【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(4)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(4)

「ちりけん」の前に立ちはだかる「ドローンの規制」という高い壁を飛び越えることはできるのか。最後の望みが、規制の対象から外れる200g未満のミニドローンParrot mambo FPVだった。


720pの動画を記録できる高性能なミニドローン

Parrot mambo FPVを手にする「ちりけん」の吉田瑠夏さん

 Parrot mamboというミニドローンは、2016年に発売された機種だが、先ごろFPV(操縦者視点)のカメラ性能を備えた新製品が登場した。機体の上部に専用のFPVカメラを取り付けると、MicroSDカードに動画を記録できる。本連載がスタートした当初は、まだ日本では発表されていない機種だったが、ホビーショーで初披露となり、今回の企画をParrot Japan社に相談したところ、快くデモ機を貸し出してもらった。本格的な空撮用ドローンと比較すると、さすがにテレビの旅番組のような空撮映像は撮影できない。だが、少なくとも「ちりけん」の求めていた地上からのカメラでは捉えられない地理学的な魅力を映せるのではないかと期待して、Parrot mambo FPVで「ちりけん」の巡検に参加した。

土地の特長について学ぶ「ちりけん」メンバーによる巡検の様子

ドローンに興奮する「ちりけん」メンバー

ドローンでの空撮に挑んだ「六枚屏風岩」と呼ばれる「ドローン映え」する崖

 これまで、お茶の水女子大の吉田瑠夏さんを中心として、3名の「ちりけん」メンバーがドローンの飛行体験や相談を行ってきたが、巡検の当日には合計で12名の学生が集まった。そのうち、ドローンが飛ぶ様子を体験しているのは、吉田さんと早稲田大学教育学部1年の田代滉介さんの2名。残る10名にとっては、ミニドローンであっても実際に飛行する様子を目にするのは初めて。そのせいか、巡検による土地の研究よりもドローンの飛ぶ様子に興奮する学生が多かった。小さなミニドローンでも、ふわりと飛び立つだけで「うわーっ」という歓声も上がった。そして、そのミニドローンが固定されたカメラアングルながら、崖の地層を上昇していく動画を目にすると、地理学「心」が刺激されるようだ。学生の中には、六枚屏風を「ドローン映えする崖」と例える者もいた。

Parrot mambo FPVの飛ぶ様子に興奮する「ちりけん」メンバー

スマートフォン世代はFPVカメラの記録映像も容易に使いこなす

 巡検に参加して、実際に学生がParrot mambo FPVを使う様子を見ていて感心したのは、スマートフォン世代ならではのデジタル機器に対する適応力。Parrot mambo FPVでカメラの動画を録画するためには、スマートフォンに専用アプリをインストールして、WiFi接続を使って接続しなければならない。以前のドローン飛行体験では、あらかじめセットアップされていたドローンとコントローラーを操縦してもらった。そのため、まったくゼロからドローンとスマートフォンをセットアップするのは戸惑うかと思ったが、難なく作業をこなした。Parrot社の提供する専用アプリが分かりやすいという点もあるが、やはり日頃からスマートフォンやデジタル機器を使い慣れている世代にとって、ドローンは扱いやすい道具となっている。FPVカメラで空撮した動画も、MicroSDを読み込めるスマートフォンを使って、すぐにプレビューで確認し、再撮するか編集で対応するかを判断していた。
 巡検を行った当日は、台風が接近していたので雨の降っていない合間を縫っての飛行となり、当初の目的地をすべて回れなかったが、それでもある程度の空撮動画は記録できた。その結果は、11月4日と5日に開催される早稲田大学の学園祭で発表される。(つづく)

巡検の途中に立ち寄った「戸倉しろやまテラス」のジオ展示室であきる野市の地理学について熱心に説明を聞く「ちりけん」メンバー

この記事のライター

関連する投稿


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(3)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(3)

「ちりけん」こと、早稲田大学「地理学研究会」。ドローンを活用した地理学を11月4日と5日に開催される学園祭で発表するために、ドローンの「ド」から学び体験してきた。そして、いよいよ巡検に臨む。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(2)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(2)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」が挑むドローン地理学。そのために、まずはドローンを飛ばす技能を学ぶ必要がある。そこで、10月21日にオープンした「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」の飛行体験イベントに参加してもらった。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


早大がドローンでガンマ線撮影に成功  分布状況の画像化、わずか10分で

早大がドローンでガンマ線撮影に成功  分布状況の画像化、わずか10分で

早稲田大学は、理工学術院片岡研究室が開発した携帯型コンプトンカメラをドローンに搭載し、上空から福島原発事故で飛散した137Cs の分布状況を、わずか10分程度の短時間で一気に画像化することに成功した。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。