DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


東京都内に広さ約 535 ㎡の屋内練習場

 「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」は、DJI の正規販売代理店である株式会社日本サーキットが管理と運営を担当する。施設内には製品を購入できるストアを併設し、テストフライトや技術的なサポートも提供する。施設内には、飛行中の安全を守るために飛行エリアにネットを設営し、飛行の目的に合わせてベーシックとアドバンスという2つのステージを設けている。発表会に登場したDJIの柿野朋子氏は「DJI は昨年、韓国龍仁市に世界初となる DJI Arena をオープンしました。オープン以来、韓国の DJIArena には、世界中から大勢のドローンファンが来場するとともに、企業イベントを開催する人気の会場にもなっています。日本やアメリカからも、DJI Arenaを開設したいというお申し込みがあり、今回は日本サーキットの協力を得て、世界で2番目となるDJI Arenaをオープンすることになりました」と話す。
 DJI Arena Tokyo は、個人やグループ、企業のイベントでのレンタルなど、様々な用途で利用でき、貸し切りなどにも対応する。また、DJI の飛行体験プログラム「New Pilot Experience」や企業へのドローン導入プログラムもアリーナで開催する予定。屋内施設である DJI Arena Tokyo では、天候に左右されることがなく、1 年中ドローンを体験できる。さらに夜間飛行にも対応する。
 日本サーキットでは、DJI Arena Tokyoの特徴を3つ訴求している。一つは、ショップとしての役割。約40名が参加できるセミナールームも備え、販売だけではなく無料の飛行体験なども提供する。二つ目は、約 535 ㎡という広さ。そして三つ目は高い技術を誇るサポート。交換可能な部品であれば、日本サーキットのエンジニアが現場でDJI製品の修理にも対応する。同社の代表取締役社長の酒井哲広氏は「私たちは、DJI と日本で初となる DJI Arena をオープンできることを非常に嬉しく思います。熟練のドローンパイロットや、初めてドローンを買ってみようと検討中のお客様まで、DJI Arena Tokyoで製品を試し、技術を学び、楽しく体験できます。国内初となるこの DJI Arena は、ドローン愛好者だけでなく、DJI の素晴らしい技術に興味のある方はどなたでも楽しめます」と述べている。

奥行き38m、幅10m、天井まで高さ最大9mの広々としたスペース。夜間訓練もできる。

「DJI ARENA by JDRONE TOKYO」
場所:東京都葛飾区細田 3-30-13
オープン日:2017 年 10 月 21 日(土)
営業時間:18:00 ? 21:00 (平日)、10:00 ? 21:00 (水・土・日・祝日)
URL: http://arena.jdrone.tokyo
電話番号:03-5876-7533

DJI製品を購入できるSHOPも併設。

JR小岩駅からも近い。

この記事のライター

関連する投稿


ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命救助に役立った。DJIは、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと発表した。


岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

一般社団法人岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、 会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を、5月23日に締結した。 同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回がはじめて。今後は大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に、雫石町が同協会に出動の要請を行う。


DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都品川、代表取締役:呉韜)は、赤外線カメラのZENMUSE XT2の国内事例を報道関係者と代理店や関係者に発表した。


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。