【橋梁・トンネル技術展/トークPIT】首都高・土橋氏がスマート点検とドローン語る! 新曲『fly』のSaashaも!

【橋梁・トンネル技術展/トークPIT】首都高・土橋氏がスマート点検とドローン語る! 新曲『fly』のSaashaも!

 産業用ドローンゾーンを設置する「橋梁・トンネル技術展」に合わせ12月1日に開催する雑談系交流イベント「トークPIT(特別板)」に、ゲストとして首都高速道路株式会社の土橋浩保全・交通部長をお迎えし、点検業界の話題をさらったスマートインフラ管理システム「i-DREAMs」の現在と、ドローンに対する期待を語って頂きます!


インフラ点検で2017年度の話題をさらった「i-DREAMs」とドローンは

 「i-DREAMs」は、維持管理計画の作成を支援する首都高速道路が2017年度に導入したスマートインフラ管理システムです。グループ会社の首都高技術などが開発した、GIS(知事情報システム)や3D点群データを活用する道路管理サポートシシテム「インフラドクター」をベースに、膨大な情報を収集、集約してAI(人工知能)で、道路の劣化、損傷、補習補強候補などを自動検出することが特徴で、土橋部長は、その陣頭指揮をとっていて、業界内で注目されています。
 首都高速がこのシステムの導入構想を公表して以来、業界内での話題を独占。学会から業界関係者、研究者など幅広く講演依頼がひっきりなしで舞い込んでいる状態です。
 今回、ドローントークPITは、前半に渦中の土橋氏を迎え、i-DREAMsの現状に加えて、土橋氏が関心を寄せているドローンの点検利用への期待や、求めるソリューション、技術、そこにたどりつくための戦略を聞かせて頂こうと思っています。

首都高速道路保全・交通部長の土橋浩氏

ドローンジョプラスのササモモさん、幕張にも参上!

 セミナーにも、勉強会にもなりますが、そこは飲んで食べて交流する「ドローントークPIT」らしく、飲み物も用意し、来場者からの随時質問も大歓迎。毎月開催しているドローントークPITで開場を盛り上げてくれている、ドローンタイムズ公認ファシリテーターで、ドローンジョプラス代表のササモモさん(佐々木桃子さん)が、幕張でも仕切ります!副編集長の村山繁もひっそりといる予定です。ひっそりと。
 少しだけ、ドローントークPITについてご紹介します。ドローントークPITは、ゲストと来場者がフラットに対話をすることいいこと、思いがけないものが生まれる環境づくりを目指す雑談系交流会として、原則、毎月1回、東京・大手町の新聞社の会議室で、お酒や飲み物、おつまみを口に運びながら開催しています。テーマを選んだうえで、その分野での第一人者、専門家、キーパーソンをゲストとしてお招きし、ゲストとご参加者との垣根を低くして、対話して頂いております。
 これまでに7回開催し、テーマは「ドローン×大地の恵み」(=農業系)、「ドローン×ジモトノチカラ」(=地方創生、地域活性化系)「ドローン×女子力」(=女性雇用促進、働き方改革系)、「ドローン×ガテン系」(i―costruction系)」、「ドローン×手続き」(=行政、法務系)などを開催し、各回とも反省点もありながら、おおむね好評を頂いて参りました。
 今回はいつもと開場が異なり、雰囲気や進行も今回のための仕立てになりますので「特別板」として実施します。土橋氏が登場するのは、「ドローントークPIT特別板」の前半(13:30~15:00)です。ごあいさつタイムも設ける予定ですので、この機会にナマの声で最先端の情報を収集してはいかがでしょうか。

体験会、ステージイベント、講習会など幅広くドローンの普及活動を展開する女性チーム、ドローンジョプラス代表のササモモさん。千葉県茂原市で開かれた「もばらドローンEXPO2017」で、ローンチしたばかりのプログラミング教材を紹介

実力派シンガーSaasha来場決定! 〝まるでドローンのテーマ〟の『fly』で話題!

