ブイキューブロボティクス、「世界防災フォーラム」(仙台市)で防災用「セルラードローン(R)」と「DRONEBOX」を紹介

ブイキューブロボティクス、「世界防災フォーラム」(仙台市)で防災用「セルラードローン(R)」と「DRONEBOX」を紹介

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、「世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017」に11月27日参加、防災用「セルラードローン(R)」「DRONEBOX」を紹介した。


展示されたDRONEBOX(左)と防災セルラードローン

東日本大震災に関する知見を世界発信する 「世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台」(World Bosai Forum / International Disaster Risk Conference in Sendai)(以下、 「世界防災フォーラム」)が、アジアを中心とした世界40カ国以上から防災の専門家や民間活動団体(NGO)など約900人が参加して11月25日〜28日の4日間、宮城県仙台市の仙台国際センターを中心に開かれた。
 ブイキューブロボティクスは、世界防災フォーラムとの併催となる「ぼうさいこくたい(防災推進国民大会)」会場で、 これまで同社が技術提供して仙台市で行った実証実験の実施を担当してきた防災用「セルラードローン(R)」と、 商用サービスとして先日リリースした全自動運用ドローンシステム「DRONEBOX(ドローンボックス)」の展示を行った。
 DRONEBOXについては同社の 出村太晋代表から、 災害発生時に人を危険にさらすことなく発災直後の状況を把握・対応意思決定が出来る全自動運用ドローンの大きな提供価値を、 多くの来場者に伝えた。
 防災セルラードローンについては、 これまで仙台市で行ってきた「津波避難広報」「冬山遭難者捜索支援」「緊急時医薬品搬送」といった実証実験で使用した、 機体の制御や映像の伝送にLTE通信を用いて、 様々な災害対策業務を行うことが出来るドローンであることを強調。
 DRONEBOXはドローンの自動離着陸や自動充電に対応する基地が一体となったシステム。あらかじめ設定されたルートへの自動飛行や、 画像・映像の撮影が可能なため、 大規模な災害が発生した際など、 人が危険な被災現場に赴くことなく、 自動的に災害対策業務を遂行することが可能となることを説明した。

※「セルラードローン」は(株)NTTドコモの登録商標です。

■世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017
http://www.worldbosaiforum.com/

この記事のライター

関連する投稿


ブイキューブロボティクス、総額約12億円の資金調達を実施 「センシンロボティクス(SENSYN ROBOTICS)」へ社名変更

ブイキューブロボティクス、総額約12億円の資金調達を実施 「センシンロボティクス(SENSYN ROBOTICS)」へ社名変更

 全自動ドローン運用サービス「ドローンボックス」など、企業、自治体向けロボティクスソリューションを手掛ける株式会社ブイキューブロボティクス(東京)は6月29日、総額約 12 億円の資金調達を実施し、 7 月 1 日に社名を「式会社センシンロボテ ィクス(SENSYN ROBOTICS)」に変更すると発表した。


ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクスと、株式会社 NTTデータが業務提携契約を締結。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスは、熊本県・大分県の震災復興のため発足した「食農グリーンツーリズム」による支援プロジェクトに参加し、摘みたていちごを農園から宿泊施設にドローンで空輸する「ドローンを活用したいちごの空輸実証実験」を実施した。


ブイキューブロボティクス、無人航空機(ドローン)操縦者向けオンライン学科講習サービスを開始

ブイキューブロボティクス、無人航空機(ドローン)操縦者向けオンライン学科講習サービスを開始

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、無人航空機(ドローン)操縦者向けにオンライン学科講習サービスを開始した。


最新の投稿


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。