米アマゾンが空中分解するドローンの特許を取得

米アマゾンが空中分解するドローンの特許を取得

米国時間2017年11月28日。米アマゾンは、UAVの断片化の指示に関する米国特許(9,828,097)を取得した。飛行中のドローンが自己の危険を察知して機体の部品を切り離す制御システムの特許になる。


フライトコントローラーの付加価値となるフラグメンテーションコントローラー特許

飛行中に断片化された部品を落下させるイメージ

 米アマゾンが取得した特許は、ドローンのフライトコントローラーに新たな制御システムを付加するアイディア。従来の飛行制御に加えて、フラグメンテーションコントローラーと呼ばれる新しい制御システムの組込みを特許にした。フラグメンテーションコントローラーは、飛行経路の気象条件や地形分析などの情報をリアルタイムで解析して、もしも飛行中にドローンに対して深刻なトラブルが発生したときに、あらかじめ設定された機体のフラグメンテーション(断片化)ロジックに従って、対象となる部品の一部や配送品、あるいは機体の不時着などを自動制御する。同社はこれまでにも、ドローンの飛行に関する各種の特許を取得してきたが、今回のフラグメンテーションコントローラーは、ドローンの制御中枢に位置する重要な技術。同コントローラーは、機体の制御データだけではなく、気象や地形など飛行に関連する多様な環境データを収集し分析し、分解を判断する頭脳にあたる機能を担う。安全な飛行のために、SLAMによる環境認識とAIによる判断を組み合わせた制御システムは、各社から提唱されているが、フラグメンテーションコントローラーは、物流を想定したドローンにとって、荷物の安全性を担保する重要な技術となる。仮に、このフラグメンテーションコントローラーの有用性が検証され実用化に至り、将来的に各国のドローン空輸を審査する機関の「機体認可」における選定条件の1つになれば、同コントローラーのアイディア特許は、大きな利益につながる可能性もある。ドローンの飛行だけではなく、空輸に取り組む米アマゾンならではの発想といえる。

フラグメンテーションコントローラーの構成イメージ

この記事のライター

最新の投稿


インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

株式会社インプレス(東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、 新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』を12月21日(木)より発売する。


インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

2017年12月13日。米国インテルは、Falcon8+ドローンを使いドイツのザクセン=アンハルトにあるハルバーシュタット大聖堂の外観や内部を撮影したと発表した。


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。