【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(3)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(3)

「ちりけん」こと、早稲田大学「地理学研究会」。ドローンを活用した地理学を11月4日と5日に開催される学園祭で発表するために、ドローンの「ド」から学び体験してきた。そして、いよいよ巡検に臨む。


ドローンへの理解が深い東京都あきる野市への相談

 本連載の1回目でも触れているように、現在の日本でドローンの入門者が、空撮用の本格的な機種を自由に飛ばすことは不可能に近い。2015年12月から施行された改正航空法により、200g以上のドローンを飛ばすためには、国土交通省に必要な申請を行い、その許諾が得られた上で、飛行したい土地の地権者や管理団体などの許可が必要になる。「ちりけん」が本企画の当初に予定していた神奈川県の洒水の滝に、千葉県岩井の海岸線、そして奥多摩の小河内ダムは、いずれも非DID(人口密集地域)なので、国土交通省への飛行申請は不要だった。だが、各地の施設や地域を管理する団体に問い合わせてもらったところ、ドローンのパイロット免許を取得していない者の飛行は「禁止」と返答された。
 そこで編集部から提案したのが、東京都あきる野市での巡検とドローン空撮だった。あきる野市は「ドローン特区」に認定されていて、救援物資の搬送や災害時の安否確認などの実証実験を行っている。また「あきる野ドローン協会」では、ドローンをあきる野市の産業や観光振興に活用しようと取り組んでいる。これだけドローンに積極的で、東京都でありながら非DIDの面積が広いあきる野市であれば、学生たちの想いを受け止めてくれると考えた。そこで、「ちりけん」にはあきる野市の地理学的な魅力を探ってもらい、巡検先の候補を作成してもらった。

「ちりけん」で作成した「あきる野市の巡検」の候補地

候補地は大塚古墳と六枚屏風に大岳採石場

 お茶の水女子大学で地理学を専攻する吉田瑠夏さんが中心となって、あきる野市における魅力的な土地を選んでもらった結果が、大塚古墳と六枚屏風に大岳採石場の三か所。その理由について吉田さんは「あきる野の地形的特徴である河岸段丘が、縄文時代から生活の一部として活用されてきた歴史について、地理的視点から観察したい」という巡検の主旨をまとめている。そこで、この「ちりけん」の想いを叶えるために、編集部からあきる野市のドローン担当窓口に飛行の可否について問い合わせてみた。しかし、あきる野市から得られた回答は、以下のような残念な結果となった。

【あきる野市からの回答】
===============================
市が所有する施設でドローン飛行を可としているのは
「戸倉しろやまテラス」のみであり、協力関係を結ぶ
DJI JAPAN(株)及び(株)スカイシーカーに
限定して、使用を許可しています。

また、市職員についてもパイロットチームに所属し、
飛行訓練、座学研修等受け、一定のスキルを有する者に
限定し、業務の中での使用を認めています。

市が所有する施設(または土地)以外でのドローン飛行
を許可する権限はないことから、一般の方のドローン飛行
の取扱いにつきましては、本市においても、他自治体と
ほぼ同様です。
===============================

 つまり、非DID地域の広いか狭いかに関わらず、ドローンの飛行においては、日本全国どこにおいても、基本的なルールを厳守することで安全が確保されている。数回の飛行経験だけでは、容易に飛ばせない。そこで、最後に残された可能性が、この規制の対象から外れる200g未満のドローンによる空撮だった。国土交通省が規制の対象としている無人航空機は「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」ドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプターなど。200g未満のドローンは、いわゆるトイドローンやミニドローンと呼ばれる娯楽用の機種で、一般的にはカメラの性能は低く、飛行時間も短い。それでも、この課題をクリアできるミニドローンがあれば、空撮の可能性は開ける。(つづく)

巡検の候補地はsorapassの地図で調べても非DID地域だが飛行への壁は高い

この記事のライター

関連する投稿


DJIドローンの見つめる将来を呉社長が語る

DJIドローンの見つめる将来を呉社長が語る

2018年5月22日。あきる野ドローン協会の主催した「あきる野DRONE FORUM 2018」の基調講演に登壇したDJI JAPAN株式会社の呉韜代表取締役は、「DJIドローンの見つめる将来」というテーマで講演した。(田中亘)


東京都、あきる野市、スカイシーカーが、災害対応でドローンによる5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験

東京都、あきる野市、スカイシーカーが、災害対応でドローンによる5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験

東京都、あきる野市、スカイシーカーは、ドローンを使った災害対応で、5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験を、4月26日、あきる野市(東京都)で実施した。


東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

11月19日。東京都あきる野市は、同市立の御堂中学校の校庭で、ドローンを用いた救助救出訓練を実施した。株式会社スカイシーカー(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐々木政聡)のパイロットがサポートを行い、訓練メニューは一般社団法人ドローン安全推進協議会(本部:東京都中央区、代表理事:井上幸彦)が作成した。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(4)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(4)

「ちりけん」の前に立ちはだかる「ドローンの規制」という高い壁を飛び越えることはできるのか。最後の望みが、規制の対象から外れる200g未満のミニドローンParrot mambo FPVだった。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(2)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(2)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」が挑むドローン地理学。そのために、まずはドローンを飛ばす技能を学ぶ必要がある。そこで、10月21日にオープンした「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」の飛行体験イベントに参加してもらった。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。