レーザーもバルーンもVTOLも集結! 「ドローン・フェス in INA Valley」が伊那市で開幕

レーザーもバルーンもVTOLも集結! 「ドローン・フェス in INA Valley」が伊那市で開幕

 ドローンの技術開発、事業展開支援を推進するドローン総合イベント「ドローン・フェス in INA Valley」が10月18日、長野県伊那市で開幕した。21日までの期間中、最新技術のお披露目、体験会、鹿検知コペンティションなどが行われる。


自治体主催のフェス「大きな価値」

 フェスはドローンで地域の活性化に取り組む伊那市が主催し、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が全体監修、ブルーイノベーション株式会社が企画・運営を担当。主催した伊那市の白鳥孝市長が、「地方には課題が山積しているが目を背けることはできない。課題解決に役立つといわれる人工知能もIoTも、実際に展開することはそう簡単ではない。そこを乗り越えるべく日本トップクラスの取り組みを間近で見られる機会が今回のフェスだ。きつい人手の作業は機械やドローンにまかせ、人は別のことに力を入れられるようになればいい」とフェスの意味を説明した。
 JUIDAの鈴木真二理事長(東大大学院工学系研究科教授)も「ドローンに地方創生の期待がかかる中、自治体がこのようなフェスを主催することは大きな価値がある。物流に代表されるような産業が生まれ、生活を豊かにし、伊那市が悩む鹿のような害獣対策の推進を通じて環境保全にもつながる。今回が技術発展と活用の推進につながることを期待したい」とあいさつした。

フェスであいさつする白鳥孝伊那市長

GPSの誤差を補正するドローンポート 風速計備え風力情報表示も

 この日は美和湖(みわこ)公園(伊那市)で、ドローン事業者が最新技術を持ち寄る「最新技術デモンストレーション」を開催。ドローン事業を手掛ける企業を中心に8団体がそれぞれの技術を紹介した。
 ドローンが離発着するための〝ドローンの駅〟ともいえる物流用ドローンポートについて説明したのは、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻&ブルーイノベーション株式会社のチーム。JUIDA理事長の鈴木氏がこのチームを代表して、ドローンを目的地に着陸させるさい、GPS依存では10メートル程度の誤差が発生しうるが、画像認識技術の活用で修正できることなどを説明した。また、ブルーイノベーションの熊田雅之専務取締役が、複数のポートの情報を統合して閲覧ができるクラウドシステムも開発することで、物流オペレーションへの応用が期待されると説明。ポートに風速計をとりつけることで、管理画面でポートごとに着陸の可否が色分けされる様子が披露された。

ドローンポートについて説明する東大大学院工学系研究科の鈴木真二教授

プロポとの通信途切れても、目的地に荷物を届けるドローン

 災害対策に力を入れる株式会社スカイシーカー(東京)は、DJI製の「QS―8」をお披露目した。機体が荒天に強く、防水・防塵機能を示す「IPコード」で防塵等級が「5」(6段階中)と優れているほか、機体床下にカーボンボックスを備え、10キロまでの荷物を積める。
 同社企画開発・営業部の小林良太さんは「山間部などではプロポ(送信機)と機体との通信が途切れると安全装置が働き、帰還する機能を備えていることが多い。救援物資を運搬するにはそれでは困るので、新型オンボード(制御基盤)を搭載し、目的地に自動車着陸し、自動で荷物を降ろし、帰還することができる」と説明。実際に機体が自動で着陸し、荷物を降ろす様子をお披露目した。

デモフライトをするスカイシーカーの「QS-8」

1メートルわずか7グラムと軽く細いケーブルがキモの有線給電ドローン

この記事のライター

関連するキーワード


ドローン・フェス 伊那市

関連する投稿


2017.10.18-21開催!「ドローン・フェス in INA Valley 」

2017.10.18-21開催!「ドローン・フェス in INA Valley 」

ドローンに関する技術開発及び事業展開の支援を本格的に推進する第一歩目のスタートとして、ドローン総合イベント『ドローン・フェスin INA Valley』(10月18日~21日)を実施いたします。全国の皆様のご参加を心よりお待ちしております。


ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

長野県伊那市と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催、メインイベントである「鹿検知コンペティション」への参加チ ームの募集を開始する。


天下第一の満開の桜を空から見物 長野県伊那市の高遠城址公園

天下第一の満開の桜を空から見物 長野県伊那市の高遠城址公園

桜の名所、長野県伊那市の高遠城址公園で4月22日に満開の桜をドローン空撮。


長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市の白鳥孝市長は、日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2017」で平成29年10月18日から20日までの3日間、伊那市の鹿嶺高原(標高1,800m)で、野生獣の検知(個体認証)をミッションとする協議会を開催すると23日、発表した。


最新の投稿


【慶大ドローン】ドロゼミの学生が公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席の式典

【慶大ドローン】ドロゼミの学生が公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席の式典

 慶應義塾大学でドローンを研究する自主活動〝ドロゼミ〟は5月19日、今月開業する飲食施設の開業式典の空撮を行った。式典には学生3人が参集。齋藤農水省、黒岩神奈川県知事、星野衆院議員らが列席する式典をノーミスで乗り切り、列席者や参加者から問い合わせを受けるなど歓迎を受けた。


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。