Sensofusion社がカウンター・ドローンのAIRFENCE 5.0を発表

Sensofusion社がカウンター・ドローンのAIRFENCE 5.0を発表

11月7日。カウンター・ドローン企業のSensofusion社(本社:フィンランド、CEO:Tuomas Rasila)は、次世代技術のAIRFENCE 5.0を発表した。新バージョンでは、不正なドローンの自動検出や追跡に加え、長距離妨害や指向性ジオロケーションなどの機能を強化している。


10kmの検出範囲があるAIRFENCE

UAVを検出するAIRFENCEのRF通信機

  Sensofusion社のAIRFENCEは、実世界の戦術シナリオで3年以上の軍事試験を受けて設計されたドローン検出システム。UAVの飛行を自動的に検出し、機種を特定し、追跡して、ピンポイントの精度でオペレータをリアルタイムで発見する。1つのAIRFENCEで10kmの範囲で不正なドローンを検出できるので、空港や刑務所にエネルギー施設、さらには官公庁や軍事基地など、多くの公共施設や警備の必要な箇所での導入が期待されている。
 最新バージョンとなるAIRFENCE 5.0は、検出と追跡の機能を強化し、長距離に及ぶジャミング機能を備え、耐久性も増した。またシステムはコンパクトなので、セットアップなども迅速だという。
 Sensofusion創設者兼CEOのTuomas Rasila氏は「私たちの最新のAIRFENCEプラットフォームは、過去数年間にわたり進化し続けてきたもので、FAA、NASA、米国海兵隊、欧州委員会の主要プロジェクトから学んだ教訓を取り入れています」と話す。

AIRFENCEの主な機能

この記事のライター

最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。