プロドローンがLG U+と協業、韓国初のクラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンを開発

プロドローンがLG U+と協業、韓国初のクラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンを開発

株式会社プロドローン(愛知県名古屋市)は、 韓国の通信企業LG Uplus(大韓民国ソウル)と協業し、 韓国初のクラウド型UTMに対応したFOS(Flight Operatin System)提供を事業化、同社が今回スマートドローンの開発を行った。


 プロドローンは通信企業LG Uplusとテラドローンの3社協業で、韓国初のクラウド型ドローン管制システムを事業化したと発表した。LG Uplusとテラドローンの協業については当サイトで既報済み。
 LG Uplusのチェ・ジュシク副社長はソウルで記者会見を行い、「 ネットワークを介して目視外飛行や夜間でも安定した災害監視および測定、 物流輸送などのドローンが飛行可能な「Uplusスマートドローンクラウド型ドローン管制システム」を、 LG UplusとPRODRONE、 テラドローンの3社協業により韓国で初商用化しました。 ドローンを製造するPRODRONEが、 クラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンの機体の開発をしました。 そしてUTMを開発するテラドローンも参加しています」と話した。

 また記者発表では、 遠隔地にあるPRODRONE提供のLTE搭載ドローンを離陸させ、 自律飛行のデモンストレーションを披露し、 事業計画を発表した。

 デモは「自律飛行で迷子を3分で見つける」というシナリオで行われた。
 韓国ソウル上岩洞空公園で、 赤色の上着を着用した6歳男児が行方不明と想定し、 LG Uplus本社に連絡が入った後、 ドローンを自律飛行させ、 わずか3分で迷子発見に成功した。
 リアルタイム映像で行方不明の子供を確認し、 ドローンは計画された経路の飛行を終えて無事帰還した。 PRODRONEサーバーからドローンの飛行経路上の機体情報(機首方向、 高度、 緯度、 経度、 飛行速度、 飛行計画進行状況、 バッテリ電圧、 LTE電波状況、 風向と風速、 温度等の気象情報)がリアルタイム配信され、 緯度と経度の情報も表示さた。

 また数百キロメートル先の遠隔操作も可能であるとして、LG Uplusスマートドローンは通信網を活用し、 ドローンの位置情報をリアルタイムで把握する、 航空機管制システムと同様な仕組みで飛行運用が可能。 目的地を入力するだけでドローンの離陸から飛行、 帰還までの全過程が自律的に行われる。 PCやタブレット、 スマートフォンなどの端末からでも、 自由に飛行計画が実現する。 PRODRONE製FOSが提供するAPIに対応したUTMであれば、 汎用のシステムでも遠隔操作可能となっている。

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】プロドローンが救命ドローン「SUKUU(スクー)」開発に意欲

【Japan Drone 2019】プロドローンが救命ドローン「SUKUU(スクー)」開発に意欲

プロドローンは発想を変え、救助を求める要救助者自体を乗せてしまうドローンを開発している。ジャパンドローン2019で、その対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」の実機が展示された。


【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

KDDIはプロドローンと共同の展示スペースに、先ごろ発表したスマートドローンの機体とソリューションを展示した。プロドローンでは、開発中の最新モデルも公開した。


KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

2018年11月15日。KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、富士登山の遭難者救助を目的とし、 ドローン山岳救助支援システム の実証実験に成功したと発表した。


国内初、5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

国内初、5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

広島県福山市とKDDI株式会社は、東京大学、株式会社プロドローン、サムスン電子、WONDER VISION TECHNO LABORATORY株式会社と共同で、「備後フィッシュフェス」で、「5G」を用いたドローンからの4K映像をVRシステムに伝送し、バーチャル飛行を体験する実証実験 を11月3日、国内で初めて実施する。


国際的サイクルイベント「サイクリングしまなみ2018」で「5G」ドローンを用いた映像伝送の実証実験に成功

国際的サイクルイベント「サイクリングしまなみ2018」で「5G」ドローンを用いた映像伝送の実証実験に成功

KDDI株式会社は、東京大学大学院情報学環中尾研究室、株式会社プロドローン、サムスン電子と共同で、10月28日に広島県と愛媛県で実施された国際的サイクルイベント「サイクリングしまなみ2018」で、「5G」を用いたドローンからの4K映像伝送の実証実験に成功した。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。