産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 産業用ドローン向けクラウドサービス「AEROBO Cloud」(エアロボクラウド)に、AI(人工知能)を用いて自動的に傷や劣化などを検出し、ドローン空撮画像を用いた点検作業のサポートを行う機能の提供を開始した。


点検エンジンがDeep Learning技術で検出の自動化と高精度化を実現

シート損傷の自動検出例

 エアロボクラウドは、ドローンを活用した測量や点検業務をサポートするクラウドサービス。大量の撮影データやフライトの管理、点群や 3D モデルを作成する写真測量処理などで、ドローンを活用した測量や点検業務をサポートする。
 新たに提供を開始したクラウド上での自動点検機能では、人手で判定した損傷を学習し、損傷の判定をクラウド上で自動化する。 その結果、昼間に撮影しアップロードすると、次の日の朝にはクラウド上でオルソ画像と点検結果がダウンロード可能となり、効率的な点検ワークフローを実現する。今回、点検エンジンを導入したことにより、人手に頼っていた従来のワークフローと比較して作業時間を約 60%を削減できたという。
 エアロボの点検エンジンでは、Deep Learning と呼ばれる機械学習の技術を利用して検出の自動化と高い精度を実現した。シート点検の例では、天候による光の加減や降雨による湿潤、土汚れなど多様な状態のシート画像から、補修が必要となるレベルの傷や劣化については 90%以上の精度で検出する。また、これまでエアロセンスでは空撮画像に Deep Learning をはじめとする画像解析手法を適用することで、自動車の検出およびカウント、エアロボマーカー(測量用マーカー)の自動検出による測量処理の全自動化など、価値ある情報の抽出、ワークフローの効率化に取り組んできた。エアロボマーカーとクラウドの自動連携では、空撮画像中に存在するマーカーを自動的に検出し、マーカーの測位結果とマッチングすることで、測量処理に必要なマーカー座標の入力を全て自動化している。
 エアロボ点検では、現在は RGB の空撮画像を用いたシート点検エンジンの提供を開始したが、今後は利用できるエンジンを随時拡充していく予定。RGB 以外にも赤外線画像を用いた点検、また地上面だけでなく壁面点検についても研究開発を進め、自動検出エンジンに限らず点検結果の確認を効率化するためのウェブブラウザ上での UI開発も進めているという。

エアロボマーカー自動検出例

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンスの新開発産業用ドローン AEROBO®「AS-MC03-T」2 月販売開始

エアロセンスの新開発産業用ドローン AEROBO®「AS-MC03-T」2 月販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、物資 輸送・点検・災害調査など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォームとし て、新たに飛行性能を上げ可搬性を増強した産業用ドローン「AS-MC03-T」を2月から発売する。


ドローンとAIのマッチングをサポートするNVIDIAの"Inception Connect"イベント

ドローンとAIのマッチングをサポートするNVIDIAの"Inception Connect"イベント

2019年1月28日。AIのリーディングカンパニーNVIDIA(東京都)は、AIスタートアップとAIソリューションを必要とする企業をつなげるイベントプログラム「Inception Connect」を都内で開催した。


自律制御のドローンと AI を連携した外観検査ソリューション

自律制御のドローンと AI を連携した外観検査ソリューション

2019年1月28日。日本マイクロソフト株式会社(東京都品川区)は、自社のブログで自律制御のドローンと AI を連携した外観検査ソリューションを上海とシアトルに本社を構えるスタートアップ企業 Clobotics が開発したと公開した。


【ドローン × AI】エアロセンスが取り組むAIを活用した除染シート点検

【ドローン × AI】エアロセンスが取り組むAIを活用した除染シート点検

エアロセンス(東京都)は、グーグル(東京都)が主催するGoogle Cloud メディアセミナーで、福島県で推進している除染シート点検におけるドローンとAI活用の状況を報告した。


エアロセンスのAEROBO® Marker が 2018 年度グッドデザイン賞を受賞

エアロセンスのAEROBO® Marker が 2018 年度グッドデザイン賞を受賞

エアロセンス株式会社(東京都文京区)の、AEROBO®Marker が 、2018 年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。


最新の投稿


テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる風力発電のブレード点検サービスを開始した。


エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

2019年3月15日。エアバスは、Skyways物流ドローンを使い、シンガポールで陸上から船舶への輸送試験を開始したと発表した。


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

一般社団法人セキュアドローン協議会(東京都港区、会長:春原 久徳)は、ドローンの業務活用におけるセキュリティ技術実装のための実証開発に取り組み、その技術をJapan Drone 2019の会場で公開した。


米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

Kittyhawk(米国)は、ドローンのナンバープレートにあたるリモートIDの登録を推奨するホワイトペーパーを自社のサイトで公開した。