第7回ドローントークPIT 弁護士、弁理士、行政書士が手続きのあれこれを指南!

第7回ドローントークPIT 弁護士、弁理士、行政書士が手続きのあれこれを指南!

 ドローンタイムズは10月27日、飲食しながら情報交換をする雑談系交流会「第7回ドローントークPIT」を東京・大手町で開催しました。「ドローン×手続き」をテーマに弁護士、弁理士、行政書士が「ここだけの話」を織り交ぜた軽妙なトークを繰り広げ、会場を大いに盛り上げました。


PIT第意1部が珍しく時間通りに終了したので、久しぶりに参加者皆さんの記念写真を撮影。今回はドローンに係る「手続き」がテーマのせいか、参加者の集中度は高かった=11月27日、東京・大手町

「依頼者の気づいていないリスクを提示」小林さん

 ゲストはNX法律事務所NX特許事務所(東京)の共同代表で、弁護士の小林幸平さん、DRONE IP LAB(ドローン・アイピー・ラボ、東京)の代表で弁理士の中畑稔さん、行政書士吉田ともえ事務所(東京)の代表で行政書士の吉田智恵さん。3人ともドローンに詳しい専門家としてドローンに携わる関係者に頼られています。
 小林さんは、ゲストである3人の〝士業〟について、ドローンを使ったプロジェクトを動かそうとするときに順番に沿ってわかりやすく解説。ドローンに強いことを特徴にしている〝士業〟について、「ドローンの知識があり、人脈も持っているため、相談事について広範囲にわたり、踏み込んだ助言が可能な点で、お役にたてる可能性が高い」と説明しました。
また「依頼者の気づいていないリスクを提示することができ、手続きをふむことでそのリスクを軽減できます」と役割について話をしました。

トップバッターはNX法律事務所NX特許事務所(東京)の共同代表で、弁護士の小林幸平さん。忙しい中分かり易くお話していただいた。

著作権リスクを最小化する5つのポイントを中畑さんが提示

 弁理士の中畑さんは、特許、著作権など知的財産戦略の専門家です。この日はドローンに携わる方々からの問い合わせの多い、著作権について重点的に説明しました。他人が制作した作品を引用する場合に不安になる引用トラブルについて、トラブルをこじらせにくい5つのポイントを解説しました。
 中畑さんがポイントとして挙げたのは①引用の必然性があること、②作品内では作者の独創性が中心、引用はあくまでも引き合いに出されているいわゆる主従関係があること、③引用部分が明確に区別されていること、④引用が作者の意図でオリジナルであること、⑤出展を明示することーの5点。
それでも「これでかなりトラブルを軽減できますが、それでも文句を絶対に言われない、というものではありません。引用するさいには、許可を求めることを、強くおすすめします」と念を押しました。中畑さんの話はこのほか、パブリシティ権などにも及びました。

盲点になりがちな権利関係について話していただいたDRONE IP LAB(ドローン・アイピー・ラボ、東京)の代表で弁理士の中畑稔さん。

「海で飛ばしたい」の代わりに「どこの海か」を明確に 吉田さん

 行政書士の吉田さんは、ドローンの飛行申請で多い相談から話をはじめました。「海で飛ばせますかといった相談を多く受けるのですが、実はそれだけでは答えられません。なぜなら、海といっても場所によって異なるからです。どこの海でどんな目的で、どう飛ばしたいのか、ということをお話いただけると、具体的なお話ができます」と話すと、会場からはうなずく姿がみられました。
 また、吉田さん自身がドローンの操縦士でもあることから、夜間にドローンを飛ばすさい、機体が目視で確認しやすくする電気で光るパーツをとりつけるさいの経験談をまじえて、本体にパーツを付け加えると「改造」にあたり、申請が認められない恐れがあるなどと指摘し、そのさいの記入の仕方などを伝授しました。このほか、「包括申請」の落とし穴などにも触れ、来場者がメモにペンを走らせていました。
 実力と人気のあるゲストの持ち味をさらに引き出したのが、ドローン好きな女子チームを編成して、全国でドローン普及活動を実践しているササモモ(佐々木桃子)さん。この日も場内を見渡しながら、来場者の頭に浮かんだ「?」をすかさず質問し、おもしろ回答を引き出していました。
 ササモモさん自身もとても充実した時間だったようで、「とっても実践的で役に立ちました」と笑顔で感想を述べていました。

自身ドローンパイロットでもありDJI認定ストア新宿にも勤める、行政書士吉田ともえ事務所(東京)の代表で行政書士の吉田智恵さん。実戦的なお話は参加者の多くが真剣に聞き入っていた。

PITの最後に11月29日〜12月1日(幕張メッセ)に開催される橋梁・トンネル技術展で、Drone solution Business matchingを行うPwCの寺本勝俊さんがコンテストの内容についてアピール、参加者を募った。※Drone solution Business matching
https://www.dronetimes.jp/images/20171022_contest_announcement.pdf

NX法律事務所・NX特許事務所
http://nxtokyo.com/about/

DRONE IP LAB
http://droneiplab.com/

行政書士吉田ともえ事務所
https://drone-tomoe.jimdo.com/

この記事のライター

関連するキーワード


小林幸平 中畑稔 吉田智恵

関連する投稿


ドローン関連技術100件の特許出願を完了 ドローン知財のDIPLが出願完了を発表

ドローン関連技術100件の特許出願を完了 ドローン知財のDIPLが出願完了を発表

 ドローン技術関連の知財管理を手掛ける株式会社DRONE IP LAB(ドローンアイピーラボ、略称DIPL、東京)は11日、ドローンの機体や制御など基盤技術から応用技術までの関連技術100件について共同出願を完了したと発表した。特許庁の相談員は100件という規模の共同出願について「過去に聞いたことがない」と話している。


最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。