長野・伊那市での物流用ドローンポート実験 飛行中の「異常感知」で今回は続行断念

長野・伊那市での物流用ドローンポート実験 飛行中の「異常感知」で今回は続行断念

 ブルーイノベーションと東京大学が11月13日に行った物流用ドローンポート実験で、ドローンが実験中に異常を感知し飛行を中止した。実験チームはこれを受けて実験継続を断念した。日程を再調整し仕切り直す。実験機は異常感知時に自動でパラシュートを開き、着水時にはフロートも作動。初めて実験環境以外で安全装置の発動を確認した。


6回の事前準備では郵便局と道の駅で精密に着陸

朝のリハーサルは、上空でGPSの誤差を自動で修整してポートに無事に降りてきたPF-1=11月13日午前、長野県伊那市の「道の駅南アルプスむら長谷」

 実験は長野県伊那市で、日本郵便、自律制御システム研究所(ACSL)、NTTドコモ、長野県伊那市の協力を得て行われた。伊那市長谷地区の美和郵便局と、「道の駅南アルプスむら長谷」との間の約2キロをドローンが自動で航行し、精密な着陸の可否と、物流サービスの実用化の可能性を探ることを目的としていた。
 想定していたのは、郵便局員が郵便局に待機しているドローンの容器に注文票を入れると、ドローンが道の駅まで自動で飛行し〝買い出し〟に行くストーリーだ。道の駅では、敷地の一角に設置してあるドローンポートに、郵便局から飛んできたドローンが正確に着陸する。道の駅の店員がドローンの容器に入れてある注文票を見て、商品を乗せると、再び郵便局に戻り、郵便局で荷物を受け取る。前日には5回、当日も直前に1回、実験を実施していて、想定通りに往復していた。

ドローンポートに降りてきたドローンを回収するスタッフ。

パラシュート、フロートが作動 安全装置の作動、実験環境以外で「初めて確認」

 ただ、関係者や報道陣が集まって行われた実験のお披露目では、ドローンは郵便局を離陸し高度70メートルまで上昇し、時速40キロほどの速度で進み始めて2分ほどたったころ、搭載したセンサーが異常を感知する反応を示した。実験で使われたACSLのドローン「PF―1」は危険を感知すると飛行を中断し、急降下しないようパラシュートが開いて降りる安全対策プログラムが搭載されている。今回の危険感知でも、ドローンは飛行を中止し、パラシュートを開いて降下した。
 郵便局と道の駅の間の飛行ルートは、安全面を考慮してほとんどを、湖の上だ。ドローンが異常を感知した場所も湖の上空だった。実験機にはその場で降下し、湖に着水した。ドローンには水にもぐるとフロート(浮き袋)が自動で開く仕組みも搭載されていて、この日も湖面に着水し、沈みかけたところでフロートが開いた。
 実験機は、実験機を見守るためにボートで追尾していたスタッフが回収した。
 実験の様子を道の駅で見守っていたACSLの野波健蔵CEOは「ドローンが関知した危険が何かについては、現時点では不明なため、今後調査をする。ドローンは危険を感知するか、機体が55度傾くとパラシュートが開くなどの安全装置が働くようになっていて、実験では何度も確認していた。しかし、安全送致を実験する環境以外で発動したのは今回が初めて」と話した。
 物流用ドローンポートの実験にあたって、実験チームは予備のドローンも待機させていており、予備機での飛行実験も済ませていた。しかし、関知した危険の実態が解明できないままでの実験継続は困難と判断、継続を断念した。
 ブルーイノベーションの熊田雅之専務は、「集まっていただいたみなさんに物流用ドローンポートを用いて、実際のサービスに近い形での飛行をお見せできなかったことが大変残念で、申し訳ない。原因を究明したのち、再び伊那市で実験したい」と無念の色をにじませながら、再挑戦の決意を語った。
 伊那市はドローンの実験を受け入れることに積極的で、10月中旬には、ドローンの最新技術を持ち寄る「ドローンフェス」を開催している。今回は、物流用ドローンポート実験のお披露目は実現しなかったものの、事前に6回の飛行をしていることや、思わぬ形で機体の安全装置発動が確認できたことなど、得られた知見は大きく、伊那市が実験会場を提供している意義を再確認できたともいえそうだ。

実験途中でパラシュートが開いた経緯などについて説明するブルーイノベーションの熊田雅之専務。

この記事のライター

関連する投稿


クラウドによる遠隔操作に対応した物流用ドローンポートシステムの検証実験

クラウドによる遠隔操作に対応した物流用ドローンポートシステムの検証実験

国土交通省の総合政策局物流政策課 技術政策課とブルーイノベーション株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:熊田貴之)は、長野県伊那市長谷地区にある道の駅南アルプスむら長谷と長谷高齢者専用住宅で、物流用ドローンポートシステムの検証実験を9月6日、実施した。


ブルーイノベーションと日水コンがドローンによる老朽下水管の点検・調査の試行サービスを横浜市で今秋開始

ブルーイノベーションと日水コンがドローンによる老朽下水管の点検・調査の試行サービスを横浜市で今秋開始

ブルーイノベーション株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長CEO:熊田貴之 )と株式会社日水コン(東京都新宿区、代表取締役社長:野村喜一)は、国内初となる、「ドローンによる老朽下水管きょの点検・調査」試行サービスを今秋からスタートすると発表した。


ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

長野県伊那市と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催、メインイベントである「鹿検知コンペティション」への参加チ ームの募集を開始する。


物流用ドローンポートシステムの可能性

物流用ドローンポートシステムの可能性

IDE TOKYOドローンソリューション&技術展で、熊田 貴之(ブルーイノベーション株式会社 代表取締役)氏が、「物流用ドローンポートシステムの可能性」について講演した。


【パネルセッション】 世界市場におけるドローンソリューションの可能性とビジネスモデル

【パネルセッション】 世界市場におけるドローンソリューションの可能性とビジネスモデル

日本、アジア、北米、欧州など世界のドローン産業の可能性とビジネスモデルの将来について、各国を代表するパネリストが、それぞれの立場から意見を述べた。


最新の投稿


ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

 ドローンの魅力を発信する活動を続けているササモモさん(佐々木桃子さん)率いる女性チームの新しい名称が「DRONE-JO+(ドローンジョプラス)」に正式に決まった。イベントや体験会の企画、参加、などを通じて、今後も精力的に活動を続ける。


「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

株式会社ORSOは、ドローン操縦の基礎を、楽しみながら覚え、上達できるようになることを目指した、操縦者教育機能を搭載したスマートフォンアプリ「DRONE STAR」に対応した超小型機体「DRONE STAR 01」を2018年1月14日まで価格を下げて販売する。


セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 水中ドローン「BlueROV2」の無料体験会を、 2017年12月1日(金)千葉県 市川マリンセンターにて開催する。


NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県は、福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証に関する協定を11月22日締結した。本協定を通じて、NEDOと福島県の連携を強化し、NEDOプロジェクトにおいて福島ロボットテストフィールドを積極的に活用することで福島イノベーション・コースト構想の推進とロボット・ドローン産業を活性化する


若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI は、同社が主催するロボットコンテス 「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したと発表した。2018 年の RoboMaster 優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと 75,000 米ドルが授与される。