画像処理・解析ソフトウェア「 Terra  Mapper 」が土地家屋調査で導入開始

画像処理・解析ソフトウェア「 Terra Mapper 」が土地家屋調査で導入開始

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷谷区 代表:徳重 徹、以下テラドローン)は、土地家屋調査士(以下、調査士)に向けて、ドローン測量に特化した画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper」の導入を開始した。


法務局へ提出する報告書への添付資料としても利用

 Terra Mapper は、ドローンで空撮した画像の三次元化から自動で不要物を除去し、土量計算や断面図の生成、等高線生成や三次元図面の取込など、簡易的な解析が可能なソフトウェア。測量に特化し、日本のユーザーのニーズに合わせた日本語表記や機能などを搭載し、ドローン測量の初心者にも手軽に使える。テラドローンによれば、整備されていない現場も多い土地家屋調査の測量においても、ドローンによる測量を導入する事例は増加する傾向にあるという。中でも、複数の写真から 3 次元化する機能を搭載した画像処理や解析ソフトウェアの導入事例も増えている。こうした背景から、 Terra Mapperの機能に注目し導入した調査士は「日本製で非常に使いやすくできている」とか「初期導入コストが安い」とか「オルソ画像が生成でき立ち入りの際の説明資料に役立つ」といった評価が得られている。

 Terra Mapper Desktopで生成したオルソ画像の例

 具体的な土地家屋調査における用途としては、点群生成機能によって生成したオルソ画像を、立ち入りの際の説明資料として利用したり、法務局へ提出する報告書への添付資料として利用できる。また、Terra Mapper Cloud 版の公図との重ね図機能を用いて、現場の境界線を事前に把握したり、立ち入りの際のわかりやすい説明手段としても活用できる。

Terra Mapper Cloudの重ね図機能のイメージ例

 テラドローンは今後も、土地家屋調査での活用だけではなく、様々な分野でニーズに合わせた Terra Mapper の活用を推進していく計画だ。



Terra Mapperの無料トライアルやセミナーなどの情報は、以下のサイトから確認できる。
https://mapper.terra-drone.net/

この記事のライター

最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。