東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

11月19日。東京都あきる野市は、同市立の御堂中学校の校庭で、ドローンを用いた救助救出訓練を実施した。株式会社スカイシーカー(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐々木政聡)のパイロットがサポートを行い、訓練メニューは一般社団法人ドローン安全推進協議会(本部:東京都中央区、代表理事:井上幸彦)が作成した。


あきる野市建設防災協力会と市職員がドローンで救助救出訓練を行う

 あきる野市の総合防災訓練は、毎年この時期に開催されている。昨年は、あきる野市立五日市小学校でDJIが世界で初となる自律飛行システムを搭載したMatrice 600にカーボン製空輸ボックスを取り付けて、救援物資を運ぶデモンストレーションが行われた。

https://www.dronetimes.jp/articles/573

あきる野市建設防災協力会と市職員が2機のドローンを同時に離陸させる

 今年は、あきる野市立御堂中学校の校庭がメイン会場となり、、スカイシーカーとドローン安全推進協議会が協力して、ドローンを用いた避難者の発見などを想定した訓練を実施した。朝8時半から始まった訓練では、地域の住民に向けて災害を想定した緊急速報がスマートフォンなどに配信され、それを受信した人たちが避難所に指定されている中学校の校庭に集まった。会場には消防のクレーン車も配備され市民が体験していた。そして10時15分からドローン安全推進協議会が作成したシナリオによる訓練メニューがスタートした。

建設防災協力会のドローンが4階で取り残された人を発見

 多摩直下で震度6強の地震が発生したという想定で、あきる野市職員とあきる野市建設防災協力会が、2台のPhantom 4を飛行させて、校舎の中で逃げ遅れた人がいないか探索した。あきる野市の職員が操縦するPhantom 4は、スカイシーカーのパイロットがサポートしながら、校舎の上空から全体の様子を確認していた。もう一方のあきる野市建設防災協力会のPhantom 4は、校舎の一階から窓の中の様子を撮影しながら、逃げ遅れた人を探索した。そして残された人がいると想定されている4階の窓まで飛行させると、映像で発見を確認し119番に通報した。

あきる野市職員の後ろで飛行をサポートするスカイシーカーのパイロット

 通報を受けた東京消防庁のレスキュー隊が到着すると、オレンジ色の服を着た青梅消防署の特別救助隊が「フットロック」という見事なロープ技術で4階のベランダまで登り、ロープを使って怪我人に想定した人形を乗せた担架を地上まで降下させた。さらに、あきる野市の職員が飛行させていたドローンからも、火災が延焼拡大してきたという通報があり、消防署員と消防団員が協力して6本のホースによる一斉放水が行われた。

レスキュー隊員がロープで巧みに4階まで登る

6本のホースから一斉に放水される様子

この記事のライター

関連する投稿


【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

ジャパンドローン2018でDJI 株式会社(東京都港区)は、DJIの機体をプラットフォームにした様々なソリューションを展示し、機体の対応能力の高さを示した。


スカイシーカーがドローンを活用した冬季の火山噴火対応訓練に協力

スカイシーカーがドローンを活用した冬季の火山噴火対応訓練に協力

岩手県警察と関係機関の連携による冬期噴火災害対応訓練を、岩手県の八幡平リゾートパノラマスキー場で実施した。今回の訓練は国内初となる冬季の火山噴火を想定した もので、ドローンを使用するにあたり、 株式会社佐藤興産・ドローンショップ仙台・株式会社スカイシーカーが協力機関として参加した。


スカイシーカー、産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」の第2回目開催決定

スカイシーカー、産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」の第2回目開催決定

産業用大型ドローンを使用した物資の搬送や物件投下に加え、夜間飛行、目視外飛行等の特殊飛行訓練も実施


スカイシーカーの特殊訓練講習「Sky Camp」 目視外、夜間、物資輸送のノウハウを習得

スカイシーカーの特殊訓練講習「Sky Camp」 目視外、夜間、物資輸送のノウハウを習得

ドローンによる害獣調査や災害対応などのソリューションを提供する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)が、12月7日、8日の2日間にわたり、第1回目となる産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」を群馬県館林市と邑楽郡で開催した。2回目のSky Campは2018年3月中を予定している。


スカイシーカーが福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始

スカイシーカーが福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始

(株)スカイシーカーは(株)アルサと共同で12月13日より福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始した。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。