プロドローン、世界初の2本のロボットアームをもつ直接作業型大型ドローン「PD6B-AW-ARM」を開発

プロドローン、世界初の2本のロボットアームをもつ直接作業型大型ドローン「PD6B-AW-ARM」を開発

株式会社プロドローン(PRODRONE 本社:愛知県名古屋市中区、 代表取締役社長:河野 雅一)は、 2本のドローン専用ロボットアームを装備した直接作業型大型ドローン「PD6B-AW-ARM」を開発したと発表した。


本機は、 2016年9月7日から9日まで米国ラスベガスで開催される産業用ドローン見本市「InterDrone2016」のPRODRONEブースにおいて参考展示いたします。

 プロドローン(PRODRONE)は、要望の強かった「直接的作業」を行えるドローンを開発した。具体的に直接的作業というと、 アームで色々な形の物を掴んで運ぶ、 設置する、 ケーブルなどを切断する、 繋ぐ、 ダイヤルを回す、 スイッチを押す・切り替える、 浮き輪など救助具を投下する、 危険物等を回収するなど、 高所や遠距離、 また人間が近づけない危険な場所においてドローン自体が直接実行できる様々な作業が挙げられる。
 「PD6B-AW-ARM」はこれらの市場背景から開発された。 PD6B-AW-ARMは、 20kgという大きなペイロード(最大積載量)を持つPD6B-AWを基本プラットフォームに、 今回新たに独自開発した高機能の5軸ロボットアームを2本搭載、これによって 幅広い用途における直接的作業が可能となった。 ロボットアームの最大耐荷重は約10kg、 最大飛行時間は30分で長時間の作業にも対応する。
 プロドローンの河野 雅一 代表取締役社長 は、 「 産業用ドローン市場の未来を見据え、 世界に先駆けて『直接作業型ドローン』を開発した。 これまででは不可能であった様々な仕事がこの『PD6B-AW-ARM』で可能になる」とコメントした。
 具体的な製品概要については、 詳細を決定した段階で、 改めて新製品発表する。

■仕様(暫定)
モーター軸間距離:1450mm
最大アーム耐荷重:10kg
機体重量:20kg
最大速度:60km/h
全高:1300mm
飛行可能風速:10m/s
プロペラ直径:27inch
飛行時間:30min
バッテリー:22.2v/16000mAh x2
飛行可能気圧高度:5000m
耐水性能:雨天飛行可

※型番・仕様等は予告なく変更する場合があります。

■株式会社プロドローンについて
PRODRONEは様々な分野で20年以上のキャリアとノウハウをもつエキスパート達により2015年1月に日本で設立されたB2B産業用ドローンシステムメーカーです。 これまで産業用ドローン市場に参入する数多くのドローンサービスプロバイダーやドローンメーカーに向けて様々な産業用ドローンの開発を行っています。 ペイロード30kgの大型ドローン、 レーザー測量専用ドローン、 5,500m以上の高高度測量専用ドローン、 水上着水型ドローン、 RFID高速読み取りドローン、 橋梁など社会インフラ点検用ドローン、 全天候型大型プラットフォーム、 農薬散布ドローン、 数々の学術調査用ドローンなど、 どれも高い技術レベルが要求されるため、 他社では開発不可能であったものも少なくありません。 PRODRONEはこれら高難度の開発依頼をスピーディに確実に応えていくことで、 官公庁や大手企業をはじめとした様々な顧客から非常に高い信頼を得てまいりました。 PRODRONEは顧客である産業用ドローン事業者のビジネスが世界中に拡大していくことを望んでいます。

社名    : 株式会社プロドローン(PRODRONE Co., Ltd.)
代表者   : 代表取締役社長 河野 雅一 (こうの まさかず)
資本金   : 2億9500万円
社員数   : 13名
本社所在地 : 〒460-0004 愛知県名古屋市中区新栄町2-4 坂種栄ビル16階
ウェブサイト: https://www.prodrone.jp/

この記事のライター

関連する投稿


KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

2018年9月5日。通信キャリアのKDDIは、法人営業を強化するために東京の虎ノ門に5G/IoT/AIやドローンなどのテクノロジーを大企業とマッチングするビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」を開設した。


KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDIは、東京大学、トライポッドワークス、プロドローンと共同で、6月8日、災害救助や撮影サービスなどに活用できる次世代移動通信システム5Gからのリアルタイム4K映像伝送実験に成功したと発表した。


NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は5月30日、ドローンなど無人航空機の新たな安全評価基準の研究開発に着手すると発表した。東京大学、イームズロボティクスなど6者による共同提案を採択する方針となった。今後、各メーカーが独自に取り組んでいる安全対策の性能をどう評価するか、などを検討する。


プロドローン、中型ダブルローター8枚(折りたたみ式)の新型プラットフォーム機「PD8X」を発表

プロドローン、中型ダブルローター8枚(折りたたみ式)の新型プラットフォーム機「PD8X」を発表

株式会社プロドローンは、新たに開発した中型ダブルロータープラットフォーム8枚機「PD8X」を開発した。


プロドローンが飛行安全装置PSU内蔵の大型6枚機(折りたたみ式)「PD6B-Type II」を発表

プロドローンが飛行安全装置PSU内蔵の大型6枚機(折りたたみ式)「PD6B-Type II」を発表

株式会社プロドローンは、飛行範囲事前設定型の安全装置PSU(Prodrone Safety Unit)を標準装備した大型の新プラットフォーム機「PD6B-Type II」を開発した。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。


キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。