DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


東京都内に広さ約 535 ㎡の屋内練習場

 「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」は、DJI の正規販売代理店である株式会社日本サーキットが管理と運営を担当する。施設内には製品を購入できるストアを併設し、テストフライトや技術的なサポートも提供する。施設内には、飛行中の安全を守るために飛行エリアにネットを設営し、飛行の目的に合わせてベーシックとアドバンスという2つのステージを設けている。発表会に登場したDJIの柿野朋子氏は「DJI は昨年、韓国龍仁市に世界初となる DJI Arena をオープンしました。オープン以来、韓国の DJIArena には、世界中から大勢のドローンファンが来場するとともに、企業イベントを開催する人気の会場にもなっています。日本やアメリカからも、DJI Arenaを開設したいというお申し込みがあり、今回は日本サーキットの協力を得て、世界で2番目となるDJI Arenaをオープンすることになりました」と話す。
 DJI Arena Tokyo は、個人やグループ、企業のイベントでのレンタルなど、様々な用途で利用でき、貸し切りなどにも対応する。また、DJI の飛行体験プログラム「New Pilot Experience」や企業へのドローン導入プログラムもアリーナで開催する予定。屋内施設である DJI Arena Tokyo では、天候に左右されることがなく、1 年中ドローンを体験できる。さらに夜間飛行にも対応する。
 日本サーキットでは、DJI Arena Tokyoの特徴を3つ訴求している。一つは、ショップとしての役割。約40名が参加できるセミナールームも備え、販売だけではなく無料の飛行体験なども提供する。二つ目は、約 535 ㎡という広さ。そして三つ目は高い技術を誇るサポート。交換可能な部品であれば、日本サーキットのエンジニアが現場でDJI製品の修理にも対応する。同社の代表取締役社長の酒井哲広氏は「私たちは、DJI と日本で初となる DJI Arena をオープンできることを非常に嬉しく思います。熟練のドローンパイロットや、初めてドローンを買ってみようと検討中のお客様まで、DJI Arena Tokyoで製品を試し、技術を学び、楽しく体験できます。国内初となるこの DJI Arena は、ドローン愛好者だけでなく、DJI の素晴らしい技術に興味のある方はどなたでも楽しめます」と述べている。

奥行き38m、幅10m、天井まで高さ最大9mの広々としたスペース。夜間訓練もできる。

「DJI ARENA by JDRONE TOKYO」
場所:東京都葛飾区細田 3-30-13
オープン日:2017 年 10 月 21 日(土)
営業時間:18:00 ? 21:00 (平日)、10:00 ? 21:00 (水・土・日・祝日)
URL: http://arena.jdrone.tokyo
電話番号:03-5876-7533

DJI製品を購入できるSHOPも併設。

JR小岩駅からも近い。

この記事のライター

関連する投稿


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日、開校した。


DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

この数週間に、Twitterなどで流出しているレンズ交換システムを備えたシルバーボディのPhantomのようなドローンについて、DJIは海外のドローン系メディアに対して、公式にPhantom 5ではないと否定した。


最新の投稿


BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENは、 9月24日、 Digital Single「シリウス」の配信と同時にミュージックビデオ(MV)を公開しました。ミュージックビデオでは LEDビジョンなどの最新照明やドローンによる空撮を活用し、 生の演出とは思えない美しく神秘的な映像を実現した。


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


Drone Fundが新執行体制発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 Drone Fund新共同代表の大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 Drone Fund新共同代表の大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者で、Drone Fundの新共同代表である大前創希氏も登壇する。