Sensofusion社がカウンター・ドローンのAIRFENCE 5.0を発表

Sensofusion社がカウンター・ドローンのAIRFENCE 5.0を発表

11月7日。カウンター・ドローン企業のSensofusion社(本社:フィンランド、CEO:Tuomas Rasila)は、次世代技術のAIRFENCE 5.0を発表した。新バージョンでは、不正なドローンの自動検出や追跡に加え、長距離妨害や指向性ジオロケーションなどの機能を強化している。


10kmの検出範囲があるAIRFENCE

UAVを検出するAIRFENCEのRF通信機

  Sensofusion社のAIRFENCEは、実世界の戦術シナリオで3年以上の軍事試験を受けて設計されたドローン検出システム。UAVの飛行を自動的に検出し、機種を特定し、追跡して、ピンポイントの精度でオペレータをリアルタイムで発見する。1つのAIRFENCEで10kmの範囲で不正なドローンを検出できるので、空港や刑務所にエネルギー施設、さらには官公庁や軍事基地など、多くの公共施設や警備の必要な箇所での導入が期待されている。
 最新バージョンとなるAIRFENCE 5.0は、検出と追跡の機能を強化し、長距離に及ぶジャミング機能を備え、耐久性も増した。またシステムはコンパクトなので、セットアップなども迅速だという。
 Sensofusion創設者兼CEOのTuomas Rasila氏は「私たちの最新のAIRFENCEプラットフォームは、過去数年間にわたり進化し続けてきたもので、FAA、NASA、米国海兵隊、欧州委員会の主要プロジェクトから学んだ教訓を取り入れています」と話す。

AIRFENCEの主な機能

この記事のライター

最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。