テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 韓国の通信企業LG U+(韓国ソウル)と協業し、 韓国初のクラウド型ドローン管制システムを事業化した。


テラドローンが韓国初のクラウド型ドローン管制システムを開発

 韓国の通信企業LG U+のクォン・ヨンス代表は、 ネットワークを介して目視外飛行や夜間でも安定的に災害監視および測定、 物流輸送などのドローン飛行をすることができる「U +スマートドローンクラウド型ドローン管制システム」の 商用化を本格的に開始したとソウル龍山(ヨンサン)社で21日、記者懇談会の席上発表した。 ドローン管制システムの商用化は韓国初。
 韓国の3大通信業社の1つであるLG U+は、 自律飛行ドローンを前面に出して5G時代をリードするために無人機事業に本格的に進出することになった。 また、 管制センターからワンクリックで遠隔地にあるドローンを離陸させ、 目的地での任務を遂行して帰還まですることができる自律飛行ドローンを披露し、 関連事業計画も公表した。
 LG U+ のチェ・ジュシクFC(Future and Converged)部門長は、 「クラウドドローン管制システムは、 ドローンの産業が運送や物流業界では、 警備・測量・安全点検や災害監視などの既存産業のパラダイムを変えることができる起爆剤になるだろう。 ネットワークとソリューション力に集中し、 5G時代の中核サービスとして位置づけたい」と述べた。

事業内容詳細

・目視外地域でも、 クラウド型ドローン管制システムを通し、 位置を確認・操縦
・PC /タブレット /携帯 など様々な携帯機器で、 クラウドドローン管制システムに接続
・世界初、 ドローンが撮影中のFHD高画質映像をIPTVを通して、 リアルタイムで視聴が可能

 LG U+は、 今年の初めから本格的なクラウド型ドローン管制システムの事業化のために、 国内外のの優秀な技術力を保有している様々な企業と協業を推進してきた。
 テラドローンはUTM(無人航空機運行管理システム)などを開発していることから、 今回の協業により、 目視外でも効果的で安全にドローンを制御することができる管制システムを実現した。
 また、 ドローンを製造する株式会社プロドローン(愛知県名古屋市)が、 クラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンの機体の開発をおこなった。

韓国の航空安全法改正案の施行でドローン活用加速、管制システム開発が必要に

 これまで韓国では、 ドローン運航は操縦者や監視者の目視内での飛行に限られていたが、 「ドローン特別承認制」が11月10日から施行されたことにより、 安全基準を満たしていれば、 夜間および目視外飛行は可能となった。
 航空安全法改正案の施行に合わせ、 山間地域における宅配サービスや緊急物資配送などの運輸/物流領域と、 災害脆弱地域モニタリングなどの安全点検、 海岸水深測定と建築などの測定領域に本格進出で、 セキュリティ/航空撮影/環境モニタリングなど、 様々な産業分野でのドローン活用の領域を拡大予定。 また、 今後システムの高度化を推進し、 2018年までに3D地図、 上空電波地図、 ドローン道案内システムを順次開発・リリースすることを発表した。
 今後は、5Gの導入によりドローンを管制しているWebサーバーとドローンとの間の処理反応速度が速くなり、 より安定的に大量のデータ転送が可能となる。 また、 5Gネットワ ークを通すことで、 複数のネットワークとリアルタイムで通信できるようになり、 安全管制モニタリング事業など、 鮮明な映像と正確なコントロールを必要とする様々な産業において、 活用の需要が急速に高まることが予想されている。

4G/5Gネットワーク比較

この記事のライター

関連するキーワード


テラドローン LG U+

関連する投稿


テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

2018年7月に発生した西日本豪雨は、西日本を中心に、河川の氾濫や洪水に土砂災害など多くの被害をもたらした。復興に向けて国土交通省は、テラドローン(東京)にドローンによるレーザー計測を依頼し、被災地の正確な状況を収集している。


テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、屋根点検ソリューションとして“TERRA ROOFER”の提供を9月13日から開始


テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


テラドローン、ドローンを用いた交通量計測システムを開発

テラドローン、ドローンを用いた交通量計測システムを開発

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン用いた交通量計測ソフトウェアを開発致し、 汎用ドローンによる空中でビデオ撮影することで、交通量計測を低コストかつ自動的に実現した。


東急不動産とテラドローンがドローンでAEDを一般住宅の庭先に搬送

東急不動産とテラドローンがドローンでAEDを一般住宅の庭先に搬送

東急不動産ホールディングス株式会社(東京都港区)は、東急不動産R&Dセンターとテラドローン、日本AED財団などが協力し、ゴルフ場に面した一般住宅の庭にドローンによるAED搬送実験を実施した。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。