VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

「ドローンカルチャー」を提案するVIEWN(ビューン)が、 ファッションブランド『JUN OKAMOTO』とコラボレーションをして、 ドローンフライトと様々な撮影シーンを想定したデザインしたシャツを制作。 VIEWNのオンラインストアで販売。


 VIEWNでは「自分たちが欲しいと思えるもの」がマーケットにないことから、 デザインも機能も自分たちが納得がいく「ドローンフライトに適したシャツ」を創るプロジェクトに着手した。 そんなVIEWNの想いに快く応えてくれたのがファッションブランドの『JUN OKAMOTO』で、 今年の6月にコラボレーションをスタートして以来、 何度もデザインと素材の検討を繰り返した。

「静かに姿を隠すためのシャツ」

■JUN OKAMOTOがこのシャツに与えたWordは 「静かに姿を隠すためのシャツ」
 "静かに姿を隠すためのシャツ”をコンセプトに、これまで様々なシチュエーションでドローンを飛ばし得られた経験をから、 「ドローンパイロットのみならずスチールや映像の現場で活躍する撮影者にも着てもらいたい」という願いを込めてデザインしたという。 撮影現場を意識して、黒をベースに、 日光の下でなら分かる程度の紺をアクセントに使用している。

■VIEWNのオンラインストアで販売
販売はVIEWNのオンラインストアのみ。
https://viewn.theshop.jp/
サイズはメンズのL,M,XSで、 価格は24,840円(税込)。

目黒区の駒場にあるBUILDINGのオフィスで実物をご覧いただくこともできます。 (アポイント制)
有限会社ビルディング
公式HP : http://www.bldg-jp.com/

大きな胸ポケットには7インチのタブレットやPhantomクラスのプロペラがすっぽりと入る。

■Jun Okamoto
 ファッションデザイナーの岡本順(Jun Okamoto)が2002年に立ち上げた『JUN OKAMOTO』は、 2012年にパルコのファッションファンド『FIGHT FASHION FUND by PARCO』に選定されたほか、 伊勢丹でポップアップショップを展開するなど、 ファッション業界にもファンが多い気鋭のファッションブランド。
http://www.junokamoto.com/

PROFILE
1997年文化服装学院を卒業後、 パリのStudio Bercot に入学
Arexandre Matthieuのアシスタントを経て自身のブランドを2005年よりパリを拠点にスタート。
シーズンごとにデザイナー自身が物語を書き、 「彼から見た彼女の服。 」というコンセプトのもと、 物語の中に出てくる情景をプリントやディテールに落とし込む。
2010年に拠点をパリから東京に移し、 2011年に故郷の熊本に自身初の路面店wallflower by jun okamoto をオープン。 同ショップでは、 JUN OKAMOTOのフルコレクションを揃える他に、 セミオーダーラインもスタート。
常時30~40体のパターンサンプルとオリジナル生地や国内外からデザイナー自身が選んだ100以上の生地を揃える。
2014年には東京代官山に路面店JUN OKAMOTO DAIKANYAMA をオープンさせる。

この記事のライター

関連する投稿


VIEWNがイラストレーター/マンガ家 conixとのコラボTシャツ&トートバッグを発売

VIEWNがイラストレーター/マンガ家 conixとのコラボTシャツ&トートバッグを発売

お台場を拠点に”ドローンカルチャー”を提案するVIEWN(ビューン)が、 Drone × Artプロジェクトの第2弾として、 コミックタッチな絵柄が国内外問わず支持されているイラストレーターでありマンガ家としても活躍中の”conix”とのコラボレーションTシャツとトートバッグを発売。


ドローンカルチャーを提案するVIEWNが、Drone × Artプロジェクトを開始

ドローンカルチャーを提案するVIEWNが、Drone × Artプロジェクトを開始

VIEWN(ビューン)は「ドローンを愉しみましょう 」をスローガンに、 ドローン未経験者や、 ビギナーを対象にしたセミナーを開催するとtもに、オリジナルのウェアやハットなどを開発するなど、 ”ドローンを愉しむカルチャー”の創出に取り組んでいる。 その一環として、 ドローンをモチーフにしたアート作品の制作と販売を開始。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。