プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

株式会社プロドローンは、KDDI株式会社と、新潟県長岡市の協力のもと、4G LTEのモバイル通信ネットワークを活用し(注1)、「3次元地図」、「ドローンポート」を用いた「スマートドローン」の完全自律飛行実験を実施した。


 この実験では、離陸地点から、自動充電可能な「ドローンポート」を経由し、ニシキゴイを養殖する棚池での薬剤散布後に着陸地点に帰還するまでの総距離約6.3kmの長距離飛行に世界で初めて成功(注2)した。

 PRODRONEとKDDIはモバイル通信ネットワークを活用した、スマートドローンによる安全な長距離自律飛行が可能となるインフラの構築を目指している。この実証実験は、そのために必要な「3次元地図」による安全な飛行高度の設定と、「ドローンポート」による自動充電に関する実験であり、これらを活用することで、ドローンの長距離自律飛行が技術的に可能であることを確認した。

三次元地図

ドローンポート

棚池の薬剤散布

■実証実験の背景
 実証実験を行った新潟県長岡市山古志村は、ニシキゴイ発祥の地であり日本有数のニシキゴイ養鯉地となっている。こまめな給餌や寄生虫除去のための薬剤散布、いけすの管理や保守などに手間と労力がかかる。特に、美しく大きなニシキゴイを育成するために欠かせない寄生虫除去の薬剤散布は、棚池をボートで満遍なく移動しながら散布するため、時間と労力がかかるという課題がある。

■実証実験内容
1)「三次元地図」の安全な飛行高度の設定
 実証実験で用いた三次元地図は、モバイル通信ネットワークを活用した安全なドローン飛行を実現する「スマートドローンプラットフォーム」の開発について業務提携した、株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)、株式会社テラドローン(東京都渋谷区)と共同で開発をした。ドローンの自律飛行に「3次元地図」を用いることで、安全な飛行高度を自動設定し、山や丘など地形の高度差や、ビルなどの障害物を把握可能にし、今回の実験では100m以上の高低差の自動判別に成功した。

2)「ドローンポート」の自動充電
 また「ドローンポート」は、PRODRONEが開発した画像認識による自動着陸機能により、目的の場所に正確に着陸し、自動充電を開始する。充電完了を感知した機体が自動離陸することより、ドローンポートを介しての長距離自動飛行が可能になる。

■今後のビジネス展開
 今回の実験では、散布場所を設定するだけで高度を自動設定し、効率的な農薬散布が出来ることがわかった。今後、この技術を用い、モバイル通信ネットワークを活用したスマートドローンの長距離自律飛行インフラが整理されれば、農地監視や農薬散布などの農業分野だけではなく、地形や設備の測量、施設の警備、災害状況の把握、遠隔地への配送など、さまざまな分野での活用が期待される。

「4G LTE運航管理システム」、およびKDDIのスマートドローンへの取り組みの詳細は、スマートドローンHP( http://smartdrone.kddi.com )を参照のこと。
 注1)ドローンの制御やデータ伝送には通常は2.4GHz帯(ISMバンド)を利用しますが、LTE通信モジュールをドローンに搭載する場合は、既設の無線局等の運用等に支障を与えない範囲で、KDDIが実用に移す目的で試験的に開設する無線局(実用化試験局)として利用する。また、ドローンの飛行は実用化試験局の試験計画に基づき実施している。

 注2)テラドローン調べ。モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用し、充電ポートへの自動離発着を含む完全自律飛行として初。

情報提供元:株式会社プロドローン
https://www.prodrone.jp/archives/3411/

この記事のライター

関連する投稿


Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

テラドローン株式会社が、開発・販売するドローン測量画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper デスクトップ版」が、i-Construction型 出来形管理対応ソフトウェアとして写真測量ソフトウェアだけでなく、点群処理ソフトウェアとしても認定された。


KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDIは、東京大学、トライポッドワークス、プロドローンと共同で、6月8日、災害救助や撮影サービスなどに活用できる次世代移動通信システム5Gからのリアルタイム4K映像伝送実験に成功したと発表した。


Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

テラドローン株式会社は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」(通称「IT導入補助金」)において、「IT導入支援事業者」に認定された。


NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は5月30日、ドローンなど無人航空機の新たな安全評価基準の研究開発に着手すると発表した。東京大学、イームズロボティクスなど6者による共同提案を採択する方針となった。今後、各メーカーが独自に取り組んでいる安全対策の性能をどう評価するか、などを検討する。


KDDIが5Gによるドローン空撮のリアルタイム映像配信を展示

KDDIが5Gによるドローン空撮のリアルタイム映像配信を展示

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、ワイヤレスジャパンの展示コーナーで、ドローンで空撮した360°映像をVR(仮想現実)ゴーグルで体験するデモンストレーションを披露していた。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。