Coaidoとダイヤサービス、緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結

Coaidoとダイヤサービス、緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結

Coaido株式会社(東京都文京区)と、 株式会社ダイヤサービス(千葉県千葉市)は、 下記のとおり、 緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結した。


Coaido株式会社と、 株式会社ダイヤサービスは、この包括的業務提携で、 ドローンによる救急事案発生時の恒常的な医療機器・薬剤の搬送、 災害時のドローンによる安全な偵察飛行等の実現を加速するとしている。また 両社の事業シナジーが高い分野での協力について、 今後も検討を進めていく。

 Coaidoは、 次世代119アプリ「Coaido119」(コエイド119)を開発し、 同アプリの社会実装をIPA委託事業として池袋において実施している。 これまでも救急救命に関する実証事業を数多く実施しており、 救急救助・火災・災害等に関するICT・IoT領域の専門知識、 心肺蘇生の教育や啓発等に関する革新的な技術や手法、 そのほか広く緊急時の現場活動等で培ったノウハウを持っている。

 一方、ダイヤサービスは、 空撮事業のみならずドローンのフィールドやメディアの運営事業を展開、 将来的に救急救助・火災・災害分野でのドローン活用を目指している。 一般的な空撮業者とは異なり、 災害現場で実際にドローンを活用した実績から得た、 実践的かつ汎用性の高い優れた知見・ノウハウを持っている。

この記事のライター

関連するキーワード


Coaido ダイヤサービス

関連する投稿


ダイヤサービス、ドローンを活用した害獣対策事業において助成金採択

ダイヤサービス、ドローンを活用した害獣対策事業において助成金採択

ドローンを活用した運用サービスを中心に手がける株式会社ダイヤサービスは、「ドローンを活用した害獣対策の実運用に向けた狩猟方法確立およびビッグデータ化」事業で、2018年上期の公益財団法人ひまわりベンチャー育成基金より助成金の採択を受けたと発表。


Coaido、Swift XiのVTOL型ドローン「Swift020」とCoaido119アプリが連携した実動訓練の映像公開

Coaido、Swift XiのVTOL型ドローン「Swift020」とCoaido119アプリが連携した実動訓練の映像公開

Coaido(コエイド) 株式会社は、スウィフト・エックスアイ株式会社が主催し、神戸市がサポートするVTOL(垂直離陸)型ドローン「Swift020」のデモンストレーション(7月21日、神戸市のメリケンパーク)に参加し、次世代救命アプリ「Coaido119」連携の訓練を実施した。


ドローン空撮事業のダイヤサービスが、地元町会と防災協力協定

ドローン空撮事業のダイヤサービスが、地元町会と防災協力協定

 ドローンによる空撮事業を手掛ける株式会社ダイヤサービス(千葉市)は、本社を構える千葉市花見川区畑町の町会組織「畑町防災会」と「ドローン活用に関する災害発生時の防災協力協定」を締結すると発表した。


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。