米国Kittyhawk社が飛行管理システムのFlight Deckに新たな機能を追加

米国Kittyhawk社が飛行管理システムのFlight Deckに新たな機能を追加

11月7日。米国でドローンの飛行管理システムのFlight Deckを提供している米国Kittyhawk社は、新たにリアタイムでのビデオ共有と飛行追跡の機能を追加すると発表した。


DJIのFlightHubに対抗する機能を強化するFlight Deck

 Kittyhawk社は、米国を中心に54,000のユーザーが利用するFlight Deckという飛行管理システムを提供している。今回の発表では、新たにリアルタイムのテレメトリー機能を追加し、複数の場所を飛行しているドローンのオペレーターやチームの管理を実現した。また、ビデオとオーディオのライブストリーミングも発表した。Flight Deckを利用するパイロットは、DJIのドローンを飛行させながら、クラウドを介して世界のどこからでも、モバイルデバイスを通してチームのメンバーとビデオやオーディオを安全に共有できる。

リアルタイムでの飛行管理の画面例

 Flight Deckの新しいストリーミング機能には、Common Traffic Advisory Frequency-like(CTAF)機能も含まれ、ユーザーは誰でもリアルタイムでストリームを視聴できる。またチームのメンバーは、パイロットなどとシームレスにコミュニケーションが取れるので、災害現場やインフラ点検などのライブビデオを見ながら、離れた場所からでも状況を的確に把握できるようになる。

リアルタイムでのビデオストリーミング共有の画面例

 Flight Deckのビデオストリーミング機能は、エンタープライズ契約ユーザーから提供を開始し、2018年には全ユーザーに提供する予定。対応するドローンの機種は、DJI Matrice, DJI Inspire 2, DJI Inspire 1, DJI Mavic, DJI Phantom 4 PRO, DJI Phantom 4, DJI Phantom 3 Series, DJI Spark。

この記事のライター

関連する投稿


米国Kittyhawk社がリアルタイムの飛行管理ソリューションを提供

米国Kittyhawk社がリアルタイムの飛行管理ソリューションを提供

米国5月17日。ドローンのオペレーション用ソフトウェアを開発しているKittyhawk社(本社:米国サンフランシスコ、CEO:Jon Hegranes)が、複数ドローンの運行をリアルタイムで管理できる新しい飛行制御プラットフォームを発表した。


最新の投稿


JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業が登壇、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。参加者募集中。


CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(所在地:東京都港区、会長:萩原紀男、以下CSAJ)は、国内初となるCSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日を決定した。ドローンタイムズでは、メディア協賛として同コンテストのスポンサー企業を取材し、日本のドローン産業への展望や期待を聞いていく。


いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

2016年に日本ロマンチスト協会と日本財団の「恋する灯台プロジェクト」により新潟県糸魚川市能生の弁天岩灯台が聖地認定された。


福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

 福島県郡山市の職業学校、国際情報工科自動車大学校(WIZ)は2月15日、第2回「ドローン活用人材育成協議会」を開き、ドローン業界で活躍する産、官、学の専門家が集まった。この日は1月下旬から2月上旬にかけて行われた調査についての報告がされた。


慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(代表・古谷知之総合政策学部教授)は、2月1日付の体制変更を発表した。事務局長だった南政樹・政策メディア特任助教が副代表に、高橋伸太郎・政策メディア研究科特任講師が事務局長に就任。近く到来を見込む〝ドローン前提社会〟でのよりよい社会の実現を目指し体制を強化する。