産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 産業用ドローン向けクラウドサービス「AEROBO Cloud」(エアロボクラウド)に、AI(人工知能)を用いて自動的に傷や劣化などを検出し、ドローン空撮画像を用いた点検作業のサポートを行う機能の提供を開始した。


点検エンジンがDeep Learning技術で検出の自動化と高精度化を実現

シート損傷の自動検出例

 エアロボクラウドは、ドローンを活用した測量や点検業務をサポートするクラウドサービス。大量の撮影データやフライトの管理、点群や 3D モデルを作成する写真測量処理などで、ドローンを活用した測量や点検業務をサポートする。
 新たに提供を開始したクラウド上での自動点検機能では、人手で判定した損傷を学習し、損傷の判定をクラウド上で自動化する。 その結果、昼間に撮影しアップロードすると、次の日の朝にはクラウド上でオルソ画像と点検結果がダウンロード可能となり、効率的な点検ワークフローを実現する。今回、点検エンジンを導入したことにより、人手に頼っていた従来のワークフローと比較して作業時間を約 60%を削減できたという。
 エアロボの点検エンジンでは、Deep Learning と呼ばれる機械学習の技術を利用して検出の自動化と高い精度を実現した。シート点検の例では、天候による光の加減や降雨による湿潤、土汚れなど多様な状態のシート画像から、補修が必要となるレベルの傷や劣化については 90%以上の精度で検出する。また、これまでエアロセンスでは空撮画像に Deep Learning をはじめとする画像解析手法を適用することで、自動車の検出およびカウント、エアロボマーカー(測量用マーカー)の自動検出による測量処理の全自動化など、価値ある情報の抽出、ワークフローの効率化に取り組んできた。エアロボマーカーとクラウドの自動連携では、空撮画像中に存在するマーカーを自動的に検出し、マーカーの測位結果とマッチングすることで、測量処理に必要なマーカー座標の入力を全て自動化している。
 エアロボ点検では、現在は RGB の空撮画像を用いたシート点検エンジンの提供を開始したが、今後は利用できるエンジンを随時拡充していく予定。RGB 以外にも赤外線画像を用いた点検、また地上面だけでなく壁面点検についても研究開発を進め、自動検出エンジンに限らず点検結果の確認を効率化するためのウェブブラウザ上での UI開発も進めているという。

エアロボマーカー自動検出例

この記事のライター

関連する投稿


コマツとNVIDIAがドローンの活用も含めた建設現場におけるAIの導入で協業

コマツとNVIDIAがドローンの活用も含めた建設現場におけるAIの導入で協業

大手建設・鉱山機器メーカーの株式会社小松製作所(本社:東京都港区、代表取締役社長(兼)CEO:大橋徹二、以下:コマツ)は、建設現場の安全と生産性を高めていくために、ドローンの活用も含めて建設機器へのAI導入を目的にNVIDIAとの協業を発表した。


エアロセンスがAEROBO® SolarPower(エアロボソーラーパワー)ソリューション の提供を開始

エアロセンスがAEROBO® SolarPower(エアロボソーラーパワー)ソリューション の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 「AEROBO® Cloud」(エアロボクラウド)と自律飛行型ドローンを組み合わせた AEROBO®測量と AEROBO®点検をパッケージ化し、太陽光発電所の計画策定(地形測量)からパネル点検までをワンストップでサポートする。


マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検ソリューション

マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検ソリューション

日本マイクロソフトは都内で開催された開発者やCIO向けのイベントで、ノルウェーに本社があるeSmartSystems(イースマートシステム)が、マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検のソリューションを開発していると紹介した。


米スウィフト社のVTOL機Swift 020が日本で初フライト

米スウィフト社のVTOL機Swift 020が日本で初フライト

エアロセンス株式会社(東京都文区、代表取締役:谷口恵恒)と、スウィフト・エンジニアグ株式会社(カリフォル州サクレメンテ、代表取締役:リック ハイス)は、千葉でVTOL(垂直離着陸型固定翼)ドローンSwift 020の国内初となるデモフライトを11月7日に行った。


G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

10月12日から14日までの3日間。日本科学未来館(東京・お台場)で、G空間EXPO 2017が開催された。測位や測量技術を活用して、時間と場所を生活や産業に役立てる技術がG空間。G空間の情報を活用するために、最新の測量機器やドローンによるソリューションが展示されていた。


最新の投稿


インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

株式会社インプレス(東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、 新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』を12月21日(木)より発売する。


インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

2017年12月13日。米国インテルは、Falcon8+ドローンを使いドイツのザクセン=アンハルトにあるハルバーシュタット大聖堂の外観や内部を撮影したと発表した。


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。