プロドローン、世界初の2本のロボットアームをもつ直接作業型大型ドローン「PD6B-AW-ARM」を開発

プロドローン、世界初の2本のロボットアームをもつ直接作業型大型ドローン「PD6B-AW-ARM」を開発

株式会社プロドローン(PRODRONE 本社:愛知県名古屋市中区、 代表取締役社長:河野 雅一)は、 2本のドローン専用ロボットアームを装備した直接作業型大型ドローン「PD6B-AW-ARM」を開発したと発表した。


本機は、 2016年9月7日から9日まで米国ラスベガスで開催される産業用ドローン見本市「InterDrone2016」のPRODRONEブースにおいて参考展示いたします。

 プロドローン(PRODRONE)は、要望の強かった「直接的作業」を行えるドローンを開発した。具体的に直接的作業というと、 アームで色々な形の物を掴んで運ぶ、 設置する、 ケーブルなどを切断する、 繋ぐ、 ダイヤルを回す、 スイッチを押す・切り替える、 浮き輪など救助具を投下する、 危険物等を回収するなど、 高所や遠距離、 また人間が近づけない危険な場所においてドローン自体が直接実行できる様々な作業が挙げられる。
 「PD6B-AW-ARM」はこれらの市場背景から開発された。 PD6B-AW-ARMは、 20kgという大きなペイロード(最大積載量)を持つPD6B-AWを基本プラットフォームに、 今回新たに独自開発した高機能の5軸ロボットアームを2本搭載、これによって 幅広い用途における直接的作業が可能となった。 ロボットアームの最大耐荷重は約10kg、 最大飛行時間は30分で長時間の作業にも対応する。
 プロドローンの河野 雅一 代表取締役社長 は、 「 産業用ドローン市場の未来を見据え、 世界に先駆けて『直接作業型ドローン』を開発した。 これまででは不可能であった様々な仕事がこの『PD6B-AW-ARM』で可能になる」とコメントした。
 具体的な製品概要については、 詳細を決定した段階で、 改めて新製品発表する。

■仕様(暫定)
モーター軸間距離:1450mm
最大アーム耐荷重:10kg
機体重量:20kg
最大速度:60km/h
全高:1300mm
飛行可能風速:10m/s
プロペラ直径:27inch
飛行時間:30min
バッテリー:22.2v/16000mAh x2
飛行可能気圧高度:5000m
耐水性能:雨天飛行可

※型番・仕様等は予告なく変更する場合があります。

■株式会社プロドローンについて
PRODRONEは様々な分野で20年以上のキャリアとノウハウをもつエキスパート達により2015年1月に日本で設立されたB2B産業用ドローンシステムメーカーです。 これまで産業用ドローン市場に参入する数多くのドローンサービスプロバイダーやドローンメーカーに向けて様々な産業用ドローンの開発を行っています。 ペイロード30kgの大型ドローン、 レーザー測量専用ドローン、 5,500m以上の高高度測量専用ドローン、 水上着水型ドローン、 RFID高速読み取りドローン、 橋梁など社会インフラ点検用ドローン、 全天候型大型プラットフォーム、 農薬散布ドローン、 数々の学術調査用ドローンなど、 どれも高い技術レベルが要求されるため、 他社では開発不可能であったものも少なくありません。 PRODRONEはこれら高難度の開発依頼をスピーディに確実に応えていくことで、 官公庁や大手企業をはじめとした様々な顧客から非常に高い信頼を得てまいりました。 PRODRONEは顧客である産業用ドローン事業者のビジネスが世界中に拡大していくことを望んでいます。

社名    : 株式会社プロドローン(PRODRONE Co., Ltd.)
代表者   : 代表取締役社長 河野 雅一 (こうの まさかず)
資本金   : 2億9500万円
社員数   : 13名
本社所在地 : 〒460-0004 愛知県名古屋市中区新栄町2-4 坂種栄ビル16階
ウェブサイト: https://www.prodrone.jp/

この記事のライター

関連する投稿


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。


プロドローンがEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン「チャレンジング・スピリット部門」で大賞受賞

プロドローンがEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン「チャレンジング・スピリット部門」で大賞受賞

株式会社プロドローンの代表取締役社長・河野雅一は、11月28日に開催された「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン」(以下、EOY JAPAN)において、チャレンジング・スピリット部門の大賞を受賞した。


プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

株式会社プロドローンは、KDDI株式会社と、新潟県長岡市の協力のもと、4G LTEのモバイル通信ネットワークを活用し(注1)、「3次元地図」、「ドローンポート」を用いた「スマートドローン」の完全自律飛行実験を実施した。


プロドローンがLG U+と協業、韓国初のクラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンを開発

プロドローンがLG U+と協業、韓国初のクラウド型ドローン管制システムに最適化されたスマートドローンを開発

株式会社プロドローン(愛知県名古屋市)は、 韓国の通信企業LG Uplus(大韓民国ソウル)と協業し、 韓国初のクラウド型UTMに対応したFOS(Flight Operatin System)提供を事業化、同社が今回スマートドローンの開発を行った。


プロドローン、産業用ドローン基本プラットフォームの正規特約店募集を開始

プロドローン、産業用ドローン基本プラットフォームの正規特約店募集を開始

株式会社プロドローンは、産業用ドローン基本プラットフォーム「PD4-AW2 BASIC」及び「PD6-AW2 BASIC」の正規特約店募集を開始した。


最新の投稿


インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

株式会社インプレス(東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、 新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』を12月21日(木)より発売する。


インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

2017年12月13日。米国インテルは、Falcon8+ドローンを使いドイツのザクセン=アンハルトにあるハルバーシュタット大聖堂の外観や内部を撮影したと発表した。


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。