【橋梁・トンネル技術展】東京メトロと「わくわく」デートを成し遂げた「MetroDrone」

【橋梁・トンネル技術展】東京メトロと「わくわく」デートを成し遂げた「MetroDrone」

PwCコンサルティング合同会社(東京)が主催するビジネスコンテスト「ドローン・ソリューション・マッチング」の決勝チーム3組が、東京メトロ(東京地下鉄株式会社)PwCコンサルティング、ドローンタイムズの審査員を前に、4分間のプレゼンテーションを披露した。


東京メトロの地下空間で活躍するドローンを求めて

PwC的パンチdeデートで、東京メトロの心を射止めたLiberaware社の「メトロドローン」。4分間のプレゼンを行う閔弘圭代表取締役。

 コンテストの本選に臨んだのは、以下の3社。

●株式会社Liberaware
 http://liberaware.co.jp/
●カーシエル株式会社
 https://www.carciel.com
●株式会社スカイスコープソリューションズ
 http://skyscope-sol.co.jp

 株式会社Liberawareは、自社で開発した200g以下の高性能な「メトロドローン」を紹介した。フライトコントローラーから機体、そして点検用のソリューションまで、すべてを自社で開発したオリジナルのドローン。高性能なセンサーやカメラを搭載し、狭く暗い空間でも自律飛行で点検し、結果をレポートにするまでをワンストップで提供するという。
 続くカーシエル株式会社は、NEVA Aerospace社のVTOL型ドローンを提案し、地下に仮想的なGPSメソッドを導入することで、1~5cmの誤差で飛行させるという。また機体は2kgのペイロードがあるので、点検の用途に合わせたカメラやセンサーなどの組み換えが可能で、複数の機体を配備することで、24時間の連続稼働も実現する計画。
 最後の株式会社スカイスコープソリューションズは、ACSL製のPF1-Visionをベースに、PHASE ONE製の1億画素の点検ソリューションを組み合わせることで、0.1mmまでの精度でひび割れを検出できると話した。また狭い場所などには、別途に下水道用に開発している小型のドローンを利用できるとも補足した。

 三社ともに魅力あふれるプレゼンテーションを展開し、審査員も選定には時間がかかったが、最終的には「わくわく」感の高さが評価されて、Liberaware社の「メトロドローン」が選ばれた。選定にあたった東京地下鉄株式会社鉄道本部工務部土木課の今泉直哉課長補佐は「現場の担当者も興味を示すと思い、一緒になってわくわくするソリューションを構築できるのではないかと期待して選びました」と語った。

オープニングで場を盛り上げるPwCコンサルティング合同会社の寺本勝俊さん(右)。

本選進出者のプレゼンに厳しい視線を送る審査員。

コンテストの緊張をほぐす司会進行を行った株式会社ドローンママの飯原夏子CEO。

この記事のライター

関連する投稿


カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル株式会社(東京都中央区)が、仏セルベア(CerBair)社のアンチドローンシステムを関係者に紹介。


PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCが「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」というテーマで、ドローンビジネスの展望、目視外飛行等の法規制緩和や留意点について行政と民間の専門家によって解説するセミナーを11月22日、開催した。


PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

 ドローンタイムズが主催する「ドローントークPIT」にゲスト登壇したことがある世界最大級の会計事務所PwCが、社内の新規事業を競う「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催した。勝ち上がった6組による高レベルなピッチや、著名芸術を成分までそっくりに再現するクローンアートのセッションが繰り広げられた。


Liberawareとホロラボ、HoloLensを活用したドローン・ナビゲーションシステムを共同開発

Liberawareとホロラボ、HoloLensを活用したドローン・ナビゲーションシステムを共同開発

株式会社Liberaware(千葉県千葉市)と株式会社ホロラボ(東京都品川区)は、 HoloLensを活用したドローンナビゲーションシステムを共同開発したと発表した。


非GPS型小型産業ドローン事業を展開するLiberawareが第三者割当増資を実施

非GPS型小型産業ドローン事業を展開するLiberawareが第三者割当増資を実施

株式会社Liberawareは、日本初のドローンスタートアップに特化した専門ファンドDrone Fund、株式会社ORSO、株式会社Aerial Lab Industriesを引き受け先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を完了したと発表した。


最新の投稿


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

2019年2月11日。航空機大手のエアバスは、自社のサイトで都市の航空移動(UAM)に関する民間への調査結果を公開した。最新の調査によれば、UAMへの期待は高まっているという。


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。