 なお、後半(15:30~17:00)は、立食形式で引き続き、飲み食いをしながら交流を深めて頂きます。ふだんのPITでは前半に実施する、来場者からの短時間告知、ライトニングトークも、後半で実施します。
 さらにさらに、急遽決定したのですが、11月15日にCDデビューを飾った実力派シンガー、Saashaも来場します!
 後半のどこかでマイクを渡す予定です。あの、サビの部分の歌詞が「ドローンにぴったり!」と話題の新曲『fly』の誕生秘話などが聞けるかもしれません。もしかしたら、歌も・・・。
 会場への来場者から、会場に短時間の告知ができるライトニングトークなどの企画を織り交ぜ、なお、ライトニングトークを希望者は、事前にお申し出頂くと時間を優遇します。

■催事:ドローントークPIT特別板
■テーマ:道路維持管理の実情とドローンにかける期待
     ~今こそ求められるソリューションとは~
■日時:2017年12月1日、13:30~17:00(1300開場)
 ・前半13:30~15:00 ゲスト:首都高速道路土橋浩保全・交通部長
 ・後半15:30~17:00 ライトニングトーク
■場所:千葉・幕張メッセ国際会議場302会議室
■料金:1万円(税込み)※前後半通し

http://eventregist.com/e/bUE27CjAX8jU

■ライトニングトークをご希望の方は事前に下記でお名前、ご所属などをご連絡を頂きますと、時間枠を優遇いたします宣伝、周知なんでもOK。とはいえ、受容的でなく否定、非難の告知は時間前に打ち切る可能性があります。

info@dronetimes.jp

ライブのウテージでパフォーマスを披露するSaasha

この記事のライター

関連する投稿


第2回「橋梁・トンネル技術展」開幕、産業用ドローンゾーンでインフラ点検にドローン活用を提案

第2回「橋梁・トンネル技術展」開幕、産業用ドローンゾーンでインフラ点検にドローン活用を提案

第2回「橋梁・トンネル技術展」(フジサンケイ ビジネスアイ主催)が千葉・幕張メッセで29日開幕した。今回は特別企画として「産業用ドローンゾーン」(企画:ドローンタイムズ/産経新聞社)を設け、小型無人航空機(ドローン)関連企業18社が出展し、多くの来場者の注目を集めた。12月1日まで。


【橋梁トンネル技術展/公開取材】深圳でドローン事業、川ノ上氏に根掘り葉掘り 11/29、PwCブースで

【橋梁トンネル技術展/公開取材】深圳でドローン事業、川ノ上氏に根掘り葉掘り 11/29、PwCブースで

 ドローンの最前線でありインフラ開発が加速度的に進む中国・深圳を拠点に、ドローンビジネスを展開する株式会社エクサイジングジャパン(深圳)の川ノ上和文CEOが「橋梁トンネル技術展」の開催に合わせて来日します!PwCコンサルティングブースのステージで、開発のこと、企業のこと、日本の進出の余地のことを、公開取材します!


【橋梁・トンネル技術展/コンテスト本戦】進出したのはこの7チーム! マッチングは成立するか!!

【橋梁・トンネル技術展/コンテスト本戦】進出したのはこの7チーム! マッチングは成立するか!!

 PwCコンサルティング合同会社(東京)が主催するビジネスコンテスト「ドローン・ソリューション・マッチング」の決勝チーム7祖が決定した。決勝は11月30日、千葉・幕張メッセで開催される「橋梁・トンネル技術展」内、PwCコンサルティングのブースのステージで行われる。来場者はその激戦の模様を直接、観戦できる。


「橋梁・トンネル技術展」に産業用ドローンゾーン 幕張メッセ・11/29-12/1

「橋梁・トンネル技術展」に産業用ドローンゾーン 幕張メッセ・11/29-12/1

第2回「橋梁・トンネル技術展」(フジサンケイ ビジネスアイ主催)が千葉・幕張メッセで11月29日から開幕、今回は特別企画として「産業用ドローンゾーン」(企画:ドローンタイムズ/産経新聞社)を設け、ドローンによる各種ソリューションが紹介される。12月1日まで。


ドローンとの縁?1曲目は『fly』! Saasha、11月15日にミニアルバム『Flapping』でCDデビュー

ドローンとの縁?1曲目は『fly』! Saasha、11月15日にミニアルバム『Flapping』でCDデビュー

R&BシンガーのSaashaが11月15日、ファーストミニアルバム『Flapping』でCDデビューする。5曲すべてSaashaの自作曲。ホビー系ドローン企業のイメージガール経験も持ち、ドローンタイムズの雑談系交流イベント、「トークPIT」でも披露したパワフルな歌声を堪能できる。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。