プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

株式会社プロドローンは、KDDI株式会社と、新潟県長岡市の協力のもと、4G LTEのモバイル通信ネットワークを活用し(注1)、「3次元地図」、「ドローンポート」を用いた「スマートドローン」の完全自律飛行実験を実施した。


 この実験では、離陸地点から、自動充電可能な「ドローンポート」を経由し、ニシキゴイを養殖する棚池での薬剤散布後に着陸地点に帰還するまでの総距離約6.3kmの長距離飛行に世界で初めて成功(注2)した。

 PRODRONEとKDDIはモバイル通信ネットワークを活用した、スマートドローンによる安全な長距離自律飛行が可能となるインフラの構築を目指している。この実証実験は、そのために必要な「3次元地図」による安全な飛行高度の設定と、「ドローンポート」による自動充電に関する実験であり、これらを活用することで、ドローンの長距離自律飛行が技術的に可能であることを確認した。

三次元地図

ドローンポート

棚池の薬剤散布

■実証実験の背景
 実証実験を行った新潟県長岡市山古志村は、ニシキゴイ発祥の地であり日本有数のニシキゴイ養鯉地となっている。こまめな給餌や寄生虫除去のための薬剤散布、いけすの管理や保守などに手間と労力がかかる。特に、美しく大きなニシキゴイを育成するために欠かせない寄生虫除去の薬剤散布は、棚池をボートで満遍なく移動しながら散布するため、時間と労力がかかるという課題がある。

■実証実験内容
1)「三次元地図」の安全な飛行高度の設定
 実証実験で用いた三次元地図は、モバイル通信ネットワークを活用した安全なドローン飛行を実現する「スマートドローンプラットフォーム」の開発について業務提携した、株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)、株式会社テラドローン(東京都渋谷区)と共同で開発をした。ドローンの自律飛行に「3次元地図」を用いることで、安全な飛行高度を自動設定し、山や丘など地形の高度差や、ビルなどの障害物を把握可能にし、今回の実験では100m以上の高低差の自動判別に成功した。

2)「ドローンポート」の自動充電
 また「ドローンポート」は、PRODRONEが開発した画像認識による自動着陸機能により、目的の場所に正確に着陸し、自動充電を開始する。充電完了を感知した機体が自動離陸することより、ドローンポートを介しての長距離自動飛行が可能になる。

■今後のビジネス展開
 今回の実験では、散布場所を設定するだけで高度を自動設定し、効率的な農薬散布が出来ることがわかった。今後、この技術を用い、モバイル通信ネットワークを活用したスマートドローンの長距離自律飛行インフラが整理されれば、農地監視や農薬散布などの農業分野だけではなく、地形や設備の測量、施設の警備、災害状況の把握、遠隔地への配送など、さまざまな分野での活用が期待される。

「4G LTE運航管理システム」、およびKDDIのスマートドローンへの取り組みの詳細は、スマートドローンHP( http://smartdrone.kddi.com )を参照のこと。
 注1)ドローンの制御やデータ伝送には通常は2.4GHz帯(ISMバンド)を利用しますが、LTE通信モジュールをドローンに搭載する場合は、既設の無線局等の運用等に支障を与えない範囲で、KDDIが実用に移す目的で試験的に開設する無線局(実用化試験局)として利用する。また、ドローンの飛行は実用化試験局の試験計画に基づき実施している。

 注2)テラドローン調べ。モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用し、充電ポートへの自動離発着を含む完全自律飛行として初。

情報提供元:株式会社プロドローン
https://www.prodrone.jp/archives/3411/

この記事のライター

関連する投稿


KDDIが国内初の「空飛ぶ基地局」の実証実験に成功

KDDIが国内初の「空飛ぶ基地局」の実証実験に成功

KDDI株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中孝司)は、株式会社KDDI総合研究所と「無人航空機型基地局 (ドローン基地局)、以下ドローン基地局」を開発し、実証実験に成功したと発表した。


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。


ドローン大学校がテラドローン認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座」開講

ドローン大学校がテラドローン認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座」開講

ドローン大学校はテラドローン株式会社認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座"ドローン大学校 3次元データ処理・解析プログラム"」を開校する。


プロドローンがEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン「チャレンジング・スピリット部門」で大賞受賞

プロドローンがEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン「チャレンジング・スピリット部門」で大賞受賞

株式会社プロドローンの代表取締役社長・河野雅一は、11月28日に開催された「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン」(以下、EOY JAPAN)において、チャレンジング・スピリット部門の大賞を受賞した。


【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

PwCコンサルティング合同会社(東京)が主催するビジネスコンテスト「ドローン・ソリューション・マッチング」の決勝チーム4組が、首都高速道路株式会社、PwCコンサルティング、ドローンタイムズの審査員を前に、4分間のプレゼンテーションを披露した。


最新の投稿


インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

株式会社インプレス(東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、 新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』を12月21日(木)より発売する。


インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

2017年12月13日。米国インテルは、Falcon8+ドローンを使いドイツのザクセン=アンハルトにあるハルバーシュタット大聖堂の外観や内部を撮影したと発表した。


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。