Sensofusion社がカウンター・ドローンのAIRFENCE 5.0を発表

Sensofusion社がカウンター・ドローンのAIRFENCE 5.0を発表

11月7日。カウンター・ドローン企業のSensofusion社(本社:フィンランド、CEO:Tuomas Rasila)は、次世代技術のAIRFENCE 5.0を発表した。新バージョンでは、不正なドローンの自動検出や追跡に加え、長距離妨害や指向性ジオロケーションなどの機能を強化している。


10kmの検出範囲があるAIRFENCE

UAVを検出するAIRFENCEのRF通信機

  Sensofusion社のAIRFENCEは、実世界の戦術シナリオで3年以上の軍事試験を受けて設計されたドローン検出システム。UAVの飛行を自動的に検出し、機種を特定し、追跡して、ピンポイントの精度でオペレータをリアルタイムで発見する。1つのAIRFENCEで10kmの範囲で不正なドローンを検出できるので、空港や刑務所にエネルギー施設、さらには官公庁や軍事基地など、多くの公共施設や警備の必要な箇所での導入が期待されている。
 最新バージョンとなるAIRFENCE 5.0は、検出と追跡の機能を強化し、長距離に及ぶジャミング機能を備え、耐久性も増した。またシステムはコンパクトなので、セットアップなども迅速だという。
 Sensofusion創設者兼CEOのTuomas Rasila氏は「私たちの最新のAIRFENCEプラットフォームは、過去数年間にわたり進化し続けてきたもので、FAA、NASA、米国海兵隊、欧州委員会の主要プロジェクトから学んだ教訓を取り入れています」と話す。

AIRFENCEの主な機能

この記事のライター

最新の投稿


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。


石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

愛媛県松山市の水がめの石手川ダムの通称赤橋。


Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日より開始した。