ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

 ドローンの魅力を発信する活動を続けているササモモさん(佐々木桃子さん)率いる女性チームの新しい名称が「DRONE-JO+(ドローンジョプラス)」に正式に決まった。イベントや体験会の企画、参加、などを通じて、今後も精力的に活動を続ける。


新チーム名、SNSで呼びかけて公募 集まった作品を参考に決定

 ドローンジョプラスは、2016年5月にササモモさんがドローン好きの女性を集めたチームとして、別の名称で発足した。チームはイベント企画、運営を得意とする株式会社AIR(東京)のドローン事業部の活動の一部だ。
 チーム発足直後から全国各地で体験会を開き、主に子供や女性、親子連れにドローンの魅力を伝え続けてきた。ていねいな指導ややわらかな物腰が人気を集め、各界からの引き合いも増えていった。
 しかしそのチーム名を、別の企業が商標登録をしたため、その名称での活動が窮屈になった。このため、名称変更の是非について議論を開始。その結果、チームメンバーが約60人と規模が大きくなったことや、ドローンの知名度向上に伴いチームの存在感も高まってきたことを背景に、チームメンバーから心機一転を図る好機であると名称変更に前向きな意見が続出、名称変更を決定した。
 具体的な名称は10月27日から11月5日にかけてSNSなどで広く呼びかけて公募。集まった作品を参考に、「DRONE-JO+(ドローンジョプラス)」と決定した。
 代表のササモモさんは「チーム名が変わっても、活動の軸が変わることはありません。これまで通り、体験会を企画したり、イベントに参加したりして、ドローンを知らないみなさん、触れたことのないみなさんに魅力を伝え続けていきます。大変ありがたいことに、体験会やほかのイベントにお呼びがかかることが増えているので、活動内容の範囲は広がると思いますし、活動エリアも広範囲になると思います。ドローンジョプラスを覚えて頂ければ嬉しいですし、覚えて頂いたり、触れ合えたりしたみなさんといっしょにドローンを安全に飛ばし、普及していく活動を進めたいと思っています」と話している。

福島県田村市で11月3日に開催した体験会の様子。体験会は全国各地で開催し、どこでも行列ができる人気ぶり

ドローンジョプラスになりましたっ!のお知らせ

ササモモさんは12月1日の「ドローントークPIT特別板」でファシリテーターも

 ドローンジョプラスは、名称変更をしえすでに、各地で体験会やイベント参加などで精力的に活動している、11月18日には代表のササモモさんが、福島県郡山市で開催された「第2回福島ドローンサミット」で司会を務め、11月22日、23日に開かれた「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま」でブースを出展した。
 代表のササモモさんは、11月29日に千葉・幕張メッセで開幕する「橋梁トンネル技術展」に設けられる「産業用ドローンゾーン」の出展ブースで開催される「公開取材 深圳NOW」で司会を務めるほか、期間中の12月1日(金)に開かれる「ドローントークPIT」(ドローンタイムズ主催)でもファシリテーターを務め、来場者とゲストスピーカーとをかきまぜるなど、今後も各地で活躍する予定だ。再スタートを切ったドローンジョプラスには、産官学各層から引き合いが多く、寄せられる期待も高まりそうだ。

WEBサイトも「女性のためのドローン情報サイト」としてリニューアルさせた。
http://drone-girls.com/drone_girls/

ドローンジョプラスのfcebookページ
https://www.facebook.com/dronejo

「ドローントークPIT特別板」でもファシリテーターを務める
http://eventregist.com/e/bUE27CjAX8jU

ササモモさんが教えると、子供は興味津々で身を乗り出す。体験会終了後に親御さんに「欲しい~」とねだる光景も珍しくない

リニューアルしたサイト。ロゴはこれまでのまま。

この記事のライター

関連する投稿


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。


【ドローントークPIT】8月3日のト-クPITは初物づくし! 初会場、新聞と初連動、新ファシリテーター登場、初の連続登板ゲスト

【ドローントークPIT】8月3日のト-クPITは初物づくし! 初会場、新聞と初連動、新ファシリテーター登場、初の連続登板ゲスト

 ドローンを肴に飲み物とおしゃべりを楽しむ、雑談系交流会「ドローントークPIT」は、8月3日に第9回を開催しますが、今回はいつも大切にしているコンセプトはそのままに、初めてのことが盛りだくさんの記念すべき回になります。その内容をちょっとご紹介します。


【国際ドローン展】日本海洋とササモモさんが産業用ドローンの魅力を紹介

【国際ドローン展】日本海洋とササモモさんが産業用ドローンの魅力を紹介

国際ドローン展の飛行デモンストレーションで、日本海洋が有線給電ドローンを、ササモモさんがDJI Matrice 200の魅力を紹介した。(田中亘)


安全を親しみやすく啓蒙! 「ドローンジャイ」第1話公開

安全を親しみやすく啓蒙! 「ドローンジャイ」第1話公開

 女性チームドローンジョプラスの有志5人が結成した安全啓蒙活動を展開する戦隊ヒーロー(?)「プロペラ戦隊★ドローンジャイ」の動画作品の第1話が公開された。テーマはまじめで、ノリはおちゃらけ。新たなドローン層獲得も視野に、安全啓蒙のため全国を奔走する。


【ジャパンドローン2018・発見!】背負って歩いて5分で点群! LiBackPackにササモモさんもサカグチさんも驚いた!

【ジャパンドローン2018・発見!】背負って歩いて5分で点群! LiBackPackにササモモさんもサカグチさんも驚いた!

 JapanDrone2018の会場でレーザーソリューションを手掛ける株式会社交響(京都市)が展示していたレーザーライダーに驚く声が続出した。ひょいと背負って5分歩けば、会場となっていた幕張メッセの展示ホールの3次元点群データが取得できて、ササモモさんも、サカグチさんも驚いた。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。