マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検ソリューション

マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検ソリューション

日本マイクロソフトは都内で開催された開発者やCIO向けのイベントで、ノルウェーに本社があるeSmartSystems(イースマートシステム)が、マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検のソリューションを開発していると紹介した。


ヘリコプター型ドローンで送電線の異常を検出

 日本マイクロソフト株式会社の最高技術責任者の榊原彰執行役員は、都内で開催されたテクノロジー系イベントに登壇し、同社のクラウドサービスのMicrosoft Azureと機械学習について講演した。その中で、機械学習のための統合フレームワークを活用した事例として、ノルウェーに本社があるeSmartSystems(イースマートシステム)によるドローンの画像をAIで解析して、送電線設備の異常を検出する様子を紹介した。

eSmartSystemsの高度な画像認識システムの高度な画像認識の様子を紹介する日本マイクロソフト株式会社の最高技術責任者の榊原彰執行役員

 eSmartSystemsの提供するConnected Drone(コネクテッド ドローン)は、ヘリコプター型。一年前にyoutubeで公開された動画は、ドローンで撮影した送電線の映像を解析して、故障などの異常をチェックするソリューション。Connected Droneを使用すると、インテリジェントなアシスタントを使用して、人工知能でインフラストラクチャ コンポーネントを解析できる。eSmart Systems Connected PlatformとMicrosoft Azureが提供するインテリジェント アシスタントでは、1時間以内に100,000枚の画像を分析できる。人間がこれだけの枚数の画像を分析しようとすれば、1年以上の時間がかかるという。
 Microsoft AzureのAIを活用したConnected Droneは、以下のインテリジェントな機能を提供している。

・送電施設のマスト、インシュレータ、トラバース、トップヘッドの自動検出
・電力線での物体の自動検出
・欠落しているトップハットの自動検出
・絶縁体の設置分析

1時間以内に100,000枚の画像を分析できる101階層の畳み込みモデル

 榊原氏によるとeSmartSystemsの高度な画像認識システムは、101階層の畳み込みモデルによって構築されている。これだけの階層を1から作るのは容易ではなく、eSmartSystemsもマイクロソフトが提供するCNTK(Cognitive Toolkit:コグニティブ ツールキット)という機械学習のためのフレームワークを活用し、異常検知のための深層学習アプリケーションを開発したという。CNTKは、2017年10月5日現在で、バージョン2.2が公開され、以下のような統合フレームワークが提供されている。

・Deep Neural Networks(DNNs)
・Recurrent Neural Networks(RNNs)
・Long Short Term Memory Networks(LSTMs)
・Convolutional Neural Networks(CNNs)
・Deep Structured Semantic Models(DSSMs)

 これらの統合フレームワークは、eSmartSystemsのようにドローンを組み合わせた画像解析に利用する事例の他にも、スピーチや動画にテキストなどにも対応している。

この記事のライター

関連する投稿


AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏/以下、日立システムズ)、株式会社日立ソリューションズ(取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、AIを活用したインフラ点検を拡充した。



ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

 データセクション株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによって撮影された車や人の動画像をAI技術で分析し、自動で交通量を計測するサービス「ドローントラフィックモニター」の提供を開始した。


【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

半導体メーカーのNVIDIA(エヌビディア、米国カリフォルニア州)は、都内でNVIDIA Deep Learning Seminar 2018を開催した。基調講演では、日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝氏が、自動車やドローンなど動くものはすべて自律動作マシンになると予測した。(田中亘)


第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPO(東京・ビッグサイト)で、株式会社OPTiM(東京都港区)がドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示し、来場者の関心を集めた。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。