NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県は、福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証に関する協定を11月22日締結した。本協定を通じて、NEDOと福島県の連携を強化し、NEDOプロジェクトにおいて福島ロボットテストフィールドを積極的に活用することで福島イノベーション・コースト構想の推進とロボット・ドローン産業を活性化する


福島ロボットテストフィールド活用に向け連携強化

 NEDOと福島県は、「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2017」において、福島ロボットテストフィールド(以下、RTF)を活用したロボット・ドローンの実証に関する協定を11月22日に締結した。NEDOは、「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト※1」(以下、NEDOプロジェクト)において、小口輸送の増加や積載率の低下などエネルギー使用の効率化が求められる物流分野や、効果的かつ効率的な点検を通じた長寿命化による資源のリデュースが喫緊の課題となるインフラ点検分野、大規模災害時の迅速かつ正確な情報収集のための災害調査などの分野で活用できるドローン及びロボットの開発を行うとともに、社会実装を加速させるための運用システム構築や実証試験を実施していく。
 福島県は、福島イノベーション・コースト構想※2に基づき、同県内の南相馬市・浪江町に、物流やインフラ点検、大規模災害などに対応する陸・海・空のロボットの一大研究開発拠点としてRTFの整備を進めており、2018年度より順次開所を予定している。また、福島浜通りロボット実証区域として、県内の橋梁、ダム、河川、山野などを実証試験や操縦訓練の場として仲介し、ロボットの実用化に向けた協力・支援を行っていく。
 今回の協力協定締結によって、NEDOと福島県の連携を強化し、RTFの積極的な活用を通じてNEDOプロジェクトを円滑に実施することでロボット・ドローンの実用化を加速させ、福島イノベーション・コースト構想の推進とロボット・ドローン産業の活性化を図る。

協定の内容

【連携・協力事項】

・NEDOプロジェクトの実証試験をRTF及び実証区域で実施する際の調整
・実証試験に伴うNEDOプロジェクト関係者のRTFへの入居に向けた調整
・NEDOプロジェクト成果の福島県内の教育機関及び事業者への情報発信
・WRS※32020をRTFで開催する際の準備及び広報

【用語解説】

※1 ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト
 プロジェクト期間は2017年度~2021年度の5年間で、2017年度予算は33億円。

◎ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト
    http://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP2_100080.html

※2 福島イノベーション・コースト構想
東日本大震災および原子力災害によって失われた浜通り地域等の産業を回復するため、当該地域の新たな産業基盤の構築を目指す国家プロジェクト。廃炉、ロボット、エネルギー、農林水産等の分野におけるプロジェクトの具体化を進めるとともに、産業集積や人材育成、交流人口の拡大等に取り組んでいる。

◎福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想 (福島県 公式サイト)
    http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/list275-1006.html

※3 WRS
World Robot Summitの略で、人間とロボットが共生し協働する世界の実現を念頭に、世界のロボットの叡智を集めて開催する競演会。WRSでは、ロボットの競技会「World Robot Challenge」と、最新のロボット技術を展示する「World Robot Expo」を介して、世界中のロボット関係者が一堂に集まり、リアルな日々の生活、社会、産業分野でのロボットの社会実装と研究開発を加速させることを目的に開催するものであり、2018年は東京都、2020年は愛知県と福島県での開催を予定。

◎World Robot Summit 公式サイト
    http://worldrobotsummit.org/

この記事のライター

関連する投稿


JUTMが大規模実験! 運航管理の実証と課題抽出 ドクターヘリ飛来で他のドローンに着陸要請も! 

JUTMが大規模実験! 運航管理の実証と課題抽出 ドクターヘリ飛来で他のドローンに着陸要請も! 

 多くのドローンが空を飛ぶ時代を見据え、上空でぶつからないように管理する運航管理システムを研究、開発する一般社団法人綜合研究奨励会・日本無人機運航管理コンソーシアム(JUTM)は10月26日、福島県南相馬市の市街地で、実際に複数のドローンを飛ばし、システムの運用を試す実証実験を実施した。実験には36の団体が参加した。


NEDOと日本気象協会がドローン向け気象情報提供とドローンによる気象観測の実証試験を南相馬市で実施へ

NEDOと日本気象協会がドローン向け気象情報提供とドローンによる気象観測の実証試験を南相馬市で実施へ

NEDOと(一財)日本気象協会は、10月24日から26日の3日間、ドローン向け気象情報提供のデータ連携の実証試験とドローンによる気象観測の実証試験を、福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施すると発表した。


ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

株式会社CLUEは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、研究開発テーマ「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」として採択された。


NEDO、運航管理システム開発に着手 「2019年度に10台以上の同時運航を」

NEDO、運航管理システム開発に着手 「2019年度に10台以上の同時運航を」

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は15日、ドローンの運航管理システムの開発に着手すると発表した。期間は今年度から3年間で、NECなど民間企業5社と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が技術を持ち寄り、2019年度には10台の同一空域・同時運航に挑む計画だ。


NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

―つり下げ型の電磁探査システムで車両位置の特定実験に成功―


最新の投稿


インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

株式会社インプレス(東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、 新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』を12月21日(木)より発売する。


インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

2017年12月13日。米国インテルは、Falcon8+ドローンを使いドイツのザクセン=アンハルトにあるハルバーシュタット大聖堂の外観や内部を撮影したと発表した。


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。