言っても過言ではないUTMについて、その重要性や、機能、取り組みを紹介する。


【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

Japan Drone 2017、2日目の基調講演は、アメリカ航空宇宙局(NASA) エイムズ・リサーチセンター シニアテクノロジストのパリマル・コパーデカー博士が、「低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について」ビデオで講演した。


最新の投稿


インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

株式会社インプレス(東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、 新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』を12月21日(木)より発売する。


インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

2017年12月13日。米国インテルは、Falcon8+ドローンを使いドイツのザクセン=アンハルトにあるハルバーシュタット大聖堂の外観や内部を撮影したと発表した。


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。