ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

 地域のお祭りで、ドローンの体験会が人気だ。11月3日には福島県田村市、4日にはさいたま市の地域のお祭りにドローン体験会が初参加し、子供を中心に行列が途切れない人気を見せつけた。田村市のまつりにはドローンアイドルもステージに登場し歌を披露するなど、ドローンは射的、スーパーボールすくいとともに、定番の出し物となる勢いだ。


田村市で、常葉地域のまつり「ふれあい三日市」にドローン登場

さあ、高得点にチャレンジ!

 ドローンによる地元活性化に力を入れる福島県田村市では3日、常葉地区で「第32回常葉商工まつりふれあい三日市」が開催され、ドローンの体験会と、ドローンアイドルのステージが来場者のおまつり気分を盛り上げた。
 体験会場は、常葉行政局広場の一角。体験会を引き受けたのは、女子力を活用してドローンの魅力を発信するササモモさん(佐々木桃子さん)率いるチームのメンバーで、ドローンの操縦経験を持つめいちゃん(武田葉さん)、つやぴょん(福原艶香さん)、おもってぃん(表さゆりさん)、ゆうぽん(小泉優歩さん)、あやのん(水乃彩さん)ら5人を中心に、チームのマネジメントを受け持つスタッフがサポートを引き受けた。
 広場の一角の決められた場所に、キャンプ用のカラフルなテントをはり、ドローンが飛び出さないよう囲いをつけた。テント内の地面に「50」「35」など数字の書かれたボードをセットして準備完了。
 体験者はドローン「Parrot MAMBO」の飛ばし方を女子チームのスタッフに教わると、さっそく操縦開始だ。スタート地点からドローンを飛ばし、得点ボードへの着陸を目指す。ボード上に着陸できたら、そこに記されている数字が自分の得点になる。1回の挑戦で、4回繰り返すことができる。合計点で200点満点をたたきだすと、テントわきに張り出されたランキング表の一番上の「スーパーヒーロー」欄に名前を書ける。
 参加者は慎重にプロポを操作しながら、ドローンの動きに歓声をあげたり、笑い声をあげたりして終始大盛り上がり。付き添いの両親が子供の奮闘ぶりを写真を納める光景が続いた。正午すぎからは参加希望者が増え、列が長くなったため、急遽、会場を増設して対応した。
 「ふれあい三日市」は合併して田村市になる前の常葉町のときから続く、地元商工会主催の祭りで、「地域住民6000人のうち3000が参加する地域で最大のにぎわい」を誇る。この日も、地元の野菜などの生鮮食品など物販、スイーツ、コロッケ、串焼きなどの飲食、射的などのブースが並んだ。

得点別ランキング表に名前を記録できる

ドローン体験会の前は行列が途切れることがなかった

ゆうぽん、あやのんのユニット、ドローンの歌『フライ♡スカイ♡ハイ』披露!

