ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

 地域のお祭りで、ドローンの体験会が人気だ。11月3日には福島県田村市、4日にはさいたま市の地域のお祭りにドローン体験会が初参加し、子供を中心に行列が途切れない人気を見せつけた。田村市のまつりにはドローンアイドルもステージに登場し歌を披露するなど、ドローンは射的、スーパーボールすくいとともに、定番の出し物となる勢いだ。


田村市で、常葉地域のまつり「ふれあい三日市」にドローン登場

さあ、高得点にチャレンジ!

 ドローンによる地元活性化に力を入れる福島県田村市では3日、常葉地区で「第32回常葉商工まつりふれあい三日市」が開催され、ドローンの体験会と、ドローンアイドルのステージが来場者のおまつり気分を盛り上げた。
 体験会場は、常葉行政局広場の一角。体験会を引き受けたのは、女子力を活用してドローンの魅力を発信するササモモさん(佐々木桃子さん)率いるチームのメンバーで、ドローンの操縦経験を持つめいちゃん(武田葉さん)、つやぴょん(福原艶香さん)、おもってぃん(表さゆりさん)、ゆうぽん(小泉優歩さん)、あやのん(水乃彩さん)ら5人を中心に、チームのマネジメントを受け持つスタッフがサポートを引き受けた。
 広場の一角の決められた場所に、キャンプ用のカラフルなテントをはり、ドローンが飛び出さないよう囲いをつけた。テント内の地面に「50」「35」など数字の書かれたボードをセットして準備完了。
 体験者はドローン「Parrot MAMBO」の飛ばし方を女子チームのスタッフに教わると、さっそく操縦開始だ。スタート地点からドローンを飛ばし、得点ボードへの着陸を目指す。ボード上に着陸できたら、そこに記されている数字が自分の得点になる。1回の挑戦で、4回繰り返すことができる。合計点で200点満点をたたきだすと、テントわきに張り出されたランキング表の一番上の「スーパーヒーロー」欄に名前を書ける。
 参加者は慎重にプロポを操作しながら、ドローンの動きに歓声をあげたり、笑い声をあげたりして終始大盛り上がり。付き添いの両親が子供の奮闘ぶりを写真を納める光景が続いた。正午すぎからは参加希望者が増え、列が長くなったため、急遽、会場を増設して対応した。
 「ふれあい三日市」は合併して田村市になる前の常葉町のときから続く、地元商工会主催の祭りで、「地域住民6000人のうち3000が参加する地域で最大のにぎわい」を誇る。この日も、地元の野菜などの生鮮食品など物販、スイーツ、コロッケ、串焼きなどの飲食、射的などのブースが並んだ。

得点別ランキング表に名前を記録できる

ドローン体験会の前は行列が途切れることがなかった

ゆうぽん、あやのんのユニット、ドローンの歌『フライ♡スカイ♡ハイ』披露!

i♡droneのゆうぽん(左)とあやのんは、息のあったパフォーマスで会場から声援と拍手をあびた。ドローンをテーマにした『フライ♡スカイ♡ハイ』もお披露目した

 また、ゆうぽんとあやのんの2人は、そろいのコスチュームで身を包み、アイドルユニット「i♡drone(アイドローン)」としてステージで活躍。この日は30分のステージを2回つとめ、オリジナル曲でドローンをテーマにした『フライ♡スカイ♡ハイ』や、そのほかのオリジナルの楽曲、アニメのテーマソングなどを披露した。ステージ中には会場が「かわいいっ!」と歓声があがる場面もあった。
 歌と歌の合間には、ドローンをしっかりと宣伝。「ドローンにはカメラが付いているものもあって、それで撮影した写真とか動画とかをみると、ふだんの生活ではなかなかみられない角度や高さからの景色がみられてとっても楽しいんですよ」と、魅力をアピールしていた。
 ふれあい三日市を主催した常葉町商工会の渡邊兵吾会長は「ドローンの企画を盛り込んで大成功です。あんなににぎわっていますし。田村市全体でドローンを推進していることもあるので、とっても相性がいい。ぜひこれからも、引き続きドローンを取り入れていきたい」と話した。
 渡邊会長は、地元の機械加工、マシニング加工の株式会社エクストエンジニアの代表取締役。今回の「ふれあい三日市」は、フォーなどのベトナム料理を販売する店を今回はじめて出店した。同社に勤務する7人のベトナム人社員が、調理に腕をふるい、笑顔で接客する姿をみて、「店も出してよかった。これで地元の人々にもっと認知してもらえるとうれしい」と目を細めていた。
(エクストエンジニア:http://www.extengineer.co.jp/
 なお田村市では4日にも、都路(みやこじ)地区で「みやこじ商工祭」が開かれ、ここでは慶大からドローンの知識、技術などの指導を受けた福島県立船引高校の生徒4人が、会場やステージの様子を空撮するためにドローンをフライト。祭りの最中に雨がふったため、安全を第一に考えてフライトはそこで打ち切ったが、生徒のドローン活動は会場で紹介され、4人がステージにあがってあいさすると、会場から拍手が沸いた。

「ふれあい三日市」でのドローン企画を喜んだ渡辺商工会長は、経営する会社のベトナム出身の社員を連れてベトナム料理を提供するお店を出した

浦和競馬場ではテント3基に行列 この日だけで300人!

この記事のライター

関連する投稿


「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

 慶應義塾大学と包括的な連携協定を結んでいる福島県田村市は3月20日、ドローンによる産業創出、地域活性化を目指す「ドローンコンソーシアムたむら」の設立総会を田村市役所で開催した。地域主体のドローンの活動組織は前例がなく、各層から話題を集めそうだ。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

 慶應義塾大学とのドローン包括連携をきっかけに、ドローン活用の取り組みに力を入れている福島県田村市は、ドローンに関連する知見を集め、地域や社会、参加者に還元する「ドローンコンソーシアムたむら」を設立させる。ドローン活用に意欲的な法人、個人の会員を市内外から広く募る。3月下旬に設立総会を開く。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。


【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

 ドローンを活用した地域活性化に取り組む福島県田村市の皮籠石直征副市長が1月30日、東京・大手町のDroneTimesのオフィスを訪ねて頂きました。2017年9月に同市で開催された野外音楽フェス「ONE+NATION music circus in TAMURA」で掲示したDroneTimesの名前入り幟を頂いたところ


【2018展望】慶大・南政樹氏(上) 〝田村モデル〟の人材育成カリキュラムを拡充 他地域への展開も

【2018展望】慶大・南政樹氏(上) 〝田村モデル〟の人材育成カリキュラムを拡充 他地域への展開も

 ドローンの発展に奔走するキーマンは2018年をどう展望するのか。慶應義塾大学は2016年12月に福島県田村市と〝ドローン連携協定〟を締結し、高校生にドローン講座を提供するなど田村市の活性化に取り組んできた。活動で中心的な役割を担った南政樹特任助教に次の一手と、業界の展望を聞いた。2回に分けてお届けする。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。