CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


安全性に配慮したSnap Droneで許可を得る

Vantage Robotics社の製造したSnap Drone

 FAAがCNNに群衆の上で高度150フィート(約122メートル)までの飛行と撮影を許可したドローンは、Vantage Robotics社の製造したSnap Droneという機種。同ドローンは、CNNと2年以上の研究開発を進めてきたモデル。バッテリーを含めた重量は1.37ポンド(620グラム)で、約20分の飛行が可能。最高速度は33.5mph(15m/s)で、最高高度は5000メートル、サイズは35cm × 23cm × 5cm。カメラには、ソニー製のExmor IMX 377(1/2.3インチ)を搭載し、F2.8のレンズを備える。ビデオの録画モードは、UHD:3840x2160@24/30fps,QHD:2560x1440p@24/30fps,FHD:1920x1080p@24/30/48/60/96/120fps,HD:1280x720p@24/30/48/60/96/120/192/240fpsに対応する。ビデオコーデックはH.264。静止画は4000x3000ピクセル(12MP)。最大で64GBのMicrosSDに記録できる。ジンバルは-90度から+10度まで対応し、動作範囲は-115度から+25度。米国では$999で販売されている。その機体の最大の特長は、軽さとプロペラガードの完備。もしも墜落しても、大きな怪我になる心配が低い。こうした背景から、FAAはCNNに米国で初となる群衆の上でのドローン飛行と撮影を許可した。Vantage Roboticsの最高経営責任者(CEO)のTobin Fisherは「VantageはCNNと協力して、安全な空撮ができるドローンを開発してきました。FAAがSnap Droneの安全性を評価したことを嬉しく思います」と述べている。

http://cnnpressroom.blogs.cnn.com/2017/10/18/cnn-receives-breakthrough-part-107-waiver-for-operations-over-people/

この記事のライター

関連するキーワード


CNN Snap Drone FAA 飛行許可

関連する投稿


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。


米国FAAが刑務所と沿岸警備隊(USCG)施設のドローン飛行制限を拡大

米国FAAが刑務所と沿岸警備隊(USCG)施設のドローン飛行制限を拡大

米国の連邦航空局(FAA)は、法務省(DOJ)および国土安全保障省(DHS)と協力して、連邦施設の側面境界内で最大400フィートのドローン飛行に追加の制限を設定した。


NASAがUASの目視外飛行を一般の空域で成功させる

NASAがUASの目視外飛行を一般の空域で成功させる

2018年6月13日-米国カリフォルニア州。NASAは遠隔操作で飛行する大型のikhana(イカナ)無人飛行システムを使い、米国の一般の空域で、自律制御と遠隔操作による完全な目視外飛行を成功させた。


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


最新の投稿


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。