CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


安全性に配慮したSnap Droneで許可を得る

Vantage Robotics社の製造したSnap Drone

 FAAがCNNに群衆の上で高度150フィート(約122メートル)までの飛行と撮影を許可したドローンは、Vantage Robotics社の製造したSnap Droneという機種。同ドローンは、CNNと2年以上の研究開発を進めてきたモデル。バッテリーを含めた重量は1.37ポンド(620グラム)で、約20分の飛行が可能。最高速度は33.5mph(15m/s)で、最高高度は5000メートル、サイズは35cm × 23cm × 5cm。カメラには、ソニー製のExmor IMX 377(1/2.3インチ)を搭載し、F2.8のレンズを備える。ビデオの録画モードは、UHD:3840x2160@24/30fps,QHD:2560x1440p@24/30fps,FHD:1920x1080p@24/30/48/60/96/120fps,HD:1280x720p@24/30/48/60/96/120/192/240fpsに対応する。ビデオコーデックはH.264。静止画は4000x3000ピクセル(12MP)。最大で64GBのMicrosSDに記録できる。ジンバルは-90度から+10度まで対応し、動作範囲は-115度から+25度。米国では$999で販売されている。その機体の最大の特長は、軽さとプロペラガードの完備。もしも墜落しても、大きな怪我になる心配が低い。こうした背景から、FAAはCNNに米国で初となる群衆の上でのドローン飛行と撮影を許可した。Vantage Roboticsの最高経営責任者(CEO)のTobin Fisherは「VantageはCNNと協力して、安全な空撮ができるドローンを開発してきました。FAAがSnap Droneの安全性を評価したことを嬉しく思います」と述べている。

http://cnnpressroom.blogs.cnn.com/2017/10/18/cnn-receives-breakthrough-part-107-waiver-for-operations-over-people/

この記事のライター

関連するキーワード


CNN Snap Drone FAA 飛行許可

関連する投稿


米国FAAとDOEが7施設の空域制限を発表

米国FAAとDOEが7施設の空域制限を発表

米国時間の2017年12月18日。連邦航空局(FAA)は、アメリカ合衆国エネルギー省 (United States Department of Energy:DOE)の管理する7つの施設において、最大400フィートの空域で飛行を制限すると発表した。


FAAが映画スターウォーズの公開を記念したオリジナル動画をツイート

FAAが映画スターウォーズの公開を記念したオリジナル動画をツイート

米国時間2017年12月16日。米国の連邦航空局(FAA)は、ツイッターに映画スターウォーズのオープニングシーンをイメージした安全ガイドラインを公開した。


NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

米国時間の6月9日から、NASAはFAAと協力して「技術能力レベル2(TCL2)ナショナルキャンペーン」を実施した。米国の6つのサイトで、最新の無人航空機システム(UAS)の飛行管制(UTM)技術のテストを行った。


ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

オンデマンドUAV(ドローン)サービス「DroneAgent」を運営する、株式会社FLIGHTSは、アメリカ連邦航空局(FAA)におけるドローン運航認可を取得しました。国内企業のFAA認可は初の事例で、DroneAgentは事前許可申請無しに飛行が可能になる。


【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

Japan Drone 2017、2日目の基調講演は、アメリカ航空宇宙局(NASA) エイムズ・リサーチセンター シニアテクノロジストのパリマル・コパーデカー博士が、「低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について」ビデオで講演した。


最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。