北の厳しい環境で証明されたタフネスドローン・Skyranger(ネクシス光洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

北の厳しい環境で証明されたタフネスドローン・Skyranger(ネクシス光洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクは増しテロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。


 世界各地でテロのリスクが増し、日本では2020年の東京オリンピックも控えテロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。「危機管理産業展’17」と併催の11回目となる今年は、治安関係者や危機管理担当者に限定したクローズドショーとして開催しているものの、国内外から100社を超える企業、団体が出展するほど盛況だった。
 この中からドローンを活用した危機管理、反対にテロ対象としていかに防ぐかといった提案を紹介したい。

ネクシス光洋 頭脳もボディも最強のタフ・ドローン「Skyranger」

厳しい環境下でも耐えるAeryn社のSkyranger。

 株式会社ネクシス光洋(北海道)は6年程前からドローンを使い、測量、調査などの事業を展開している。今回展示したのは小型ながらかなりタフなカナダAeryn(エリヨン)Labs社製「Skyranger」。このドローンは北海道旭川市に本社を置くだけあって、マイナス30°から50°という過酷な環境や最大瞬間風速25mの突風にも耐え、軽量化と大容量バッテリーで約50分の長時間飛行を実現しているという。一方操作はタブレットによるタッチスクリーンコントロールで、基本操作は短期間での講習でできる。また精密なコントロールにはタブレットに専用のジョイスティックを付けることもできるようになった。搭載カメラも赤外線高解像度カメラや3軸スタビライザー付きで30倍カメラなどを適宜交換できる。
 パンフレットに“頭脳もボディも最強級”というだけってあって、厳しい条件下でのミッションに最適といえるドローンだ。これまでも十勝岳火口や雪害、雪庇調査等の過酷な仕事をこなしている実績がある。

タブレットを専用のジョイスティックに装着することで、精密な飛行操作ができるようになった。

この記事のライター

関連する投稿


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。


ジンバル変更で映像がより安定した超高感度カメラ搭載の災害対策ドローン(キヤノンMJ)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

ジンバル変更で映像がより安定した超高感度カメラ搭載の災害対策ドローン(キヤノンMJ)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でのテロのリスクは増すばかりでテロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。