画像処理・解析ソフトウェア「 Terra  Mapper 」が土地家屋調査で導入開始

画像処理・解析ソフトウェア「 Terra Mapper 」が土地家屋調査で導入開始

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷谷区 代表:徳重 徹、以下テラドローン)は、土地家屋調査士(以下、調査士)に向けて、ドローン測量に特化した画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper」の導入を開始した。


法務局へ提出する報告書への添付資料としても利用

 Terra Mapper は、ドローンで空撮した画像の三次元化から自動で不要物を除去し、土量計算や断面図の生成、等高線生成や三次元図面の取込など、簡易的な解析が可能なソフトウェア。測量に特化し、日本のユーザーのニーズに合わせた日本語表記や機能などを搭載し、ドローン測量の初心者にも手軽に使える。テラドローンによれば、整備されていない現場も多い土地家屋調査の測量においても、ドローンによる測量を導入する事例は増加する傾向にあるという。中でも、複数の写真から 3 次元化する機能を搭載した画像処理や解析ソフトウェアの導入事例も増えている。こうした背景から、 Terra Mapperの機能に注目し導入した調査士は「日本製で非常に使いやすくできている」とか「初期導入コストが安い」とか「オルソ画像が生成でき立ち入りの際の説明資料に役立つ」といった評価が得られている。

 Terra Mapper Desktopで生成したオルソ画像の例

 具体的な土地家屋調査における用途としては、点群生成機能によって生成したオルソ画像を、立ち入りの際の説明資料として利用したり、法務局へ提出する報告書への添付資料として利用できる。また、Terra Mapper Cloud 版の公図との重ね図機能を用いて、現場の境界線を事前に把握したり、立ち入りの際のわかりやすい説明手段としても活用できる。

Terra Mapper Cloudの重ね図機能のイメージ例

 テラドローンは今後も、土地家屋調査での活用だけではなく、様々な分野でニーズに合わせた Terra Mapper の活用を推進していく計画だ。



Terra Mapperの無料トライアルやセミナーなどの情報は、以下のサイトから確認できる。
https://mapper.terra-drone.net/

この記事のライター

最新の投稿


インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

株式会社インプレス(東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、 新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』を12月21日(木)より発売する。


インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

2017年12月13日。米国インテルは、Falcon8+ドローンを使いドイツのザクセン=アンハルトにあるハルバーシュタット大聖堂の外観や内部を撮影したと発表した。


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。