米国AT&Tがハリケーン被災地で通信復旧にLTEドローンを飛ばす

米国AT&Tがハリケーン被災地で通信復旧にLTEドローンを飛ばす

米国の通信会社のAT&Tは、9月の後半にハリケーン・マリアの被害にあったプエルトリコで、LTE通信を装備したCOW(Cell on Wings)ドローンを飛ばして、モバイル通信の復旧に取り組んでいる。


最大40平行マイルにモバイル通信を提供

AT&TのCOWドローンは有線で飛行する

 AT&Tのヘリコプター型ドローンのCOW(Cell on Wings)は、地上から200~400フィート(約60~120メートル)の上空に浮上し、最大で40平行マイル(約103平行キロメートル)のエリアに、モバイル通信を提供する。飛行は、プエルトリコのサンフアン地区で行われている。
 9月にハリケーン・マリアの被害を受けたプエルトリコでは、47.8%のモバイル通信サイトが不通になり、11月6日の時点でも30%以上がつながらない状態にある。AT&TのCOWドローンは、最大で8,000人まで同時に接続できる性能を備えている。
 公開された動画によれば、COWドローンは有線給電とLTE通信の中継機能を備えている。COWドローンの連続飛行時間は不明だが、一部の報道によれば米国IT企業のアルファベットのバルーンによるモバイル通信も準備しているという。AT&Tによれば、ドローンのLTEセルサイトが、災害時に住民との接続に成功したのは、今回が初となる。

この記事のライター

関連する投稿


米AT&T、LTEドローンで〝空飛ぶアンテナ〟を計画 基地局の点検はスタート

米AT&T、LTEドローンで〝空飛ぶアンテナ〟を計画 基地局の点検はスタート

 米通信大手のAT & Tが、携帯電話のつながりにくい場所に空飛ぶアンテナがわりにドローンを運用することを計画しているという。携帯電話基地局の点検には利用し始めており、今後実用に向けた動きが加速しそうだ。


クアルコム(Qualcomm)がAT&T社とセルラーネットワークを利用したドローンの実証実験を発表

クアルコム(Qualcomm)がAT&T社とセルラーネットワークを利用したドローンの実証実験を発表

 クアルコムはAT&T社と商用のLTEネットワークを利用したドローンの飛行テストを行うと発表した。実験では、ドローンがLTE及び5Gを含む将来のネットワーク上で安全に動作するかを分析する。


通信回線を確保するため、花火・夏フェス会場にドローンを飛ばす!

通信回線を確保するため、花火・夏フェス会場にドローンを飛ばす!

つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通信会社のAT&T社は、イベント会場に通信回線を確保するために、ドローンを飛ばそうと計画中。というのも、こんな問題が過去に起きていたんです。


最新の投稿


ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

 ドローンの魅力を発信する活動を続けているササモモさん(佐々木桃子さん)率いる女性チームの新しい名称が「DRONE-JO+(ドローンジョプラス)」に正式に決まった。イベントや体験会の企画、参加、などを通じて、今後も精力的に活動を続ける。


「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

株式会社ORSOは、ドローン操縦の基礎を、楽しみながら覚え、上達できるようになることを目指した、操縦者教育機能を搭載したスマートフォンアプリ「DRONE STAR」に対応した超小型機体「DRONE STAR 01」を2018年1月14日まで価格を下げて販売する。


セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 水中ドローン「BlueROV2」の無料体験会を、 2017年12月1日(金)千葉県 市川マリンセンターにて開催する。


NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県は、福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証に関する協定を11月22日締結した。本協定を通じて、NEDOと福島県の連携を強化し、NEDOプロジェクトにおいて福島ロボットテストフィールドを積極的に活用することで福島イノベーション・コースト構想の推進とロボット・ドローン産業を活性化する


若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI は、同社が主催するロボットコンテス 「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したと発表した。2018 年の RoboMaster 優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと 75,000 米ドルが授与される。