ドローンによる災害調査と防災活用  産学官エキスパートが集結するフォーラムを東京で開催  出展スポンサー募集開始

ドローンによる災害調査と防災活用  産学官エキスパートが集結するフォーラムを東京で開催  出展スポンサー募集開始

合同会社スパーポイントリサーチは、災害対策におけるUAV(ドローン)の活躍を高めるためのイベント『第2回 UAV活用フォーラム ― 災害調査・救援、防災・減災への活用 ―』を、2016年11月21日(月)・22(火)、東京・大田区産業プラザにて開催する。


併せて、ドローン関連ハードウェア・ソフトウェア・サービスなどの出展スポンサーの募集を開始した。

【開催背景・詳細】
近年わが国では、毎年のごとく大災害が発生し、その対策としての「防災・減災・救済」が国を挙げでの喫緊の課題になってきています。この2年ほどで急速に普及し始めたUAV(Unmanned Aerial Vehicle/ドローン)が、その中で重要な役割を担い始めています。
 また災害防止としての社会インフラ土木構造物の維持管理、IT活用によるi-Construction技術が急速に進歩してきました。

当社は、災害対応・防災技術や情報の社会への普及は、基本的にボランティアとして活動すべきと認識しています。関連ハードウェア・ソフトウェア・サービスでビジネスを行う方に、こうした活動への資金援助をいただき、ユーザニーズの生の声を入手し、商品開発に反映していただく場を設けております。

本フォーラムは、産官学のそれぞれの立場でのエキスパートの方による講演と、展示・情報交換の場です。
基調講演には、東京大学大学院教授(航空宇宙工学専攻)の鈴木 真二氏や、京都大学名誉教授・関西大学教授の河田 惠昭氏らを招き、「防災・減災・救済」について発表いただきます。

●鈴木 真二氏:数多くのドローン関連団体の国交省の意向を受けた中核的な団体 JUIDA(日本UAS産業振興協議会)の会長。運転資格認定組織の大元締めでもある。
●河田 惠昭氏:京都大学 現職時代から、わが国の災害問題・行政への指導をなされてきた重鎮。

▼発表一覧
https://www.atpress.ne.jp/releases/111395/att_111395_2.pdf

【開催概要】
開催日:2016年11月21日(月)10:30~17:00、22日(火)9:30~17:00
場所 :大田区産業プラザ
    〒144-0035 東京都大田区南蒲田1丁目20-20
    京急蒲田駅 徒歩3分
主催 :合同会社スパーポイントリサーチ

*21日(月)17:00~19:30に「交流会」を開催します。情報交換・人脈形成の場となるよう、全員フルネームの名札をつけて、ご参加いただきます。

▼スポンサー案内・出展概要
https://www.atpress.ne.jp/releases/111395/att_111395_3.pdf


【会社概要】
合同会社スパーポイントリサーチは、米国および英国で発行される、関連メールマガシンの和文抄訳を毎週フリーで発行、年間行事として(1) 「3次元計測フォーラム」(第13回は2017年6月14・15日)、(2) 「UAV活用フォーラム」、(3) 「プラント3次元計測フォーラム」(第4回は2016年12月9日)などを開催しております。
今後とも、ボランティアとして、エンジニアリングの3次元化に貢献していきます。

企業名 : 合同会社スパーポイントリサーチ
所在地 : 〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川5-7-8
代表  : 河村 幸二
事業内容: 3次元計測とドローンに関する調査、フォーラム開催、
      メールマガジン発行。
      本部は米国ボストン近郊、ヨーロッパ含めた世界3拠点で活動。
URL   : http://www.sparj.com
     [米国本部] http://www.spar3d.com/

情報提供元:@press
https://www.atpress.ne.jp/news/111395

この記事のライター

関連するキーワード


災害 防災 フォーラム

関連する投稿


仙台市とノキアが連携協定 防災、減災でドローン含む最新技術を活用

仙台市とノキアが連携協定 防災、減災でドローン含む最新技術を活用

 無線や通信インフラの大手、ノキア(フィンランド)の日本法人、ノキアソリューションズ&ネットワークス(東京)は、仙台市と「IT技術を活用したまちづくり」などで連携協定を結ぶことになり、10月17日、仙台市役所で締結式を行った。仙台市の防災・減災の取り組みにノキア側がドローンを含む最新技術を提供することなどで協力する。


ドローン駆使し実践訓練  麻生警察署で初の試み

ドローン駆使し実践訓練 麻生警察署で初の試み

 神奈川県警麻生警察署(川崎市、田中正博署長)は、ドローンを使った大震災を想定した総合訓練を9月1日に行った。神奈川県全域・東京多摩地域の情報紙・タウンニュースが伝えた。


高層ビル街の防災にもドローン 工学院大など「チーム・新宿」が推進

高層ビル街の防災にもドローン 工学院大など「チーム・新宿」が推進

 人口密集地や高層ビル街は、想定されるドローンの活用エリアとして少数派だ。その中にあって工学院大学などの取り組みは目立つ。同大学がキャンパスを構える東京・新宿駅周辺エリアの防災活動支援技術を開発する一環として、ドローンを取り入れる実験を展開しているのだ。2月には飛行実験を新宿の公園で実施。今後も実験と検証を重ねる。


火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

救助活動や災害現場で活躍するといわれているドローンだが、ニューヨーク市消防局ことFDNY(Fire Department of the City of New York)では、公式認定されたドローンと専用の運用システムの現場活用をすでに始めている。


東京都あきる野市がDJIの災害対策ソリューションを活用、DJI Storiesで紹介

東京都あきる野市がDJIの災害対策ソリューションを活用、DJI Storiesで紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:呉 韜)は、 東京都あきる野市(市長:澤井敏和)が、 自然災害に対応するため、 DJIの災害対策ソリューションを活用したと発表、 実際の訓練の状況や市職員の声を収録した活用事例動画DJI Stories「自動飛行で進化する災害対策」を公開した。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。