千葉市が、民間企業向けの「ドローンフィールド」を開設 ~市所有施設を活用し、ドローン飛行場所を無償提供

千葉市が、民間企業向けの「ドローンフィールド」を開設 ~市所有施設を活用し、ドローン飛行場所を無償提供

千葉市は市内企業の技術開発及び市外企業の本市への立地を促進するため、ドローンの飛行場所「ドローンフィールド」を開設すると発表した。


 千葉市はドローン(小型無人機)の関連企業誘致や研究開発を促進するため、市有地3カ所に、企業専用のドローン飛行実験場「ドローンフィールド」を開設すると7日、発表した。12月から無償で貸し出しができるよう準備に入った。
 同市の国家戦略特区推進課によると、開設されるフィールドは緑区の大和田調整池、大高調整池の2カ所と若葉区の市農政センターの計3万3250平方メートル。いずれも航空法で飛行背減されている人口密集地ではないためドローンの飛行規制はない。使用できるのは市内の企業もしくは市内に進出を希望している企業に限られ、個人使用は認められない。利用条件や、ルールは改めて市のホームページで公開する。今回開設されるフィールド以外の場所でも要望あれば個別に調整するとしている。
 また今回のフィールドでは、楽天が米Airmap社と設立、運用するエアマップの導入が検討されている。

開設場所

※開設場所は周辺の安全を確保しやすい飛行に適した場所を選定(別紙1「ドローンフィールド」参照)

参考:千葉市HP
https://www.city.chiba.jp/sogoseisaku/sogoseisaku/tokku/tokku_dronefield.html

この記事のライター

関連するキーワード


ドローンフィールド 千葉市

関連する投稿


Japan Drone 2017速報・国内ドローン産業を支援する産官学の取り組み

Japan Drone 2017速報・国内ドローン産業を支援する産官学の取り組み

Japan Drone 2017の国際展示会には、国内のドローン産業を支援するための行政や組織も参加していた。その中から、注目された国産ドローンを紹介する。


ドローンタイムズセミナー ドローンが切り開く日本の地方創生(3)

ドローンタイムズセミナー ドローンが切り開く日本の地方創生(3)

地方創生をテーマにしたドローンタイムズのセミナーに、内閣府地方創生推進事務局 審議官 藤原豊氏が登壇し、「『国家戦略特区』におけるドローンの技術実証」について講演した。藤原氏は、岩盤規制の改革に挑む国家戦略とドローンによる地方創生の取り組みについて語った。


ドローン19年宅配実用化へ 千葉市舞台に「空の産業革命」第一歩

ドローン19年宅配実用化へ 千葉市舞台に「空の産業革命」第一歩

 荷物を積んだ小型無人機「ドローン」がマンションのベランダに次々着陸-。千葉市と国、大手企業などが、高層マンションの立ち並ぶ同市美浜区の幕張新都心を舞台に、ドローン宅配を2019年ごろに実用化する検討を本格化させている。安全面やコストなど課題は残るが、関係者は「『空の産業革命』の第一歩」と意気込んでいる。


クリス・アンダーソン氏が講演 「ドローンで地球を管理する」

クリス・アンダーソン氏が講演 「ドローンで地球を管理する」

ドローン元年と呼ばれた2015年を経て、ドローンの話題を目にすることも増えました。今後は、ホビー用途としてだけでなく、BtoBマーケット、産業領域での活用がより進むことが予想されます。


最新の投稿


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。