岐阜県郡上市に屋内・屋外一体型施設を完備した ドローン操縦士養成スクールがオープン

岐阜県郡上市に屋内・屋外一体型施設を完備した ドローン操縦士養成スクールがオープン

株式会社ROBOZは、岐阜県美並町に屋内・屋外一体型施設「156DRONE STATION」を、11月19日(日)にオープンする。


 テクノロジーの進歩やインフラ整備など急速に進む現代において、ドローンを活用する場面は急速に ROBOZではこれからビジネスや趣味等でドローンを活用しようと考えている人を対象に、国土交通省の定める「無人飛行機の飛行ルール」に沿ったプログラムを用意し、屋内外でのフライト訓練を実施する。
 また屋内・屋外一体型施設『156DRONE STATION』の施設利用を提供する。都市圏や近隣で運営されている各種ドローンスクールやイベント等の利用にも最適となっている。事故なく安全運航をするドローンパイロットを数多く育て、全国的な多店舗展開も視野に入れた運営を目指している。

■会社概要
商号  : 株式会社ROBOZ ※ロボッツと読みます
代表者 : 代表取締役 石田 宏樹
      DJIスペシャリスト
      無人航空機の飛行に係る許可・承認取得
      (阪空運第6794号・阪空検第2568号)
所在地 : 〒501-4101 岐阜県郡上市美並町上田1593
設立  : 2017年10月
事業内容: テクノロジーコンサルティング事業
      「156 DRONE STATION」の運営
      空撮クリエーター「R-Type」の運営
資本金 : 300万円
URL   : http://www.roboz.co.jp

この記事のライター

関連するキーワード


ROBOZ 156DRONE STATION

最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。