ドローンによる災害調査と防災活用  産学官エキスパートが集結するフォーラムを東京で開催  出展スポンサー募集開始

ドローンによる災害調査と防災活用  産学官エキスパートが集結するフォーラムを東京で開催  出展スポンサー募集開始

合同会社スパーポイントリサーチは、災害対策におけるUAV(ドローン)の活躍を高めるためのイベント『第2回 UAV活用フォーラム ― 災害調査・救援、防災・減災への活用 ―』を、2016年11月21日(月)・22(火)、東京・大田区産業プラザにて開催する。


併せて、ドローン関連ハードウェア・ソフトウェア・サービスなどの出展スポンサーの募集を開始した。

【開催背景・詳細】
近年わが国では、毎年のごとく大災害が発生し、その対策としての「防災・減災・救済」が国を挙げでの喫緊の課題になってきています。この2年ほどで急速に普及し始めたUAV(Unmanned Aerial Vehicle/ドローン)が、その中で重要な役割を担い始めています。
 また災害防止としての社会インフラ土木構造物の維持管理、IT活用によるi-Construction技術が急速に進歩してきました。

当社は、災害対応・防災技術や情報の社会への普及は、基本的にボランティアとして活動すべきと認識しています。関連ハードウェア・ソフトウェア・サービスでビジネスを行う方に、こうした活動への資金援助をいただき、ユーザニーズの生の声を入手し、商品開発に反映していただく場を設けております。

本フォーラムは、産官学のそれぞれの立場でのエキスパートの方による講演と、展示・情報交換の場です。
基調講演には、東京大学大学院教授(航空宇宙工学専攻)の鈴木 真二氏や、京都大学名誉教授・関西大学教授の河田 惠昭氏らを招き、「防災・減災・救済」について発表いただきます。

●鈴木 真二氏:数多くのドローン関連団体の国交省の意向を受けた中核的な団体 JUIDA(日本UAS産業振興協議会)の会長。運転資格認定組織の大元締めでもある。
●河田 惠昭氏:京都大学 現職時代から、わが国の災害問題・行政への指導をなされてきた重鎮。

▼発表一覧
https://www.atpress.ne.jp/releases/111395/att_111395_2.pdf

【開催概要】
開催日:2016年11月21日(月)10:30~17:00、22日(火)9:30~17:00
場所 :大田区産業プラザ
    〒144-0035 東京都大田区南蒲田1丁目20-20
    京急蒲田駅 徒歩3分
主催 :合同会社スパーポイントリサーチ

*21日(月)17:00~19:30に「交流会」を開催します。情報交換・人脈形成の場となるよう、全員フルネームの名札をつけて、ご参加いただきます。

▼スポンサー案内・出展概要
https://www.atpress.ne.jp/releases/111395/att_111395_3.pdf


【会社概要】
合同会社スパーポイントリサーチは、米国および英国で発行される、関連メールマガシンの和文抄訳を毎週フリーで発行、年間行事として(1) 「3次元計測フォーラム」(第13回は2017年6月14・15日)、(2) 「UAV活用フォーラム」、(3) 「プラント3次元計測フォーラム」(第4回は2016年12月9日)などを開催しております。
今後とも、ボランティアとして、エンジニアリングの3次元化に貢献していきます。

企業名 : 合同会社スパーポイントリサーチ
所在地 : 〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川5-7-8
代表  : 河村 幸二
事業内容: 3次元計測とドローンに関する調査、フォーラム開催、
      メールマガジン発行。
      本部は米国ボストン近郊、ヨーロッパ含めた世界3拠点で活動。
URL   : http://www.sparj.com
     [米国本部] http://www.spar3d.com/

情報提供元:@press
https://www.atpress.ne.jp/news/111395

この記事のライター

関連するキーワード


災害 防災 フォーラム

関連する投稿


リアルグローブとEDAC、 Hec-Eye(TM)(ヘックアイ)でUTM連携し、 ドローンを活用した災害対応実証に成功

リアルグローブとEDAC、 Hec-Eye(TM)(ヘックアイ)でUTM連携し、 ドローンを活用した災害対応実証に成功

株式会社リアルグローブと一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会は、業務コミュニケーションツールであるHec-Eye(TM)(ヘックアイ)をUTMと連携して、要救助者を捜索する実証に成功したと発表した。


仙台市とノキアが連携協定 防災、減災でドローン含む最新技術を活用

仙台市とノキアが連携協定 防災、減災でドローン含む最新技術を活用

 無線や通信インフラの大手、ノキア(フィンランド)の日本法人、ノキアソリューションズ&ネットワークス(東京)は、仙台市と「IT技術を活用したまちづくり」などで連携協定を結ぶことになり、10月17日、仙台市役所で締結式を行った。仙台市の防災・減災の取り組みにノキア側がドローンを含む最新技術を提供することなどで協力する。


ドローン駆使し実践訓練  麻生警察署で初の試み

ドローン駆使し実践訓練 麻生警察署で初の試み

 神奈川県警麻生警察署(川崎市、田中正博署長)は、ドローンを使った大震災を想定した総合訓練を9月1日に行った。神奈川県全域・東京多摩地域の情報紙・タウンニュースが伝えた。


高層ビル街の防災にもドローン 工学院大など「チーム・新宿」が推進

高層ビル街の防災にもドローン 工学院大など「チーム・新宿」が推進

 人口密集地や高層ビル街は、想定されるドローンの活用エリアとして少数派だ。その中にあって工学院大学などの取り組みは目立つ。同大学がキャンパスを構える東京・新宿駅周辺エリアの防災活動支援技術を開発する一環として、ドローンを取り入れる実験を展開しているのだ。2月には飛行実験を新宿の公園で実施。今後も実験と検証を重ねる。


火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

救助活動や災害現場で活躍するといわれているドローンだが、ニューヨーク市消防局ことFDNY(Fire Department of the City of New York)では、公式認定されたドローンと専用の運用システムの現場活用をすでに始めている。


最新の投稿


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。


半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

東京ビッグサイトで2017年12月13日から15日までの3日間にわたって開催されたマイクロエレクトロニクス国際展示会のSEMICON Japan 2017に、ドローン・ジャパンが企画したドローン特別展示が開設された。