プロドローンがLG U+と協業、韓国初のクラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンを開発

プロドローンがLG U+と協業、韓国初のクラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンを開発

株式会社プロドローン(愛知県名古屋市)は、 韓国の通信企業LG Uplus(大韓民国ソウル)と協業し、 韓国初のクラウド型UTMに対応したFOS(Flight Operatin System)提供を事業化、同社が今回スマートドローンの開発を行った。


 プロドローンは通信企業LG Uplusとテラドローンの3社協業で、韓国初のクラウド型ドローン管制システムを事業化したと発表した。LG Uplusとテラドローンの協業については当サイトで既報済み。
 LG Uplusのチェ・ジュシク副社長はソウルで記者会見を行い、「 ネットワークを介して目視外飛行や夜間でも安定した災害監視および測定、 物流輸送などのドローンが飛行可能な「Uplusスマートドローンクラウド型ドローン管制システム」を、 LG UplusとPRODRONE、 テラドローンの3社協業により韓国で初商用化しました。 ドローンを製造するPRODRONEが、 クラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンの機体の開発をしました。 そしてUTMを開発するテラドローンも参加しています」と話した。

 また記者発表では、 遠隔地にあるPRODRONE提供のLTE搭載ドローンを離陸させ、 自律飛行のデモンストレーションを披露し、 事業計画を発表した。

 デモは「自律飛行で迷子を3分で見つける」というシナリオで行われた。
 韓国ソウル上岩洞空公園で、 赤色の上着を着用した6歳男児が行方不明と想定し、 LG Uplus本社に連絡が入った後、 ドローンを自律飛行させ、 わずか3分で迷子発見に成功した。
 リアルタイム映像で行方不明の子供を確認し、 ドローンは計画された経路の飛行を終えて無事帰還した。 PRODRONEサーバーからドローンの飛行経路上の機体情報(機首方向、 高度、 緯度、 経度、 飛行速度、 飛行計画進行状況、 バッテリ電圧、 LTE電波状況、 風向と風速、 温度等の気象情報)がリアルタイム配信され、 緯度と経度の情報も表示さた。

 また数百キロメートル先の遠隔操作も可能であるとして、LG Uplusスマートドローンは通信網を活用し、 ドローンの位置情報をリアルタイムで把握する、 航空機管制システムと同様な仕組みで飛行運用が可能。 目的地を入力するだけでドローンの離陸から飛行、 帰還までの全過程が自律的に行われる。 PCやタブレット、 スマートフォンなどの端末からでも、 自由に飛行計画が実現する。 PRODRONE製FOSが提供するAPIに対応したUTMであれば、 汎用のシステムでも遠隔操作可能となっている。

この記事のライター

関連する投稿


KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

2018年9月5日。通信キャリアのKDDIは、法人営業を強化するために東京の虎ノ門に5G/IoT/AIやドローンなどのテクノロジーを大企業とマッチングするビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」を開設した。


KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDIは、東京大学、トライポッドワークス、プロドローンと共同で、6月8日、災害救助や撮影サービスなどに活用できる次世代移動通信システム5Gからのリアルタイム4K映像伝送実験に成功したと発表した。


NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は5月30日、ドローンなど無人航空機の新たな安全評価基準の研究開発に着手すると発表した。東京大学、イームズロボティクスなど6者による共同提案を採択する方針となった。今後、各メーカーが独自に取り組んでいる安全対策の性能をどう評価するか、などを検討する。


プロドローン、中型ダブルローター8枚(折りたたみ式)の新型プラットフォーム機「PD8X」を発表

プロドローン、中型ダブルローター8枚(折りたたみ式)の新型プラットフォーム機「PD8X」を発表

株式会社プロドローンは、新たに開発した中型ダブルロータープラットフォーム8枚機「PD8X」を開発した。


プロドローンが飛行安全装置PSU内蔵の大型6枚機(折りたたみ式)「PD6B-Type II」を発表

プロドローンが飛行安全装置PSU内蔵の大型6枚機(折りたたみ式)「PD6B-Type II」を発表

株式会社プロドローンは、飛行範囲事前設定型の安全装置PSU(Prodrone Safety Unit)を標準装備した大型の新プラットフォーム機「PD6B-Type II」を開発した。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。