テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 韓国の通信企業LG U+(韓国ソウル)と協業し、 韓国初のクラウド型ドローン管制システムを事業化した。


テラドローンが韓国初のクラウド型ドローン管制システムを開発

 韓国の通信企業LG U+のクォン・ヨンス代表は、 ネットワークを介して目視外飛行や夜間でも安定的に災害監視および測定、 物流輸送などのドローン飛行をすることができる「U +スマートドローンクラウド型ドローン管制システム」の 商用化を本格的に開始したとソウル龍山(ヨンサン)社で21日、記者懇談会の席上発表した。 ドローン管制システムの商用化は韓国初。
 韓国の3大通信業社の1つであるLG U+は、 自律飛行ドローンを前面に出して5G時代をリードするために無人機事業に本格的に進出することになった。 また、 管制センターからワンクリックで遠隔地にあるドローンを離陸させ、 目的地での任務を遂行して帰還まですることができる自律飛行ドローンを披露し、 関連事業計画も公表した。
 LG U+ のチェ・ジュシクFC(Future and Converged)部門長は、 「クラウドドローン管制システムは、 ドローンの産業が運送や物流業界では、 警備・測量・安全点検や災害監視などの既存産業のパラダイムを変えることができる起爆剤になるだろう。 ネットワークとソリューション力に集中し、 5G時代の中核サービスとして位置づけたい」と述べた。

事業内容詳細

・目視外地域でも、 クラウド型ドローン管制システムを通し、 位置を確認・操縦
・PC /タブレット /携帯 など様々な携帯機器で、 クラウドドローン管制システムに接続
・世界初、 ドローンが撮影中のFHD高画質映像をIPTVを通して、 リアルタイムで視聴が可能

 LG U+は、 今年の初めから本格的なクラウド型ドローン管制システムの事業化のために、 国内外のの優秀な技術力を保有している様々な企業と協業を推進してきた。
 テラドローンはUTM(無人航空機運行管理システム)などを開発していることから、 今回の協業により、 目視外でも効果的で安全にドローンを制御することができる管制システムを実現した。
 また、 ドローンを製造する株式会社プロドローン(愛知県名古屋市)が、 クラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンの機体の開発をおこなった。

韓国の航空安全法改正案の施行でドローン活用加速、管制システム開発が必要に

 これまで韓国では、 ドローン運航は操縦者や監視者の目視内での飛行に限られていたが、 「ドローン特別承認制」が11月10日から施行されたことにより、 安全基準を満たしていれば、 夜間および目視外飛行は可能となった。
 航空安全法改正案の施行に合わせ、 山間地域における宅配サービスや緊急物資配送などの運輸/物流領域と、 災害脆弱地域モニタリングなどの安全点検、 海岸水深測定と建築などの測定領域に本格進出で、 セキュリティ/航空撮影/環境モニタリングなど、 様々な産業分野でのドローン活用の領域を拡大予定。 また、 今後システムの高度化を推進し、 2018年までに3D地図、 上空電波地図、 ドローン道案内システムを順次開発・リリースすることを発表した。
 今後は、5Gの導入によりドローンを管制しているWebサーバーとドローンとの間の処理反応速度が速くなり、 より安定的に大量のデータ転送が可能となる。 また、 5Gネットワ ークを通すことで、 複数のネットワークとリアルタイムで通信できるようになり、 安全管制モニタリング事業など、 鮮明な映像と正確なコントロールを必要とする様々な産業において、 活用の需要が急速に高まることが予想されている。

4G/5Gネットワーク比較

この記事のライター

関連するキーワード


テラドローン LG U+

関連する投稿


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。


ドローン大学校がテラドローン認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座」開講

ドローン大学校がテラドローン認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座」開講

ドローン大学校はテラドローン株式会社認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座"ドローン大学校 3次元データ処理・解析プログラム"」を開校する。


プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

株式会社プロドローンは、KDDI株式会社と、新潟県長岡市の協力のもと、4G LTEのモバイル通信ネットワークを活用し(注1)、「3次元地図」、「ドローンポート」を用いた「スマートドローン」の完全自律飛行実験を実施した。


【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

PwCコンサルティング合同会社(東京)が主催するビジネスコンテスト「ドローン・ソリューション・マッチング」の決勝チーム4組が、首都高速道路株式会社、PwCコンサルティング、ドローンタイムズの審査員を前に、4分間のプレゼンテーションを披露した。


プロドローンがLG U+と協業、韓国初のクラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンを開発

プロドローンがLG U+と協業、韓国初のクラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンを開発

株式会社プロドローン(愛知県名古屋市)は、 韓国の通信企業LG Uplus(大韓民国ソウル)と協業し、 韓国初のクラウド型UTMに対応したFOS(Flight Operatin System)提供を事業化、同社が今回スマートドローンの開発を行った。


最新の投稿


インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

株式会社インプレス(東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、 新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』を12月21日(木)より発売する。


インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

2017年12月13日。米国インテルは、Falcon8+ドローンを使いドイツのザクセン=アンハルトにあるハルバーシュタット大聖堂の外観や内部を撮影したと発表した。


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。