森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


林業にドローンの有効活用

デモフライトも行う。

1. 開催日時   2017年11月13日(月)
2. 開催場所   岐阜県立森林文化アカデミー テクニカルセンターA
3. スケジュール
     12:30~  受付
     13:00~  ドローンの基礎知識
     13:30~  ドローン活用事例① 現場での空中写真撮影
            効果的な記録の取り方
     14:10~  ドローン活用事例② 空中写真から3Dモデルを作成する
            樹高の算定等
     15:00〜  ドローン活用事例③ 架線作業におけるリードロープ架設
            先柱までリードロープの運搬
     16:00〜  質疑応答
     16:30〜  終了

4. 参加者   林業事業体、行政関係者、その他興味がある人
         定員 40名
5. 申込締め切り日   2017年11月10日(金)
           先着順で受け付けます
6. 参加費    不要
7. 個人装備、その他
       デモフライトは野外で行うので、暖かい服装を容易。
8. 問い合わせ   岐阜県立森林文化アカデミー 0575-35-3871 
          杉本(sugimoto@forest.ac.jp
9. 申込み
  ①氏名(ふりがな)②所属③性別④年齢⑤住所⑥連絡先(携帯)⑦メールアドレス
  を記入の上、タイトルに「林業にドローンを活用しよう第2弾」と明記して、
  sugimoto@forest.ac.jp (杉本)まで申し込みのこと。

この記事のライター

最新の投稿


JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業が登壇、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。参加者募集中。


CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(所在地:東京都港区、会長:萩原紀男、以下CSAJ)は、国内初となるCSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日を決定した。ドローンタイムズでは、メディア協賛として同コンテストのスポンサー企業を取材し、日本のドローン産業への展望や期待を聞いていく。


いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

2016年に日本ロマンチスト協会と日本財団の「恋する灯台プロジェクト」により新潟県糸魚川市能生の弁天岩灯台が聖地認定された。


福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

 福島県郡山市の職業学校、国際情報工科自動車大学校(WIZ)は2月15日、第2回「ドローン活用人材育成協議会」を開き、ドローン業界で活躍する産、官、学の専門家が集まった。この日は1月下旬から2月上旬にかけて行われた調査についての報告がされた。


慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(代表・古谷知之総合政策学部教授)は、2月1日付の体制変更を発表した。事務局長だった南政樹・政策メディア特任助教が副代表に、高橋伸太郎・政策メディア研究科特任講師が事務局長に就任。近く到来を見込む〝ドローン前提社会〟でのよりよい社会の実現を目指し体制を強化する。