DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


東京都内に広さ約 535 ㎡の屋内練習場

 「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」は、DJI の正規販売代理店である株式会社日本サーキットが管理と運営を担当する。施設内には製品を購入できるストアを併設し、テストフライトや技術的なサポートも提供する。施設内には、飛行中の安全を守るために飛行エリアにネットを設営し、飛行の目的に合わせてベーシックとアドバンスという2つのステージを設けている。発表会に登場したDJIの柿野朋子氏は「DJI は昨年、韓国龍仁市に世界初となる DJI Arena をオープンしました。オープン以来、韓国の DJIArena には、世界中から大勢のドローンファンが来場するとともに、企業イベントを開催する人気の会場にもなっています。日本やアメリカからも、DJI Arenaを開設したいというお申し込みがあり、今回は日本サーキットの協力を得て、世界で2番目となるDJI Arenaをオープンすることになりました」と話す。
 DJI Arena Tokyo は、個人やグループ、企業のイベントでのレンタルなど、様々な用途で利用でき、貸し切りなどにも対応する。また、DJI の飛行体験プログラム「New Pilot Experience」や企業へのドローン導入プログラムもアリーナで開催する予定。屋内施設である DJI Arena Tokyo では、天候に左右されることがなく、1 年中ドローンを体験できる。さらに夜間飛行にも対応する。
 日本サーキットでは、DJI Arena Tokyoの特徴を3つ訴求している。一つは、ショップとしての役割。約40名が参加できるセミナールームも備え、販売だけではなく無料の飛行体験なども提供する。二つ目は、約 535 ㎡という広さ。そして三つ目は高い技術を誇るサポート。交換可能な部品であれば、日本サーキットのエンジニアが現場でDJI製品の修理にも対応する。同社の代表取締役社長の酒井哲広氏は「私たちは、DJI と日本で初となる DJI Arena をオープンできることを非常に嬉しく思います。熟練のドローンパイロットや、初めてドローンを買ってみようと検討中のお客様まで、DJI Arena Tokyoで製品を試し、技術を学び、楽しく体験できます。国内初となるこの DJI Arena は、ドローン愛好者だけでなく、DJI の素晴らしい技術に興味のある方はどなたでも楽しめます」と述べている。

奥行き38m、幅10m、天井まで高さ最大9mの広々としたスペース。夜間訓練もできる。

「DJI ARENA by JDRONE TOKYO」
場所:東京都葛飾区細田 3-30-13
オープン日:2017 年 10 月 21 日(土)
営業時間:18:00 ? 21:00 (平日)、10:00 ? 21:00 (水・土・日・祝日)
URL: http://arena.jdrone.tokyo
電話番号:03-5876-7533

DJI製品を購入できるSHOPも併設。

JR小岩駅からも近い。

この記事のライター

関連する投稿


DJIがカメラと写真の展示会CP+2018に出展 MAVIC AIRとRONIN-Sを展示

DJIがカメラと写真の展示会CP+2018に出展 MAVIC AIRとRONIN-Sを展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、3月1日から4日間、横浜のパシフィコ横浜で開催される「CP+2018」に出展し、コンパクト4Kドローン「MAVIC AIR」などDJIの各製品を展示する。


DJIは人命救助や人道的活動のための無人化技術を表彰するプログラム「Humanitarian Awards」に協賛

DJIは人命救助や人道的活動のための無人化技術を表彰するプログラム「Humanitarian Awards」に協賛

DJIは、 AUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems International)が主催する無人化技術とロボティクスに関する展示会「AUVSI XPONENTIAL 2018」の「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」に協賛すると発表


DJI が運営する SkyPixel が2017年度 空撮写真のグランプリを発表

DJI が運営する SkyPixel が2017年度 空撮写真のグランプリを発表

DJI が運営する世界最大規模の空撮写真・映像コミュニティーサイト SkyPixel(スカイピ クセル)は、2017 年度の空撮写真コンテスト「The 2017 SkyPixel Photo Contest」の受賞作 品を発表、グランプリにフランスの写真家 Florian Ledoux 氏の作品を選出した。


DJI Mavic Air実機レビュー〜操作性も飛行の安定性も新次元〜

DJI Mavic Air実機レビュー〜操作性も飛行の安定性も新次元〜

1月28日から発売が開始されたDJIの最新ドローンMavic Airの実機を「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を運営するDJI の正規販売代理店である株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)の協力を得てレビューを行った。


DJIが「Mavic Air」を発表 操縦性能も撮影機能も魅力的な小型ドローン

DJIが「Mavic Air」を発表 操縦性能も撮影機能も魅力的な小型ドローン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、都内で最新ドローンMavic Airの発表会を開催した。折り畳み式のアームにより、携帯性に優れ4K動画を撮影できる3軸ジンバルのカメラを装備した430gのドローンの魅力をデモンストレーションも交えて紹介した。


最新の投稿


JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業が登壇、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。参加者募集中。


CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(所在地:東京都港区、会長:萩原紀男、以下CSAJ)は、国内初となるCSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日を決定した。ドローンタイムズでは、メディア協賛として同コンテストのスポンサー企業を取材し、日本のドローン産業への展望や期待を聞いていく。


いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

2016年に日本ロマンチスト協会と日本財団の「恋する灯台プロジェクト」により新潟県糸魚川市能生の弁天岩灯台が聖地認定された。


福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

 福島県郡山市の職業学校、国際情報工科自動車大学校(WIZ)は2月15日、第2回「ドローン活用人材育成協議会」を開き、ドローン業界で活躍する産、官、学の専門家が集まった。この日は1月下旬から2月上旬にかけて行われた調査についての報告がされた。


慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(代表・古谷知之総合政策学部教授)は、2月1日付の体制変更を発表した。事務局長だった南政樹・政策メディア特任助教が副代表に、高橋伸太郎・政策メディア研究科特任講師が事務局長に就任。近く到来を見込む〝ドローン前提社会〟でのよりよい社会の実現を目指し体制を強化する。