i♡droneのゆうぽん(左)とあやのんは、息のあったパフォーマスで会場から声援と拍手をあびた。ドローンをテーマにした『フライ♡スカイ♡ハイ』もお披露目した

 また、ゆうぽんとあやのんの2人は、そろいのコスチュームで身を包み、アイドルユニット「i♡drone(アイドローン)」としてステージで活躍。この日は30分のステージを2回つとめ、オリジナル曲でドローンをテーマにした『フライ♡スカイ♡ハイ』や、そのほかのオリジナルの楽曲、アニメのテーマソングなどを披露した。ステージ中には会場が「かわいいっ!」と歓声があがる場面もあった。
 歌と歌の合間には、ドローンをしっかりと宣伝。「ドローンにはカメラが付いているものもあって、それで撮影した写真とか動画とかをみると、ふだんの生活ではなかなかみられない角度や高さからの景色がみられてとっても楽しいんですよ」と、魅力をアピールしていた。
 ふれあい三日市を主催した常葉町商工会の渡邊兵吾会長は「ドローンの企画を盛り込んで大成功です。あんなににぎわっていますし。田村市全体でドローンを推進していることもあるので、とっても相性がいい。ぜひこれからも、引き続きドローンを取り入れていきたい」と話した。
 渡邊会長は、地元の機械加工、マシニング加工の株式会社エクストエンジニアの代表取締役。今回の「ふれあい三日市」は、フォーなどのベトナム料理を販売する店を今回はじめて出店した。同社に勤務する7人のベトナム人社員が、調理に腕をふるい、笑顔で接客する姿をみて、「店も出してよかった。これで地元の人々にもっと認知してもらえるとうれしい」と目を細めていた。
(エクストエンジニア:http://www.extengineer.co.jp/
 なお田村市では4日にも、都路(みやこじ)地区で「みやこじ商工祭」が開かれ、ここでは慶大からドローンの知識、技術などの指導を受けた福島県立船引高校の生徒4人が、会場やステージの様子を空撮するためにドローンをフライト。祭りの最中に雨がふったため、安全を第一に考えてフライトはそこで打ち切ったが、生徒のドローン活動は会場で紹介され、4人がステージにあがってあいさすると、会場から拍手が沸いた。

「ふれあい三日市」でのドローン企画を喜んだ渡辺商工会長は、経営する会社のベトナム出身の社員を連れてベトナム料理を提供するお店を出した

浦和競馬場ではテント3基に行列 この日だけで300人!

 さいたま市でも4日、南区にある浦和競馬場で、「南区ふるさとふれあいまつり」が開かれ、ドローン体験コーナーが初めて登場した。広大な敷地の中にひしめくように並ぶ、屋台、ブース、ステージから少し離れた場所に、テントを3基設置。田村市のまつりでも活躍した得点ボードのほか、バケツ玉入れ、輪くぐりの3タイプのゲームに挑戦できる。
 体験希望者の相手をしたのは、ササモモさん、はぴさや(高橋早矢歌)さん、原田久美子さん、いづみさん(山端いづみさん)、関根麻里子さん、ササモモさん。めいちゃん、つやぴょんは田村市の翌日、浦和競馬場に駆け付けた。
 この日もドローンは子供たちに大人気。この日だけで約300人がテントを訪れており、おまつりの出しものとしてのドローンは、しばらく人気が衰えそうにない。

興味津々でプロポをのぞきこむ女の子にササモモさんがドローン人材育成中

「南区ふるさとふれあいフェアの会場に設置したドローン体験会場です。人が、結構集まっています」と中継する、はぴさやさん

デモフライトのあとにドローンのまわりに集まる子供たち

みやこじ商工祭で会場の様子を撮影する福島県立船引高校の生徒たち。このあと、天候が悪化したため安全に配慮してフライトを打ち切った。フライトを中止する判断もドローン操縦者に必要な要素

ドローンの活動を紹介されてステージであいさつをする船引高校の生徒たち

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

 ドローンによる活性化に取り組む福島県田村市で6月30日、高校生向けのドローン特別講座が福島県立船引高校で開かれた。この日は田村市の校長、広島県神石高原町の入江嘉則町長講座ら多くの来訪者が視察した。


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


【慶大×田村市】「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

【慶大×田村市】「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

 慶應義塾大学と包括的な連携協定を結んでいる福島県田村市は3月20日、ドローンによる産業創出、地域活性化を目指す「ドローンコンソーシアムたむら」の設立総会を田村市役所で開催した。地域主体のドローンの活動組織は前例がなく、各層から話題を集めそうだ。


【慶大×田村市】「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

【慶大×田村市】「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

 慶應義塾大学とのドローン包括連携をきっかけに、ドローン活用の取り組みに力を入れている福島県田村市は、ドローンに関連する知見を集め、地域や社会、参加者に還元する「ドローンコンソーシアムたむら」を設立させる。ドローン活用に意欲的な法人、個人の会員を市内外から広く募る。3月下旬に設立総会を開く。


最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。