オートバックス、日本ドローン協会と協働でドローンの健全な普及を目指す

オートバックス、日本ドローン協会と協働でドローンの健全な普及を目指す

株式会社オートバックスセブンと一般社団法人日本ドローン協会は、ドローン(無人航空機)の健全な普及を目指し、協働してドローンの普及活動を行っていくことに合意した。


■ ドローンパイロット育成のための講習会や検定会を通じて、ドローンの性能や機能、航空法
の正確な理解を促進。
■ ドローンを安全に飛行するための知識と操縦技術を身に着ける場を提供。

 日本ドローン協会は、ドローンを安全かつ地域社会と調和を保って楽しむための情報発信、環境整備を行う団体です。モラルの伴う安全飛行の啓発として安全講習会の実施し、航空法の正しい知識を伝えるとともに、ドローン操縦体験ワークショップを開催するなど、安全で有意義なドローン利用の普及活動を行っています。(https://www.alldrones.org)また、当社は2017 年 9 月より、アウトドアやレジャーなど、クルマで出掛けた先での楽しみを提供することを目的に、DJI JAPAN と正規代理店を締結し、一部の店舗にてドローン販売を開始しました。

 重量が 200g を超えるドローンは『無人航空機』に該当し、航空法や電波法など、飛行に際していくつものルールがあり、国土交通省や航空局などへの申請や、安全に対する十分な配慮操縦の練習などが必要です。

このたび当社は、今後ますます活用の分野が広がるといわれているドローンについて、日本ドローン協会と協働で、お客様が安心してドローンを利用できるように、ドローンパイロットとしての知識や航空法などを正しく学ぶ場の提供や、安全に飛行するための操縦技術を身に付ける場の提供などを行ってまいります。

今後も「常にお客様に最適なカーライフを提案し、豊かで健全な車社会の創造を使命とする」という当グループの経営理念に基づき、新たなライフスタイルを提供してまいります。

この件に関するお問い合わせ

【お客様からのお問い合わせ】
オートバックスお客様相談センターフリーコール:0120-454-771
受付時間:平日 9:00~12:00 13:00~17:30

【報道関係者からのお問い合わせ】
株式会社 オートバックスセブン IR・広報部 小野田(おのだ)、鈴木(すずき)、垣内(かきうち)
〒135-8717 東京都江東区豊洲 5-6-52 NBF 豊洲キャナルフロント
TEL. 03-6219-8787 FAX. 03-6219-8762

※ 上記の画像等につきましては、ホームページよりダウンロードできます。
URL: http://www.autobacs.co.jp/ja/news/index.php

情報提供元:株式会社オートバックスセブン
https://www.autobacs.co.jp/ja/news/index.php

この記事のライター

最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。