DJIがドローンの飛行オペレーションからフライトデータなどをリアルタム管理する「FlightHub」発表

DJIがドローンの飛行オペレーションからフライトデータなどをリアルタム管理する「FlightHub」発表

DJI は企業やドローンサービスのプロバ イダーを対象に、単一プラットフォームでドローンの効率的な業務管理ができる「FLIGHTHUB」 を発表した。


 今回発表された「FlightHub」 は、ドローンの飛行オペレーションからフライトデータ、パイロット運用のリアルタイムでの管理を実現したことで商業用途のニーズに 応えるものとなっている。
 DJI のエンタープライズパートナー部門を統括する Jan Gasparic氏によると「単一プラットフォームで提供する FlightHub は、操縦 現場から離れた場所からでも安全に管理でき、準備のために必要な時間はわずか数秒です」と述べている。

ドローンオペレーションを遠隔からリアルタイムで確認

 FlightHub は、現場のパイロットと離れた場所にいるチームとを効率的に連携させられるため、ド ローンの業務活用の一元管理を実現する。マップビューとリアルタイムビューは、意思決定に必要 なテレメトリデータ、カメラデータやセンサーデータなど、様々な情報を表示する。

・マップビュー

 地図情報を基に、現場から離れた場所にいるチームに飛行中のドローンのテレメトリデータをリアル タイムで提供する。これにより、ドローンの一斉飛行や複数チームによる飛行などのオペレーショ ンも容易に行うことができる。さらに、ジオフェンシングシステムにより、規制や制限による飛行禁止エリア や、安全上飛行に問題があるエリアが自動で特定され、ユーザーは常に最新情報を確認できる。

・リアルタイムビュー

 現場から離れた場所にいるチームに、飛行中の最大 4 機までのドローンからライブ動画を配信することができる。これにより、現場にいるパイロットと離れた場所にいるエンジニアの情報連携を実現させ、適切なワークフローを導入できる。さらに、重要なフライト業務においては、リアルタイムデータを提供することで、迅速な意思決定が可能になる。

どこからでも安全にフライトデータへアクセス

 FlightHub のデータ管理ツールには、飛行データを検索できるデータベースに安全に同期し、保存できる機能がある。これにより、プロジェクトやフリートの規模にかかわらず、規制や法令への 順守とパイロットの責任を明確にし、チーム管理が強化される。

・フライトログと統計情報

 これらの情報は、データベースに同期し、保存が可能。過去のフライト情報も検索可能なデータ ベースが作成されるため、パイロットは飛行情報をマニュアルで記録する必要がない。アドミニストレーターは過去のテレメトリデータを保存でき、規制や法令への順守とオペレーション 管理を簡単に行えるため、より効果的な内部コミュニケーションが可能になる。

・安全なウェブアクセスとクラウドストレージ

 米国を拠点とする Amazon Web Service(AWS)サーバーを介して、どのようなウェブブラウザから でも FlightHub へアクセスできる。FlightHub のデータ管理オペレーションは、SOC2 AICPA 基準 に準拠した評価を受けている。また、今後のバージョンで、企業や団体の最も高レベルなデータセ キュリティの要求にも応えるプライベートクラウド機能が統合される予定。

・メディアライブラリー

 写真や動画も含む飛行情報を操縦アプリ「DJI PILOT」から直接 FlightHub へ伝送し、時間を短縮で きる。さらに、DJI Pilot や SD カードから、データをマニュアルで伝送するプロセスも省略できる。(近日公開予定)

フリートとチーム管理を簡単に

 FlightHub は、内部のリソース管理を強化するため、効率的なチーム間調整や効果的な機材購入と メンテナンスを可能にする階層を設定し、飛行チームとフリート(航空隊)の概要を提供する。

・フリート管理機能

 機体の使用状況を簡単に追跡できる。フライトを個々のデバイス名で監視できるため、より効率的 に機材購入計画を立てられる。

・チーム管理機能

 ユーザーは Administrator(アドミニストレーター)、Captain(キャプテン)、Pilot(パイロット)の 階層システムからチームを設定し、管理できる。また、クライアント、位置、ミッションタイプに よってチームをセグメント化できるので、リソースとチーム管理が強化できる。

 FlightHub へのアクセスはウェブブラウザから可能。データは、ユーザーの Android で作動する
DJI Pilot、もしくは DJI CrystalSky のモニターから安全に伝送される。FlightHub は、DJI の 「MATRICE 200」シリーズ、「MAVIC PRO」、「PHANTOM 4」シリーズ、「INSPIRE 2」に対応。

価格と販売時期

 FlightHub は、企業顧客を対象に、下記 3 種類のプランで提供

  ベーシックプランとアドバンスドプランは、DJI オンラインストアにて販売予定。 エンタープライズプランの販売時期および価格については、後日改めて案内するとしている。

・ベーシック:
月額料金:12,800 円、年間料金:129,000 円(税込) リアルタイムビューを除くすべての機能が、最大 5 機のドローン利用可能

・アドバンスド:
月額料金:38,800 円、年間料金:388,000 円(税込) ベーシックプランのすべての機能と、リアルタイムビューの機能が、最大 10 機のドローンで利用可能。

・エンタープライズ:
アドバンストプランのすべての機能が、最大 10 機のドローンで利用可能。さらに、データをプライ ベートクラウドに統合できる機能が追加予定。
※エンタープライズプランの販売時期および価格については、後日改めて案内される。

FlightHub のオープン β テストへの参加者を募集

 DJI では、FlightHub のオープン β テストへの参加者を募集している。
 テスト期間は 11 月 14 日か ら 12 月 14 日までです。β テストにご協力頂くユーザーには、テスト期間中ベーシックアカウントを 無料で提供される。またβ テストの終了後より、FlightHub サービスを開始できる。 FlightHub についての情報、オープン β テストへの参加希望者は、www.dji.com/flighthub  でご確認のこと。

 FlightHub は、DJI の AirWorks カンファレンスで発表された。AirWorks カンファレンスは、年次 開催され、3 日間の期間中、農業、建築、エネルギー、インフラ、人命救助といったさまざまな分野 でプレゼンテーションやハンズオンワークショップ、トレーニングセッションに参加できる。 AirWorks カンファレンスは、11 月 7 日より米国デンバー州コロラドで開催中。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI フライトハブ FlightHub

関連する投稿


ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命救助に役立った。DJIは、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと発表した。


岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

一般社団法人岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、 会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を、5月23日に締結した。 同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回がはじめて。今後は大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に、雫石町が同協会に出動の要請を行う。


DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都品川、代表取締役:呉韜)は、赤外線カメラのZENMUSE XT2の国内事例を報道関係者と代理店や関係者に発表した。


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。