米アマゾンが空中分解するドローンの特許を取得

米アマゾンが空中分解するドローンの特許を取得

米国時間2017年11月28日。米アマゾンは、UAVの断片化の指示に関する米国特許(9,828,097)を取得した。飛行中のドローンが自己の危険を察知して機体の部品を切り離す制御システムの特許になる。


フライトコントローラーの付加価値となるフラグメンテーションコントローラー特許

飛行中に断片化された部品を落下させるイメージ

 米アマゾンが取得した特許は、ドローンのフライトコントローラーに新たな制御システムを付加するアイディア。従来の飛行制御に加えて、フラグメンテーションコントローラーと呼ばれる新しい制御システムの組込みを特許にした。フラグメンテーションコントローラーは、飛行経路の気象条件や地形分析などの情報をリアルタイムで解析して、もしも飛行中にドローンに対して深刻なトラブルが発生したときに、あらかじめ設定された機体のフラグメンテーション(断片化)ロジックに従って、対象となる部品の一部や配送品、あるいは機体の不時着などを自動制御する。同社はこれまでにも、ドローンの飛行に関する各種の特許を取得してきたが、今回のフラグメンテーションコントローラーは、ドローンの制御中枢に位置する重要な技術。同コントローラーは、機体の制御データだけではなく、気象や地形など飛行に関連する多様な環境データを収集し分析し、分解を判断する頭脳にあたる機能を担う。安全な飛行のために、SLAMによる環境認識とAIによる判断を組み合わせた制御システムは、各社から提唱されているが、フラグメンテーションコントローラーは、物流を想定したドローンにとって、荷物の安全性を担保する重要な技術となる。仮に、このフラグメンテーションコントローラーの有用性が検証され実用化に至り、将来的に各国のドローン空輸を審査する機関の「機体認可」における選定条件の1つになれば、同コントローラーのアイディア特許は、大きな利益につながる可能性もある。ドローンの飛行だけではなく、空輸に取り組む米アマゾンならではの発想といえる。

フラグメンテーションコントローラーの構成イメージ

この記事のライター

最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。