ドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)のキックオフイベント開催

ドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)のキックオフイベント開催

10月25日。一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)のキックオフイベントが、都内で開催された。


DBIC KICK OFF CONFERENCE 2017

 一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)は、一般社団法人 ドローン大学校(代表理事 名倉真悟)、 株式会社 ドローンラボ(代表取締役 岩田直樹)と、 株式会社 社楽パートナーズ(代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー 北義昭)の3社が設立した。その目的は、優秀なドローン起業家の育成。ドローンパイロットやエンジニアに向けて、起業のための経営戦略やビジネスプランの作成にマネジメントなどを指南し、 ドローン市場に向けたビジネスアイデアの創造をサポートする。キックオフイベントには、都内だけではなく名古屋など遠方からも約40名の参加者が集まり、熱心に3社の代表の話を聞いた。
 3名の話は自己紹介からはじまり、途中からパネルディスカッションの形で、DBIC設立の目的などが語られた。 ドローン大学校の名倉真悟 代表理事は、「ドローンで起業する人を育て、資金調達など個人では手に負えない面を3つの柱で支えていきたい」と話す。 その3つの柱の一つが DBICを養蜂家に例えた「BEE KEE」というキーワード。続く社楽パートナーズの代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナーの北義昭氏は、「リアルな事業を行うためのビジネス塾」を通して、アイディアを具現化して資金を集めて事業にしていく起業のプロセスをサポートしていく。そして ドローンラボの岩田直樹 代表取締役は、「100万円の賞金を用意するビジネスコンテストを計画」している。ドローンで起業を考えている人には、広く門戸を開くと同時に、起業のサポートに回るボランティアも募集していくDBICだが、北氏の計画する「ビジネス塾」は、信頼できる起業家だけの集まりにする目的から、会員制になる予定。
 パネルディスカッションの最後に、名倉氏はドローンをカップヌードルに例えて、「浅間山荘の事件で、機動隊の隊員が現場で立って食べている姿が全国に放映されて、大ヒットしました。ドローンにも、カップヌードルのように注目が集まる大きな出来事が必ず来ます。それがいつかは分からないですが、それがきっかけでビジネスが広がるまで、火種を消さずに取り組むことが大切です」と話した。

公式サイト
https://dbic.co/

BEE KEEについて説明するドローン大学校の名倉真悟 代表理事

ドローンラボの岩田直樹 代表取締役

ビジネス塾について話す社楽パートナーズの代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナーの北義昭氏

この記事のライター

関連する投稿


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


ドローンラボと天馬諮問、災害救急現場でのドローンによる映像伝送で協力

ドローンラボと天馬諮問、災害救急現場でのドローンによる映像伝送で協力

一般社団法人ドローン大学校のグループ会社である株式会社ドローンラボと映像圧縮伝送技術のスペシャリストである天馬諮問株式会社が、ドローンによる映像伝送の運用について 協力。


インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルは都内でエネルギー関係者に向けて今年で三回目となるインテルエネルギーフォーラム2018を開催した。基調講演や展示コーナーに、最新のドローンに対する取り組みと日本で販売を開始するFalcon 8+が展示された。


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。