ドローン大学校がテラドローン認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座」開講

ドローン大学校がテラドローン認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座」開講

ドローン大学校はテラドローン株式会社認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座"ドローン大学校 3次元データ処理・解析プログラム"」を開校する。


Terra UTMとTerra MAPPERの2つのアプリケーションを運用できる講座

 ドローン大学校が今回開講する「Terra Mapper技能者認定証取得講座"ドローン大学校 3次元データ処理・解析プログラム"」は、ドローンの航行アプリケーション"Terra UTM"と ドローンで取得したデータの三次元化から詳細な解析までを行える測量向けアプリケーション"Terra MAPPER"の2つのアプリケーションを運用してドローン測量を行うことのできる知識と技術を講義 + 実技 + 検定で習得できる講座。 修了試験に合格することで「Terra Mapper技能者認定証」が交付される。

 現在 多くのドローン民間資格団体が設立され、 ドローン産業の発展と操縦士の育成を目指し多くのドローンスクールが開校しているが、 スクールを修了し民間資格を取得しても、 ドローンを活用した仕事に就くことは容易ではないのが現実となっている。 ドローンの高い操縦技術にだけでなく、 ドローンで空撮した画像から3次元データを生成・解析する知識と技術を身につけることは、 仕事の幅を広げることが期待できる。 今回の同校の講座は、土木や建設など多くの業界で求められる人材を育成するための取り組みとなる。

受講資格

1)すでに航空法などのドローンを安全に運航するための知識を有し、 ドローンによる10時間以上の飛行経歴があること。
2)DJI Phantom 4などのカメラ付きドローンと「Terra Mapper Desktop」 の利用が可能なPCを持参可能であること。

※土木・建設業界に限らず、 物流・災害救援・点検・農業など様々な産業で活躍したいと考えるドローン操縦士を幅広く募集する。

講座概要

【日程】
第1期生 2018年 1月26日(金)~27日(土) 定員15名募集

【1泊2日の合宿制】
◎1日目
 「Terra Mapper Desktop(無料トライアル版)」を持参のPCにインストールするところから講義が始まり、 操作方法について学ぶことができる。

◎2日目
 午前は、 実技実習
 午後は、 提示された課題を講師の指導なしで実施する修了検定を行う。
※修了検定合格者には後日、 テラドローン株式会社が認定する「Terra Mapper技能者認定証」が交付される。

◎受講金額
 受講料・宿泊費・食費(4回)・名古屋駅からの交通費を含め、 受講料は、 98,000円(税別)。
 
 ※受講料に含まれるもの
  ①Terra Mapper認定資格取得講座3次元データ処理・解析プログラム 受講料
  ②「Terra Mapper 技能者認定証」発行料
  ③名古屋駅~合宿地までの交通費
  ④合宿宿泊費(1泊1名1室)
  ⑤食費(4食)
  ⑥修了式(特別講義)受講料

【合宿施設】
ドローンの自動航行から、 画像処理、 画像解析までの一連のワークフローを1ヵ所の施設でできるよう、 ドローン測量に適したドローン飛行可能エリアと宿泊施設を備えた三重県内の研修施設で合宿を行う。

【受講条件】
❶ JUIDAなどドローンの民間資格を取得された方、 または10時間以上の無人航空機(ドローン)による飛行経歴がある人。

❷ DJI PHANTOM 4などの4K画質が撮影可能なドローンを用意できる人。

❸ 以下のスペックのPCを用意できる人。
・Windows10 64ビット
・Core i7プロセッサー 第6世代以降
・16 GBのRAM
・NVIDIA GTX960以上
・SSD 256 GB + HDD 1 TB

*❷❸を所有していない方には有料レンタルのご用意もある。

【 ドローン大学校 Terra Mapper認定資格取得講座「3次元データ処理・解析プログラム」無料説明会 】

日時 第1回 12月08日(金)15:00~17:00
   第2回 12月17日(日)10:00~12:00
   第3回 12月18日(月)15:00~17:00
   第4回 01月11日(木)15:00~17:00
   第5回 01月20日(土)15:00~17:00

会場
〒450-6321
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 SPACES JPタワー名古屋(JPタワー名古屋 21階)
ドローン大学校 名古屋キャンパス



無料説明会お申込  https://dronecollege.ac/3d-data-analysis

この記事のライター

関連する投稿


テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

2018年7月に発生した西日本豪雨は、西日本を中心に、河川の氾濫や洪水に土砂災害など多くの被害をもたらした。復興に向けて国土交通省は、テラドローン(東京)にドローンによるレーザー計測を依頼し、被災地の正確な状況を収集している。


テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、屋根点検ソリューションとして“TERRA ROOFER”の提供を9月13日から開始


テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


テラドローン、ドローンを用いた交通量計測システムを開発

テラドローン、ドローンを用いた交通量計測システムを開発

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン用いた交通量計測ソフトウェアを開発致し、 汎用ドローンによる空中でビデオ撮影することで、交通量計測を低コストかつ自動的に実現した。


東急不動産とテラドローンがドローンでAEDを一般住宅の庭先に搬送

東急不動産とテラドローンがドローンでAEDを一般住宅の庭先に搬送

東急不動産ホールディングス株式会社(東京都港区)は、東急不動産R&Dセンターとテラドローン、日本AED財団などが協力し、ゴルフ場に面した一般住宅の庭にドローンによるAED搬送実験を実施した。


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。