スカイシーカーが西武信金のビジネスフェアでドローン活用をPR

スカイシーカーが西武信金のビジネスフェアでドローン活用をPR

西武信用金庫(本店:東京都中野区)による「第18回ビジネスフェア」が11月2日開催され、社会課題解決へのイノベーションのひとつとして株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)によるドローン活用が紹介された。


ドローン活用を模索する企業のビジネスマッチングの場

 西武信用金庫(本店:東京都中野区)による「第18回ビジネスフェア」が11月2日開催され、社会課題解決へのイノベーションのひとつとしてドローン活用が紹介された。
 会場となった東京ドームシティー・プリズムホール(東京都文京区)では、フロア中心にドローン実演コーナーのフライトケージが設置され、株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)の代表取締役 佐々木政聡氏 によるドローン活用のミニセミナーとデモフライト、体験会が行われた。ビジネスフェアは、ビジネスマッチングがメインの展示会とあって、スーツ姿のビジネスマンの姿が目立ったが、ドローンのデモ飛行が行われるとその多くが足を止め見入っていた。
 ミニセミナーでは、参加者のほとんどがドローンに触れたこともないことから、最初にドローンを取り巻く現状とこれから市場規模が拡大される見通しなどが説明された。またドローンの活用として物流、土木分野での測量、インフラ点検、農業分野での農薬散布や精密農業、災害対応での避難誘導といった様々な分野でのドローンの活躍が期待されていることが紹介されると、参加者は真剣に聞きいっていた。

ドローンの利活用について節米するスカイシーカーの代表取締役 佐々木政聡氏=11月2日、東京都文京区の東京ドームシティ・プリズムホール

 DJI製のPhnatomを使ったデモフライトでは、ケージの周囲に人垣ができる程の盛況ぶりで、続いて行われたドローン体験会では、初めてコントローラーを握る参加者が次々とドローンを飛ばした。
 今回のビジネフェアついて佐々木社長は「多くの出展企業から、自分たちの企業でドローンを活用できないかといった相談や提案が多くあった」と今回のビジネスフェアでのビジネスマッチングに期待を寄せた。

Phantomuのデモフライトではケージの周囲に人垣ができた。

ドローン体験会では操縦の簡単さに笑顔がこぼれた。

ドローンに最適のプライムスターの蓄電池 「HUG」シリーズ

 今回会場でドローンの充電などに使っていたのがプライムスター株式会社(東京都港区)の蓄電池のHUG3200とHUG400。防災非常用蓄電池として同社が開発したものだが、野外での使用が多いドローンにも応用できるためスカイシーカーが販売も行っている。
 HUGシリーズは安全性の高いリチウムイオンバッテリー搭載。今回のフェアでスカイシーカーは、HUG3200をディスプレーやパソコンに、HUG400をPhantomの充電に使った。
 スカイシーカーでは、先月、福島県南相馬市で行われたJUTMの実証実験でも車載してドローンの充電に使用した。

ディスプレーからパソコンの電源やドローンの充電まで活躍していたHUG3200(右から2台目)とHUG400(右端)。

この記事のライター

関連する投稿


スカイシーカーの特殊訓練講習「Sky Camp」 目視外、夜間、物資輸送のノウハウを習得

スカイシーカーの特殊訓練講習「Sky Camp」 目視外、夜間、物資輸送のノウハウを習得

ドローンによる害獣調査や災害対応などのソリューションを提供する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)が、12月7日、8日の2日間にわたり、第1回目となる産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」を群馬県館林市と邑楽郡で開催した。2回目のSky Campは2018年3月中を予定している。


スカイシーカーが福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始

スカイシーカーが福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始

(株)スカイシーカーは(株)アルサと共同で12月13日より福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始した。


【橋梁・トンネル技術展】社会問題にドローン活用を提供するスカイシーカーと、ドローン用蓄電池のプライム・スターがタッグ

【橋梁・トンネル技術展】社会問題にドローン活用を提供するスカイシーカーと、ドローン用蓄電池のプライム・スターがタッグ

ドローンによる様々なソリューションを提供する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)がプライム・スター株式会社(東京都港区)のドローン用蓄電池を販売、今回両社は共同で出展を行った。


東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

11月19日。東京都あきる野市は、同市立の御堂中学校の校庭で、ドローンを用いた救助救出訓練を実施した。株式会社スカイシーカー(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐々木政聡)のパイロットがサポートを行い、訓練メニューは一般社団法人ドローン安全推進協議会(本部:東京都中央区、代表理事:井上幸彦)が作成した。


スカイシーカーが警視庁福生警察署と連携しドローンを活用した災害時対処訓練を実施

スカイシーカーが警視庁福生警察署と連携しドローンを活用した災害時対処訓練を実施

株式会社スカイシーカーは警視庁福生警察署と合同で、 多摩川河川敷(あきる野市)で災害時対処訓練を8月31日に実施した。 物資の搬送が可能な防水災害対策用ドローンを使用し、株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパンの協力で映像伝送機能を取り入れた訓練を行った。


最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。